2019年05月08日

何とかしないと、プラスチックごみに健康を害される

'19年5月8日(水)

レジ袋やペットボトル
などのプラスチックごみや、
微細なマイクロプラスチック
(MP)による海洋汚染が
広がっている。
最近はレジ袋の有料化や、
使い捨てストロー削減の
動きも出てきた。それでも、
買い物用バッグがない時に
レジ袋があると大変助かる
ように、脱プラの必要性は
理解しながらも、なかなか
手放せないのが実情だ。

本紙記事によると、日本は、
海上に漂うMPを採集して
材質などを調査する技術を
有している。環境省は、
主要排出源となっている
東南アジア諸国に、
そうした技術の支援に乗り
出すという。
6月に大阪で開かれる
主要20か国・地域(G20)
首脳会議はプラごみ対策も
議題となる。

日本は、優れたリサイクル
技術や回収制度を生かし、
海洋汚染の防止に向けて、
世界をリードしてもらいたい。
(千葉県松戸市
 無職 蓑輪正義さん 80
 気流 讀賣新聞5/6 8(投書)面)


関連記事
詳徳小
(京都府亀岡市篠町)の
児童が昨年度の環境学習で、
亀岡市が制定を目指す
罰則付きプラスチック製
レジ袋禁止条例について、
小売店や同級生に意識調査
した。
レジ袋を有料化しても
エコバッグ持参率が
100%にならず、
紙袋に変えると燃えるごみが
増える可能性などを指摘した。

同小は5年生が1〜3月、
班ごとにテーマを決めて
環境の課題などを調べて
いる。
現6年生の5人が同条例に
ついて、
「市民に賛否両論あるの
 では」と問題意識を
持った。

プラ製レジ袋について、
有料▽無料▽紙袋使用−と
別々の対応を取るスーパーと
文房具店計3店に
マイバッグ持参率や条例の
評価を聞くと、
有料化した店は持参率が
80%だったが2割はプラ製
レジ袋を使用し、紙製に
変えると燃えるごみが
増えるなど課題を知った。

同級生と教員計44人に
条例の賛否を聞くと、
利便性から11人が反対した。
班員の小学生女児(11)は
「プラ袋が環境に与える
 悪影響や使用禁止の理由を
 理解してもらう努力が大切」
と話した。

亀岡市は、
約760の全小売店に対し、
2019度中にレジ袋を有料化
するよう求めている。
有料化を契機に使用量を
減らし、全国初の条例化を
目指すプラスチック製レジ袋
禁止に向けた環境を整える
考えだ。大型店は協力する
意向を示すが、小規模店や
買い物客からは賛否がある。

桂川孝裕市長は昨年12月、
新年度中のレジ袋有料化、
20年度中にプラスチック製
レジ袋の配布を禁止すると
表明。1月以降、
小売店向け説明会を11回
開き、理解を求めた。
(京都新聞5/7 8:10msn.com)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

空を飛ぶ飛行機は強風と戦うようにはできていない

'19年5月7日(火)

小型プロペラ機が
オーバーランする
トラブルで
4日から閉鎖されていた
東京・伊豆大島の
大島空港の滑走路が
5日午前、運用を再開した。
閉鎖が丸1日に及んだため、
この日は
東京・調布飛行場とを結ぶ
臨時便2便(1往復)が
運航された。

トラブルは4日午前に発生。
男女5人が乗った
民間会社の小型プロペラ機
(PA-46-350P)が着陸時に
滑走路をオーバーランした。
国土交通省は
「重大インシデント」と
判断。5日午前、
運輸安全委員会の航空事故
調査官が現地入りし、
機体の損傷を調べたり、
操縦者の男性から当時の
状況を聞き取ったりした。
(読売新聞オンライン5/5 18:41)

以前、東京から伊豆の
大島へは
竹芝桟橋から夜行の船に
乗るか、羽田から
ANAのYS-11に乗るかを
選んで向かった。

ある年の社員の
慰安旅行はどちらを
選んでもよいことに
なっていた。
YS-11は強風のため
着陸を2度試みたが失敗し、
羽田へ引き返した。
船を選んだ社員は
予定通りの行程をこなし、
帰ってきた。

飛行機は着陸の際、
滑走路の前方にゆとりを
残して降りなければ
オーバーランする。
追い風はさらにそれを
難しくするだろう。
機長はタッチ・アンド・
ゴーを2度行って
乗客に着陸の困難な
ことを納得させた。

飛行機でくるはずの
泊まり客を逃した
宿の女将は、
船で来た社員に
こう言ったそうである。
「自衛隊上がりの機長なら
 降りたんだけどね」。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

子どもの声がしない社会はその衰退が止まっていない

'19年5月6日(月)

泥だらけで遊ぶ姿を
見かけない。
街で歓声を聞かない。
写真家の
田沼武能(たけよし)さん
(90)は子どもの姿を
追うのに四苦八苦する。
1970年代のことである
◆目を転じ、集落の
伝統祭事を巡った。
岐阜の奥飛騨では舞や
踊りの猛練習を見た。
大将格の男の子を真ん中に
先輩が教え運営も手掛ける。
5年後、10年後に
再訪すると、幼子が立派に
指導役へと成長していた
◆トイトイとか、チャン
チャカチャンとか。
写真集『子ども組』
(新日本出版社)には、
その名も楽しい34の祭礼の
様子が収録されている。
年も性別もまちまちの子らが
一様に緊張したり、心底
笑ったり。繰れば繰るほど、
ほっこりする一冊である
◆撮影、出版から時が経った。
絶えた行事もある中、
奥飛騨では、この春も
十数人が立派に祭りをやり
遂げたという。
明治から続く集まりだ。
どれほど子が減ろうと
令和の時代も変わらず
結束し、歴史を紡いで
いくのだろう
◆平安期の歌謡集
「梁塵秘抄」に、
田沼さんが取材のたびに
浮かべた著名な一首がある。
<遊びをせんとや生れけむ
/戯れせんとや生れけん
/遊ぶ子供の聲きけば
/我が身さへこそ動(ゆる)
 がるれ>
(編集手帳 讀賣新聞5/5)

5日は
このブログ管理人の誕生日
(目出度くもあり、
 目出度くもなし)。
孫たちと息子夫婦が関西の
自宅へ戻った。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

知力と体力、いずれかが衰えたら、運転は御法度

'19年5月5日(日)

〇中学生の主張
高齢者の運転事故を
ニュースで知った。
私はまだ中学生で運転免許
とは無縁だが、交通事故に
巻き込まれる可能性はある。
誰もが人ごとでは済まされ
ない話だ。

77歳の祖父は
今も車の運転をしている。
父が
「そろそろ免許証を返納
 しないと」と、何度も
伝えているが、
「まだ若いから」という
返答で、実現には至って
いない。

私の通うそろばん教室の
先生も祖父と同じ年齢だと
いう。数年前まで、試験や
大会があると先生が車で
送迎してくれた。
だが、娘さんから
「孫のために運転をやめて
 ほしい」と言われ、
免許を返納したそうだ。

免許の返納は家族による
説得も難しいことだと思う。
近い関係だけに感情的に
なることもあるだろう。
それでも、祖父には、
私からもお願いしようと
思う。
(東京都板橋区 中学生
 田淵羽音さん 13
 気流 讀賣新聞5/4 10(投書)面)


〇関連記事
埼玉県警本庄署は2日、
自動車運転処罰法違反
(過失致傷)の疑いで、
軽トラックを運転していた
上里町嘉美の農業、
黒沢里子容疑者(87)を
現行犯逮捕した。
容疑を認めている。

逮捕容疑は2日
午後5時ごろ、
軽トラックを運転中、
上里町嘉美の
町道丁字路交差点を
左折した際、右から直進
してきた本庄市の
男子高校生が運転する
原付きバイクと衝突したと
している。男子生徒は
胸などを強く打ち、
意識不明の重体。

同署によると、男子生徒は
ツーリング中だった。
同署は詳しい事故原因
などを調べている。
(産経デジタル5/3 18:00 )
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

憲法記念日、ルールを無視するプレーヤーにも対策を

'19年5月4日(土)

1964年の東京五輪に向けた
サッカーの強化策として、
ドイツ人コーチ、
デットマール・クラマーが
日本に招かれた。
伝統文化について研究して
きたのだろう。選手たちに、
「ツァンシン」という
言葉がある、と語りかけた
◆三振?と戸惑った者が
いた。そうではなく、
武道に伝わる「残心」の
大切さを教えたのだった。
ひとつの動作を終えた後でも
緊張感を維持する心構えで
ある。加部究
『大和魂の
 モダンサッカー』で
このエピソードを知った
◆「日本サッカーの父」
クラマーが残した言葉を
今一度かみしめる。
スポーツに限らず、他分野
にもあてはまるだろう
◆近年のニュースの影響か、
国の守りが脳裏をよぎる。
これまで無事だったからと
いって油断はできない。
状況の変化に気を配り、
着実に対応する必要がある
◆憲法記念日に平和の尊さを
思いつつ、列島の隣に目を
やる。レフェリー役の
国連の制止を無視して、
核兵器を開発した無謀な
プレーヤーがいる。
こちらのチームの一員で
あるのに、レーダーを照射
してきたのもいた。
球技と違いルールは徹底して
いない。己の集中力を切らす
わけにはいかない。
(編集手帳 讀賣新聞5/3)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする