2018年08月06日

虐げられた官僚の国損につながる報復が始まっている

'18年8月6日(月)
[東京大学] ブログ村キーワード

東京大学法学部で異変が
起こっている。

東大では、入学時に
文科1類、2類、3類、
理科1類、2類、3類
(科類という)のどれかに
入り、専門課程に進む時、
学部・学科を選ぶ。
文科1類はだいたい
法学部に進む。
他の科類から法学部に
進む枠もあるが極めて
狭き門で、その科類で
トップクラスでなければ
進学できなかった。

異変とは、他の科類から
法学部に行く枠が
毎年空き、かつ文科1類から
法学部に行かない学生が
増えていることである。
いわば定員割れが5年続いて
いる(東京大学新聞)。
東大法学部の人気が凋落
しているのである。

それは当然かもしれない。
2004年に発足した
法科大学院制度は失敗だった。
卒業すれば7割程度は
司法試験に合格できる
制度を目指したが、
乱立したため合格率は
極度に低く、近年は
続々と閉鎖している。
東大の法科大学院の現状も
質量ともに当初の期待を
はるかに下回る。

より大きな問題は
(上級)公務員制度の危機
である。
まず公務員は激務である。
これは昔から同じだ。

給料は安い。
一流企業と比べると、
かなり安い。
役人トップの次官でも、
大企業トップの10分の1
程度、好調な民間企業の
課長程度である。

天下りも退官直後には
制限があるし、その後も、
70歳前後でだいたい終わり
である。年金は大企業
よりもかなり少ない。

退職金は高いが、これは
給与の後払いである。
長く勤めるほうが有利な
制度設計だ。
やる気がないのに
長く勤めるなら不健全だ。
給与を上げて退職金を下げ、
年金を上げるべきだ。

他国ではどうか。
多分、一番高いのは
シンガポールで、
次官クラスの年収は
優に1億円を超える。
英仏独等の外交官は
みな優秀だが、処遇も
日本よりも良い。
優秀な人間を厚遇して
働かさなければ
国民が不利益を受けると
考えないのは超大国の
米国だけである。

恵まれない条件でも
優秀な若者が霞が関に
進むのは、国家の運営に
携われる使命感と
満足感からだった。
しかし現在、それも
難しくなっている。

一つは財政状況である。
日本の累積財政赤字は
世界最悪で、新規の事業に
使える予算は極めて少ない。
官僚のやりがいは、
新しい予算をつけて
国家を発展させることだった。

しかも近年急速に進んだ
政治優位の中で、
官僚が正しいと信じる政策が、
なかなか受け入れられなく
なっている。
かつて官僚は、政治家と
協力し、あるいは
時に対立して国政を運営した。
しかし内閣人事局に人事権を
握られた今、政治家に
ノーといえる官僚は減って
いる。(省略)
(北岡伸一東大名誉教授
 地球を読む
 讀賣新聞8/5 1面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

日本で忘れ去られ、英国で語り継がれる武士道精神

'18年8月5日(日)
[反日感情] ブログ村キーワード

【外信コラム】

「日本にも
 騎士道精神が
 あったことを
 日本人に伝えたいと
 思っていた」。
英南部ベッドフォードの
教会で7月、
退役軍人団体
「ビルマ・スター」協会
幹部の元軍司令官、
ビル・スマイリーさん
(96)の葬儀で、
司教はこう追悼した。

士官として旧ビルマ戦線で
日本軍と戦った
スマイリーさんは、
ジャングルを3カ月さまよった。
大戦で英国軍人
約5万7000人が
日本軍の捕虜となり、
過酷な労働に従事させられ、
英国に
反日感情をもたらした。
ビルマ・スター協会も
1998年に天皇陛下が
訪英された際、パレードに
背を向け日の丸を焼き、
「仲間が日本兵から
 虐待を受け、殺された」と
和解を拒み続けた。

しかし6年前、
スマイリーさんは、
元兵士の相互理解を
目指す民間団体
「ビルマ作戦協会」の
要請を受け入れ、
和解ミサに参加。
同じ旧ビルマ戦線で戦った
元日本兵と共通体験から
心が結ばれ、「戦友」と
呼び合う仲になった。
その後、
「瀕死の重傷を負い、
 従軍できなくなった戦友を
 苦しませないため
 撃ったことがある。
 日本兵は私たちを
 包囲しており
 攻撃できたのに黙って
 見逃した。これぞ武士道」と
秘話を明かした。

司教がスマイリーさんの
言葉として紹介した
日本人の騎士道精神とは、
武士道精神にほかならない。
(岡部伸)
(外信コラム ロンドンの甃
 産経ニュース8/3 10:00)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

不正の限りを尽くす日本、お天道様は見ているのに・・・

'18年8月4日(土)
[入試] ブログ村キーワード

かつて英国のケンブリッジ
大学で出た入試問題という。
<肥満の人も国民健康保険の
 無料サービスを受けても
 いいのでしょうか>
◆肥満はどの程度を病気と
すべきか、なぜ増える
のか。若年層に限れば
どうだろう・・・あれこれ
悩むに違いない。
知識も必要なら、使命感や
人間性も答えににじみ
そうで、医師をめざす人を
選ぶにはいい問題だろう
◆どうもこの大学は、
いい医者を育てようという
考えは二の次らしい。
女子の1次試験を一律に
減点していたことが発覚
した東京医大である。
「女子は結婚や出産で
 離職することが多く、
 系列病院が人手不足に
 陥るのを避けたかった
 から」(関係者)という
◆入試と称しながら、
実質は就職試験だろうか。
2次の面接などを経ると、
男子との合格率の差は
さらに開く。
どんな医者になりたいか、
誠意を胸に語った受験生も
あろう。
だが聞く方の頭の中は?
病院経営が大部分を
占めていたとすれば、
ばかにした話である
◆全国の医学部平均でも
女子の合格率は男子より
低い。
均等にならなければ、
おかしいと指摘する
識者もいる。
入試の看板の下で何が
起こっているのだろう。
(編集手帳 讀賣新聞8/3)

人間の大切な務めは
他の生物と同じで、
次世代を残すことである。
しかし、生殖の機能は
男性と女性に分担されて
いて、両性が協力しないと
働かない。

結婚・出産は
個人の問題かも知れないが、
少子化に悩む国家の
大問題でもある。

男女を問わず、
優秀な人を大切にする
社会基盤のうえに
子育てを支援する仕組みが
求められる。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

スポーツ界はこぞってオリンピック前の大掃除 

'18年8月3日(金)
[ボクシング] ブログ村キーワード

殷王朝の最後の王、
(ちゅう)は、
長い中国の歴史の中でも
暴君の代表とされる。
中国文学者の井波律子さんに
よると、無能な天子では
なかった。ただ、贅沢の
限りを尽くし、周に滅ぼ
される。
「庭園に酒を満たした池を
 造り、樹木に干した肉を
 引っかけて肉の林とした」。
後に「酒池肉林」の故事で
知られるようになる
(『酒池肉林 中国の贅沢三昧』)
▼テレビのワイドショーは
連日、日本ボクシング連盟の
話題で持ちきりである。
連盟には助成金を不正流用
した疑いがある。
アマチュアボクシング関係者の
有志333人が、
日本オリンピック委員会に
送った告発状がきっかけと
なった
▼告発状の参考資料の
中にある
「おもてなしリスト」には
驚いた。
連盟の山根明会長(78)が
地方を訪問する際、
地元連盟がホテルの部屋に
用意すべき果物や菓子、酒が、
銘柄まで指定されている。
肉は和牛肉しか食べず、
目玉焼きは外はカリカリ
中は半熟と、食事についても
細かい指示があった。
中国古代の王に比べて
スケールは小さいものの、
山根会長の口も
相当おごっているらしい
▼告発状はまた、
山根会長の暴君ぶりも
指摘している。
ひいきにしている特定の
選手を勝たせるよう審判に
強要したというのだ。
「そろそろ潔く辞めましょう、
 悪しき古き人間達」。
WBA世界ミドル級王者の
村田諒太選手(32)も、
フェイスブックで
山根会長と連盟を痛烈に
批判する
▼連盟は、告発状について、
「事実と異なる部分が
 多くある」と反論している。
ただこれだけの大騒動に
なったからには、
山根会長自身が公の場で
きちんと説明しない限り、
世間の納得は得られない
▼連盟に関わるまでの経歴が、
不明というのも首をかしげる。
一体どんな人物なのか。
(産経抄 産経ニュース8/2 05:00)

ボクシングは主観が入りやすい
スポーツである。
ホームタウンディシジョン
という言葉さえある。

そこへ連盟の意向などという
夾雑物が加わったのでは
選手は力を出し切れない。

ブログ管理人も山根会長と
同い年の78歳。
社会に報恩の年齢である。

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

命は助けられることもある、大切にしなければ・・・

'18年8月2日(木)
[洞窟] ブログ村キーワード

タイ北部の洞窟に閉じ込め
られた少年ら13人全員が
救出された2日後、帰途に
就くタイ人潜水士たちが
チェンライ空港で、
成功をたたえる市民らに
Vサインで応じていた。

ただ、タイ海軍特殊部隊の
潜水士たちは、黒い正装
だった。
活動中に死亡した元隊員、
サマーン・クナンさんの
火葬式に向かうという。
軍の専用機が待機していた。

洞窟内の水中で、
動かなくなっている作業中の
サマーンさんを
後続の潜水士が発見。
中継基地に引き上げると、
まだかすかな息があった。
水は飲んでおらず、ボンベに
空気も残っていた。
疲労して、冷たい水中に
長くいて意識を失ったと、
ある隊員は当時の状況を
語る。

サマーンさんは除隊後、
首都バンコク郊外の
国際空港に勤務。
真っ先に現地行きを志願した
という。
一緒に救出に向かった
同空港勤務の潜水士たちと、
バンコクに戻る飛行機で
一緒になった。
到着した空港では、彼らを
歓声で迎える大勢の職員らの
中心に、サマーンさんの
遺影があった。

退院した少年らの屈託のない
笑顔に、日本からは
「まずは反省だろ」との声も
聞こえた。
だが、少年たちは追悼のため
短期の出家もした。

仏教国タイは
「ほほ笑みの国」。
潜水士や少年たちの
穏やかな表情の裏には、
過酷な経験を乗り越えよう
との意思も隠されている。
(吉村英輝)
(外信コラム マーライオンの目
 産経ニュース7/31 11:45)


災害で避難が遅れて救助
されることもあれば、
病気や怪我で医療の世話に
なることもある。

助けられた命であれば
ことさら大切にしなければ
済まない。

恥ずかしい言動も生涯慎む
べきである。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする