2017年10月26日

習近平氏は中国語読みで表記される人になれるか

'17年10月26日(木)    
[習近平] ブログ村キーワード

外来語を語るとき、
引き合いに出される川柳が
ある。
<ギョーテとは
 俺のことかと
 ゲーテ言い>。
明治の作家、斎藤緑雨の作
とされる
◆ドイツの文豪ゲーテは、
独語で<Goethe>と書く。
外国の発音を片仮名に
置き換えるのは難しい。
日本に入ってきた当初は
ギューテ、ゴエテ、
ゲヨーテ・・・と、
じつに29通りの表記が
見られたという
(矢崎源九郎『日本の外来語』
 岩波新書)

◆それに比べると軽微な
違いではある。
中国の習近平国家主席に
ついて、本紙はシージンピン、
朝日新聞はシーチンピンと
名前にルビをふっている
◆東京で配られる新聞を
見る限り現地の発音を
採用するのは2紙だが、
ゲーテの例に倣えば
やがて一つに絞られるの
かもしれない。
<チンピンとは
 俺のことかと
 ジンピン言い>。
その逆もあろう。
いずれであれ
未来の人々が聞いて、
悪印象のない名にして
もらいたいものである
◆きのう閉幕した
北京の共産党大会で
軍事力を誇示し、
平和への危惧を覚える
とは先日も書いた。
歴史がその指導者をどう
評価するかはまだ
分からない。
冒頭に、ヒトラー、
ヒットラーの例をあげる
つもりはない。
(編集手帳 讀賣新聞10/25)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

闘志を表に出さない村田諒太、選挙速報中に高視聴率

'17年10月25日(水)
[村田諒太] ブログ村キーワード

髪を金色に染め、
喧嘩ばかりしている
中学1年生だった。
担任の先生は
有り余るエネルギーの
振り向け先として、
高校のボクシング部を
紹介した。
もっとも村田諒太選手の
自伝『101%のプライド』
によると、2週間で練習を
やめてしまう

▼2012年のロンドン
五輪で男子ミドル級の
金メダルを獲得するまで、
何度もボクシングから
逃げ出した。
北京五輪出場を逃して
しばらくは、引退生活も
送っている。
そんなボクシング人生の
なかでも最大の試練と
いえるのではないか。
プロ転向13戦目で初の
黒星を喫した、
今年5月の世界ボクシング
協会(WBA)ミドル級
王座決定戦である

▼村田選手は、
相手のエンダム選手から
ダウンを奪い、何度も
ぐらつかせた。
審判の判定は不可解としか
いいようがない。
言いたいことは山ほど
あったろうが、潔く結果を
受け入れた。
以来燃やし続けていた
闘志をすべて、パンチに
こめているように見えた

▼22日に行われた再戦では、
一方的に攻め続け、ついに
7回終了時、戦意を失った
エンダム選手に
TKO勝ちを収めた。
フジテレビの中継は
その瞬間26.7%を記録した。
各局が衆院選の
特別報道番組を流している
最中である。
新王者の誕生をどれほど
多くの人が楽しみにして
いたかがわかる。

▼『未来の年表』といえば、
同僚の河合雅司記者による
ベストセラーである。
実は村田選手も
ロンドン五輪の前に、
「未来の年表」を作って
いた。
金メダルを獲得して
10年後に指導者になり、
50年後には幸せな老後を
送る

▼それとは別に、夢として
「プロになって
 ラスベガスで試合をする」
との記述もあった。
村田選手は試合後、
より強い
ミドル級チャンピオンと
対戦する意欲を示した。
夢に近づきつつある。
(産経抄 産経ニュース10/24 05:04)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

ネットの時代、現金を狙う強盗事件は割に合わない

'17年10月24日(火)
[銀行強盗] ブログ村キーワード

ひと昔前のイタリアでは、
銀行強盗事件が頻発して
いた。
ピストルを手に行員を
脅迫する単純なものから、
削岩機や溶接機を用意して
銀行の地下金庫の壁まで
地下道を掘り、壁を破って
貸金庫を根こそぎ荒らす
といった、まさに映画を
地で行くような大掛かりな
ものまで手法は多岐に
わたった。

ガソリンスタンドや
たばこ屋、スーパー
マーケットなどを狙う
ピストル強盗は現在も
少なくないが、警官隊や
武装警備員と命をかけて
撃ち合い、現金を強奪
するような強盗犯は急速に
減った。犯罪統計によると、
銀行強盗事件は2007年に
2972件発生したのに対し、
16年は360件。
わずか10年間で、
約9割減となったという。

銀行強盗が減った大きな
原因は、現金自動預払機
(ATM)や
インターネット決済の
普及により、銀行の窓口に
多額の現金を置く必要が
なくなったことだという。
一方で、コンピューターを
駆使したサイバー犯罪は
急増している。
日本のような
「振り込め詐欺」は
ないものの、
マフィア組織による
大掛かりな詐欺や恐喝、
不正入札といった
知能犯罪の被害も拡大して
いるという。

今に、大活劇を交えた
昔の銀行強盗映画など、
観客に理解されない時代が
来るのではなかろうか。
(坂本鉄男)
(外信コラム イタリア便り
 産経ニュース10/22 13:00)

 
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

何かと話題になる「秋葉原」はアキバハラが正しい

'17年10月23日(月)    
[秋葉原] ブログ村キーワード

千葉駅で帰宅の電車を
待っているとき、
外国人に東京行きの
各駅停車の電車の番線を
訊かれた。念のため、
乗換駅が心配で尋ねて
みたら、
「アケバカバカ」という
答えが返ってきた。

秋葉原は
「アキハバラ」という人と
「アキバハラ」という人が
いる。
コラムから・・・・。


「おひざ送り願います」。
一度使ってみたかった。
「席を少しつめてください」
という意味で、かつて
普通に使われた東京弁の
一つである。
復活がかなえば、満員の
通勤電車内のギスギスした
雰囲気も随分変わってくる
だろう

▼東京弁とは何か。
明治政府が国家事業として
推進した「標準語」は、
「東京の山の手の
中流階級の言葉」だった。
それに対する下町言葉を
指す。
先月末に89歳で
亡くなった早稲田大学
名誉教授の秋永一枝さんは、
東京・両国の商家に
生まれた。幼い頃から
日本舞踊を習い芝居に通い、
東京弁を聞いて育った

▼「下町言葉は消滅した」。
銀座生まれの国文学者、
池田弥三郎さんの言葉を
耳にしたのは、
大学院時代の昭和31年で
ある。
「東京弁は生きている」
ことを証明しようと、
下町で育ったさまざまな
職業の人たちへの
聞き取り調査を始めた

▼半世紀かけて集めた
カードやテープをもとに
平成16年に刊行したのが、
『東京弁辞典』だった。
秋永さんによれば、
東京弁がなくなれば、
近代文学も落語も理解
できなくなる

▼『東京弁辞典』では、
電気街で有名な秋葉原は
「アキバハラ」と読ませる。
明治初期、広場に
火難よけの神、秋葉神社を
勧請(かんじょう)した
ことに由来する。
秋永さんにとって現在の
通称「アキバ」はむしろ
好ましかった。
つくばエクスプレス開業に
際して、新しい駅名に
採用するよう望んだものの
かなわなかった

▼東京の風景を
一変させたのは、
関東大震災と戦災、そして
東京オリンピックだったと
いわれている。
秋永さんの調査によれば、
東京弁を話す人が激減した
要因について、前の2つは
同じ、3つ目はバブル期の
地上げだった。
下町に住んでいた人たちが、
周辺地域に追い立てられた
からだ。
(産経抄 産経ニュース10/20 05:03)

日本語入力ソフトIMEは
「アキハバラ」でも
「アキバハラ」でも
「秋葉原」と漢字に変換
してくれる。
 
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

選挙前のいつもの株高は「選挙は買い」の期待から

'17年10月22日(日)
[日経平均株価] ブログ村キーワード

日経平均株価(225種)が
20日、高度経済成長期の
1960年12月〜61年1月
以来、約56年9か月ぶりに
14営業日連続で上昇した。
22日投開票の衆院選後の
経済政策への期待感や
世界的な株高傾向などが
追い風となり、
連続上昇の歴代1位に
並んだが、この間の
上昇幅は計約1100円に
上る。
市場では一段の高値を
期待する楽観的な見方が
多いが、過熱感を警戒する
声も出ている。

連続上昇は衆院解散の
翌週の今月2日に始まった。
大和証券によると、
過去15回の衆院選で、
解散日から投開票日の
前営業日までに日経平均が
上昇したのは14回に上る。
今回も9月28日の
解散日から5%超上昇し、
経済政策などへの期待が
高まる「選挙は買い」が
再現された形だ。

連続上昇中の相場を主導
しているのは、
海外投資家だ。
10月第1週(2〜6日)の
買い越し額は6575億円。
第2週(10〜13日)も
4593億円を買い越して
いる。

海外勢を中心に
投資家が強気な姿勢を
強めている背景には、
日本株は海外に比べて
割安との見方がある。
株価を1株たり利益で
割った株価収益率
(PER)で見ると、
米ダウ平均株価(30種)が
18倍程度なのに対し、
日経平均は約15倍に
すぎない。

今月下旬から本格化する
3月期決算企業の2017年
9月中期決算の発表では、
企業収益がさらに拡大
するとの見方が多い。
「日経平均は
 年末2万3000円も
 視野に入っている」
(SMBC日興証券の
 清水喜彦社長)など、
市場は強気派が大半だ。

ただ、慎重な見方もある。
みずほ銀行の藤原弘治頭取は
20日、記者団に対し、
「北朝鮮情勢などの
 『地政学リスク』、
 (各国の緩和的な)
 金融政策など、心して
 おかなきゃいけない
 リスク要因がある」と
指摘した。

経済同友会の小林喜光
代表幹事も18日の
記者会見で、金融緩和に
よるカネ余りが株価上昇の
背景になっているとの
認識を示し、
「株が高いからといって、
 単純に喜べる状況なのか」
と警鐘を鳴らしている。

衆院選の投開票日翌日の
23日には、
15営業日連続上昇の
記録更新がかかる。
衆院選後は取引材料の
出尽くし感などから
株価はいったん下落傾向と
なるケースが多いとされる。
今後の展開は予断を許さ
ない。
(讀賣新聞10/21 7(経済)面)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする