2018年10月06日

千本ノックがノーベル賞というファインプレーを生む

'18年10月6日(土)
[基礎研究] ブログ村キーワード

スウェーデンから
朗報が届いた。
ノーベル医学・生理学賞に
京都大学特別教授の
本庶佑氏が選ばれた。

本庶氏は免疫機能の
ブレーキとして働く
「PD−1」という分子を
発見し、全く新しい
メカニズムに基づく
がん免疫療法に道を
開いた。

本庶氏の成果をもとに、
がん細胞が「PD−1」に
作用するのを防ぐ
新薬「オプジーボ」が
開発され、
皮膚がん、肺がん、胃がん
などの治療薬として使われ
ている。

まさに
「人類のために最大の
 貢献をした人」
(アルフレド・ノーベルの
 遺言)に贈られる
ノーベル賞にふさわしい。
本庶氏の受賞を心から
喜びたい。

日本の研究者の
医学・生理学賞受賞は、
利根川進氏(1987年)、
山中伸弥氏(2012年)、
大村智氏(15年)、
大隅良典氏(16年)に
続いて5人になった。
自然科学の3分野
(医学・生理学、物理学、
 化学)では、米国籍の
2人を含めて本庶氏が
23人目となる。

とくに、2000年以降は
日本の栄誉が相次ぎ、
医学・生理学4人、
物理学8人、化学6人と
19年間に計18人もの
受賞者を輩出している。
ただし、
近年の受賞ラッシュを
日本の科学、基礎研究の
水準の高さを示すものと、
素直に喜んではいられない。

英科学誌「ネイチャー」は
昨年3月、
「日本の科学研究は
 この10年間で失速し、
 科学界のエリートの地位が
 脅かされている」
と警鐘を鳴らした。
ノーベル賞受賞の快挙を、
日本の科学研究力を
回復軌道に乗せる契機と
しなければならない。

本庶氏をはじめ多くの
受賞者が、
日本の科学研究を失速させた
「ブレーキ因子」として、
短期的な成果を偏重する
科学技術政策を挙げる。
基礎研究は画期的で
独創性が高いほど
「何の役に立つのか
 分からない」ものが多い。
本庶氏の「PD−1」の発見も
「初めから臨床応用を考えて
 いたわけではなかった」
という。

現在の日本の研究環境は、
目先の成果にとらわれて、
若い研究者の視野が狭まり、
高い志を持てなくなって
いる。
本庶氏の発見は常識に
とらわれない挑戦から
生まれたものだ。
快挙に沸く今こそ、
科学研究の危機を直視し、
若い科学者が挑戦できる
環境に変えていかなければ
ならない。
(主張 産経ニュース10/2 05:00)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

14億の人口を抱える中国は犯人逮捕にAIを利用する

'18年10月5日(金)
[人工知能] ブログ村キーワード

「私たちの技術によって
 5千件以上の犯罪を解決し、
 1万人以上の指名手配犯を
 逮捕しました」。
人工知能(AI)を使った
顔認証システムで急成長を
遂げている中国企業
「北京曠視(こうし)科技」の
女性幹部が誇らしげに語った。

経団連などの財界合同訪中団が
9月中旬、北京のシリコン
バレーと呼ばれる中関村に
拠点を置く同社を視察した。
理工系トップ校、清華大出身の
3人が23歳前後で創業し、
7年間で従業員1600人まで
成長。
街頭での顔認証システムを
各地の警察当局に提供する
「公共安全」部門は、
金融の個人認証などと並ぶ
同社の基幹事業の一つだ。

女性幹部は
「AI技術の発展で
 最も重要な要素は
 データであり、
 その強みは中国にある」
と説明した。
確かに、政府のお墨付きさえ
得られれば、
人口14億人の膨大な
個人データが
プライバシーの問題を
素通りして利用できる。

官民の相互依存関係とも
いえそうだ 。
政府は金の卵(技術や収益)を
生む企業家に目をかけて
最大限の支援をする代わりに、
国と共産党への忠誠心を
求める。
先の女性幹部は中国商務省の
出身だった。

日本企業の幹部はいう。
「技術力の差異は分からな
 かった。
 ただ政府案件を取るのは、
 うまいんだろうなと感じた」
(西見由章)
(外信コラム 北京春秋
 産経ニュース10/3 11:30)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

偶然は、準備のできていない人は助けない

'18年10月4日(木)
[ノーベル医学・生理学賞] ブログ村キーワード

英国の細菌学者、
フレミングは後片付けが
苦手だったらしい。
1928年、
夏休みの旅行から
研究室に戻ってみると、
ブドウ球菌の培養に
使ったシャーレに
青カビが生えていた。
普通ならすぐ洗って
しまうところだ
▼フレミングは、
青カビの周りだけ
細菌の生育が止まって
いるのを見逃さなかった。
カビがつくる物質を
突き止めて、
ペニシリンと名付けた。
「奇跡の薬」と呼ばれる
抗生物質は、偶然から
生まれた。
フレミングは45年に
ノーベル医学・生理学賞を
受賞している
▼「偶然は、準備の
  できていない人は
  助けない」。
フランスの細菌学者、
パスツールの名言である。
今年の
ノーベル医学・生理学賞に
決まった京都大の
本庶佑特別教授(76)も
フレミングと同じように、
準備ができていた
▼27年前、本庶さんの
研究室で偶然見つかった
タンパク質の遺伝子は、
PD-1と名付けられた。
本来の研究目的とは
関係のない物質だったが、
本庶さんは「面白い」と
直感した。
実験を重ねて、
異物を攻撃して体を守る
免疫にブレーキをかける
役割が見つかった
▼ブレーキをはずせば、
免疫が
がんを攻撃してくれる。
がんの専門家でないからこそ、
医学の常識にとらわれない
本庶さんの発想から、
がん免疫治療薬
「オプジーボ」は生まれた。
がん治療を一変させる
「奇跡の薬」になり得ると、
世界中の注目を集めている
▼本庶さんは、中学から
高校卒業まで、ハワイから
帰国した日系人に英語を
習っていた。
大学入学前、得意の英語を
生かして外交官を志望するか、
あるいは弁護士か医師かと
進路に迷った。
野口英世のように
病気の原因を発見すれば、
多くの人を助けられると、
京大医学部に入学する。
医学の道を選んでくれて
本当によかった。
(産経抄 産経ニュース10/3 05:00)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

本庶佑氏のノーベル賞、当初は発想に製薬業界が困惑

'18年10月3日(水)
[ノーベル医学・生理学賞] ブログ村キーワード

ノーベル医学・生理学賞の
授与が決まった京都大の
本庶佑(ほんじょ・たすく)
特別教授(76)と長年、
共同研究に取り組み、
がん免疫治療薬
「オプジーボ」として
実用化した小野薬品工業は
1日、本庶氏の受賞決定を
歓迎するコメントを発表した。
同社の相良暁(さがら・ぎょう)
社長は
「共同研究ができた
 巡り合わせに感謝する」
と喜びの声を寄せ、
「私たちの使命は
 より多くの患者さんに
 (製品を)お届けする
 こと」とし、
オプジーボを適応できる
疾患対象の拡大に意欲を示した。

小野薬品は30年近く前から
本庶氏の研究室に社員を
在籍させるなど
共同研究を行ってきた。
その中で、本庶氏らの
グループが免疫を担う
細胞の表面にある
「PD−1」を発見。
平成14年に
がんの免疫システムに
関与していることがわかり、
創薬に弾みがついた。

がん領域の創薬経験が
なかった小野薬品は、
共同開発してくれる
製薬企業を探して奔走。
しかし、同社が
話を持ちかけた
国内の主要メーカー13社
すべてから
断られてしまう。

今でこそ、免疫治療は、
手術、化学療法、放射線
療法に次ぐ、
がんの「第四の治療」と
評価されているが、
当時はがんの免疫療法
といえば、
効果が証明されない
民間療法のイメージが
強く、敬遠されたのだ。
本庶研究室に在籍していた
小野薬品の
免疫研究センターの
柴山史朗センター長によると、
「あの頃は免疫療法で
 がん治療を行うことに
 強い偏見があったため、
 私たちの提案をまともに
 取り合う企業はほぼ
 なかった」という。

一方で、
「実験での効果を見て、
 かなり(実用化に)
 自信があった。
 非常にやってみたい」
との思いのあった本庶氏は、
自ら海外出張の合間に
協力してくれる企業を
探すなど、決して
あきらめる様子はなかった。

その後、小野薬品は
米国のバイオベンチャーと
協力して18年に臨床試験
(治験)を開始、26年に
米製薬大手のブリストル・
マイヤーズスクイブと
オプジーボの発売にこぎつけた。

「本庶先生とともに歩んだ
 二十数年間。成果がすぐ
 出なくても研究の可能性を
 信じ続ける本庶先生に
 間近に接し、触発された。
 その精神を今後の創薬にも
 いかしていきたい」と、
かねてこう語っていた相良氏。
現在、国内では
非小細胞肺がんや胃がんなど
7種のがんに承認され、
世界各地でも
適応できるがんの種類は
増えている。
これに加えて、国内の
治験で最終段階にあるもの
だけでも
食道がんや肝細胞がんなど
7種類あり、相良氏は
「できる限り早く、より多くの
 患者さんにお届けしたい」
としている。
(産経WEST10/2 00:29)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

自分のことをすべて受け入れてくれる人はいない

'18年10月2日(火)
[ベストセラー] ブログ村キーワード

昔、新米記者は
「トロッコ」と呼ばれていた。
記者を「汽車」にかけて、
トロッコもレールの上を
走るものの、汽車にはほど
遠いことからつけられた
そうだが、言い得て妙だった
▼トロッコ時代、どうしたら
汽車になれるのか、大先輩に
聞いたことがある。
(いわ)く、
「一生懸命取材し、記事を
 書くのは当たり前。
 大酒を飲んでも寝る前に
 10分は読書せよ。
 専門書だけでなく
 ベストセラーは必ず読むこと」。
その教えを守ることなく
ボーッと何十年も生きてきたが、
「ベストセラーは時代の鏡だ」
との声は耳に残る
▼いま、新書で最も売れて
いるのは
「友だち幻想」(筑摩書房)
である
(9月29日付 読書面)。
「『みんな仲良く』という重圧に
 苦しんでいる人へ。」
という惹句(じゃっく)通り、
友人関係に悩む若者を意識して
書かれている
▼驚くことにこの本は
10年前に出版され、著者の
菅野仁さんは2年前に
亡くなっている。
テレビ番組で作家の
又吉直樹さんが紹介したのを
きっかけに火がついたが、
友人関係に悩む若者の何と
多いことか
▼若者だけではない。
昔に比べ人間関係に悩む大人が
増えた気がする。
「自分のことを百l丸ごと
 受け入れてくれる人が
 この世の中のどこかにいる」
という思いは幻想であり、
「人はどんなに親しくなっても
 他者」という意識を前提に
信頼感を醸成すべきだ、と
著者は訴えている
▼人間の集団である
国家同士のつきあいも同じ。
戦後日本は、戦時中の反省が
行き過ぎ、相手を
おもんばかり過ぎてきた。
その点、自衛艦が掲げる
「旭日旗」に難癖をつけてきた
韓国の自粛要請を防衛省が
突っぱねたのは一歩、前進である。
隣国だから、といって
友だちである必要はない。
外交は、国益重視の大人のつ
きあいでありたい。
(産経抄 産経ニュース10/105:00)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする