2017年08月12日

やめてほしい、わが国の頭越しの米と北朝鮮の核戦争

'17年8月12日(土)
[北朝鮮] ブログ村キーワード

中世史家の藤木久志さんの
著書『戦国の作法』で、
「言葉戦い」という語を
知った。
源平合戦の時代、実際の
戦闘に先立ち、双方が
口汚く罵り合うのが習わし
だった。
たとえば『平家物語』は、
源氏が平氏から瀬戸内海の
制海権を奪った
「屋島の戦い」を
こう伝えている

▼平氏側が相手の総大将で
ある源義経をまず挑発する。
「みなし子」
「こがね商人の所従(家来)」
「奥州へおちまどひし
 小冠者か」。
源氏側もすぐ応酬する。
「北陸道にさまよひ、
 乞食して、なくなく
 京へのぼ(ッ)たりし
 物か」。
北陸で木曽義仲に敗れて、
京都に逃げ帰った平氏を
からかった

▼トランプ米大統領と
北朝鮮の金正恩政権との
「言葉戦い」が
エスカレートしている。
「これ以上、米国に
 いかなる脅しも
 かけるべきでない。
 (さもなければ)
 北朝鮮は炎と怒りに
 見舞われる」。
北朝鮮は聞くに堪えない
罵詈雑言を国際社会に
浴びせてきた。
そのお株を奪うような
トランプ氏の脅し文句で
ある。
さらにツイートには、
核戦力行使の可能性まで
書き込んだ

▼北朝鮮が黙っている
はずがない。
米軍基地のあるグアム島
周辺の海上への、
弾道ミサイル4発
同時発射を検討している、
と宣言した。
「島根県、広島県、高知県
 の上空を通過する」
「日本列島を瞬時に焦土化
 できる能力を備えた」
などと、米国の同盟国、
日本への恫喝も忘れない

▼米朝双方引くに引けない
チキンゲームの行方が、
ますます見えなくなった。
「驕(おご)れる者久し
 からず」。
「作法」知らずの
国家指導者に、人の世の
(ことわり)を説いても、
馬の耳に念仏であろう

▼「言葉戦い」では済まなく
なる事態、すなわち米朝衝突
のリスクが高まりつつある。
戦後最大の危機に対して、
日本の備えは万全なのか。
(産経抄 産経ニュース8/11 05/15)

わが国を脅かすのは
森友なのか、加計なのか、
日報の公開問題なのか。
政治家の
平和ボケの方が怖い。

参考
 文中のなくなく、には
 二文字繰り返し記号が
 使われているという。
 この記号は縦書き用につき
 なくなくにした。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

ファイアストーンCC「61」、ウッズと松山の攻略法

'17年8月11日(金)
[松山英樹] ブログ村キーワード

6日(日本時間7日)、
オハイオ州
ファイアストーンCC
(7400㍎、パー70)。
松山英樹(25=LEXUS)が
タイガー・ウッズ(米国)に
肩を並べた。
1イーグル、7バーディーで
13年のウッズらが記録した
大会記録に並ぶ「61」を
マークし、通算16アンダーの
264で、今季3勝目。
(日刊スポーツ8/8 1面抜粋)

松山は、ミドルとロングの
ホール14のうち、
8ホールで1イーグル、
7バーディーを記録して
いる。
ウッズは、ミドルとロングの
ホール14のうち、
6ホールで1イーグル、
5バーディーを記録し、
4つのショートホールの
2つでバーディーを
取っている。

ウッズが「61」で回ったとき、
同じ組でプレーした松山は、
3バーディー、1ボギーの
「68」だったが、
ウッズのゴルフに異次元を
感じたという。
(各ホールの打数は同紙から)

松山は、ショートホールや
短めのミドルホールの攻略に
伸び代が期待できるように
思う。

今回も、ロングホールや
長めのミドルホールに
強かったように思う。


参考
開催コース概要 
The winning scorecard 
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

インドで暮らすなら、巻き込まれないようにしたい

'17年8月10日(木)    
[魔女] ブログ村キーワード

インドには、魔女狩りが
存在する。今月1日にも、
世界遺産タージ・マハルが
ある北部
ウッタルプラデシュ州
アグラに近い村で発生し、
62歳の女性が男らに暴行
され、死亡した。

現地の警察によると、
このダリット(不可触民)
の女性は、夜中に屋外で
用を足そうと家を出た際に、
上位カースト集落に迷い
込んだ。認知症のため、
住民にきちんと説明できず、
魔女だと誤解されたという。

この女性が魔女と疑われた
のには、別の事情もあった。
最近、この州や隣接のデリー
首都圏などで、
女性が何者かに髪の毛を
切られたと訴えるケースが
相次ぎ、魔女の仕業だとの
噂が広まっていたのだ。

実際には、多くのケースは
世間の注目を集めるための
真っ赤なウソだったことが
警察の調べで判明しており、
申告者が仲の悪い別の家族を
村から追い出すため
魔女疑惑を口実にしようと
していた例もあった。
今回の事件の容疑者の
母親も、被害に遭ったと
話していたが、警察は、
容疑者の犯行を事件後に
正当化するための自作自演
とみている。

インドでは、こうした
魔女に関する迷信や虚言が
あちこちで語られ、
魔女にされた女性が時々、
殺害されている。
ある地元記者は
「視聴率ほしさに迷信を
 あおる報道をする
 低レベルのテレビもある」
と怒りをあらわにした。
(岩田智雄)
(外信コラム ガンジスのほとりで
 産経ニュース8/9 07:28)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

昨今の自然災害は気象キャスターを花形職業にしている

'17年8月9日(水)
[倉嶋厚] ブログ村キーワード

倉嶋さんのこと

トランプ米大統領が、
17日間の夏休みに入った。
かつてオバマ前大統領が
10日間の夏休みを取った際、
散々批判したことを
すっかり忘れているようだ。
たとえば、このニュースを
コラムのネタにしたとする。

▼頼りになるのが、
気象キャスターの先駆けで
エッセーの名手でもあった
倉嶋厚(あつし)さんである。
倉嶋さんの
『季節おもしろ事典』に
よると、日本人が本格的に
夏休みを取るように
なるのは、明治6年ごろ
からだ。政府が出した
令達によってまず役人が
休み、やがて学校に
夏休みができた

▼「西欧を見習おう」
とする明治政府の方針の
一つだった。
もともと夏は、田の草取りで
忙しい季節である。
「だから暑さを避けて
 仕事を休むという発想は、
 日本人から生まれて
 こなかったのだろう」。
93歳で亡くなった
倉嶋さんの著作から、
日本の風土にまつわる蘊蓄を
どれほど利用させて
もらったことか

▼昭和19年に気象技術官
養成所を卒業した
倉嶋さんは、海軍技術少尉
となる。
「気象士はいいなあ」
「いえ、私たちもいずれ
 死にますよ」。
勤務していた京都の特攻隊の
訓練基地では、こんな会話が
交わされていた

▼特攻隊員たちとともに、
鹿児島県の鹿屋(かのや)
航空隊に転属になる前日に
終戦を迎えた。
約40年後、気象庁の主任
予報官から
鹿児島地方気象台長に転じた
倉嶋さんは、まず自衛隊の
鹿屋基地に挨拶に行った。
飛行場を見たとき、涙が
あふれて止まらなかった

▼「気象人として最後に
 気象事業の最前線で、
 精一杯戦うことが
 できるのはしあわせ」。
定年までの2年間、
「台風の防人(さきもり)」を
自任していた倉嶋さんは、
こう語っている。
台風5号は鹿児島県の
東海上を北上し、九州は
再び暴風雨にさらされた。
気象台では、後輩たちが
懸命に戦っている。
(産経抄 産経ニュース8/7 05:03)

祖母は中学生の孫に
紙切れを渡した。
文字を知らない自分の
代わりに、
これから言うことばを
書いてくれ、という。
大日如来様、お地蔵様、
ラジオ様、ガス様、電話様・・・。
いぶかる孫に祖母は言った。
「みんな私の神様、仏様だ」
◆おばあさんの薫陶を
受けたのかも知れない。
雨風はときに迷惑な乱暴も
働くが、その人は
好んで胸にしみいる
雨を語り、趣のある風を
つづった。
美しい日本の四季に
添えられた“様”の一字を
感じ取った方は多かろう
◆気象キャスターの
草分けでエッセイストの
倉嶋厚さんが
93歳で亡くなった
◆その語り口を
懐かしく思い出す。
背後から差し込む光が
前方の雨粒に反射する
虹の原理を説いて――
<日の指す方角ばかり
 探している人に、
 虹は見えないのです>。
砂漠に咲く花を語って――
<何年も奇跡の雨を待つ。
 そういう人生もあるの
 でしょう>。
73歳で予期せぬうつ病を
患い、乗り越えて――
<人生の長期予報は
 当たりません>。
それでも、死んではいけ
ない。
<やまない雨はないの
 だから>と
◆予報にない雨風にも
見舞われた「人生」に、
“様”の一字を
美しく書き添えた人で
ある。
(編集手帳 讀賣新聞8/8)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

戦争だと、やっていいこと悪いことの判断をしなくなる

‘17年8月8日(火)
[広島] ブログ村キーワード

往年の名スプリンター
吉岡隆徳はただ一度、
「駆け足」を悔いたことが
ある。
広島高等師範学校の
教授時代という。
学生を連れて郊外の工廠に
詰めていた朝、原爆は
落とされた。
市内に残す家族のもとへ、
酸鼻を極めた地獄絵図の
中を吉岡は走る

▼道すがら助けを呼ぶ声が
した。
<これらの人々を
 踏み越えるようにして
 我が家へ急いだ>と自著
『わが人生一直線』に
書き留めている。
未曽有の惨禍を前に、
非を鳴らされるいわれは
あるまい。
悔恨にさいなまれた吉岡は
しかし、戦後まもなく
教授職を辞している

▼1932年ロサンゼルス
五輪の陸上男子100bで
6位入賞し、「暁の超特急」
と呼ばれた人の終生癒え
なかった傷という。
「教育も理性も
 一発の原爆であとかたも
 なく吹っ飛んでしまう」。
人の尊厳を一瞬で焼き尽く
した閃光の罪深さを、
誰もが思う季節だろう

▼遠いロンドンでは、
日本の若いスプリンター
たちが世界陸上選手権の
トラックを駆けている。
わずか10秒に人生を懸ける
選手たちの輝きもまた、
同じ地上の光である。
武器も取らず、誰をあやめる
こともなく争うすべを、
人類は太古の昔から知って
いたというのに

▼わが国に弾頭を向け、
核開発への道をひた走る
愚かな独裁者が、
狭い海を隔てた向こう岸に
いる。
「核の傘」をかざす米国
では、日本独自の核抑止力が
論じられる時代にもなった。
核の脅威がこれまでになく
現実味を帯びる中で迎えた、
72回目の「原爆忌」である。

▼惨禍の光を再び許しては
なるまい。
広島・平和公園の歌碑には
こう刻まれている。
<まがつびよ/
 ふたたびここに/
 くるなかれ/
 平和をいのる/
 人のみぞここは>。
災厄の神よ、ここには
二度と来るな。
湯川秀樹博士の詠んだ、
痛切な願いである。
(産経抄 産経ニュース8/6 05:03)

空襲をしたり、原爆を
落としたり、化学兵器を
使ったり。
戦争は人道上のことを
一切考えない。

参考
 まがつひ(禍霊)
  災害・凶事を起こす霊力
  (広辞苑)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする