2019年05月13日

文章では表現できない空海が指導した密教の世界 

'19年5月13日(月)

客人に京都の寺々を案内
する折、司馬遼太郎さんは
大抵、東寺で待ち合わせた。
境内は平安京最古の遺稿で
ある。そこから出発するのが
<京都への礼儀のような>
気がしたからだという
◆羅城門の東、創建から
1200年余り、内には
建築や美術、思想の歴史が
ひしめき、司馬さんですら
<すべてについて書く
 能力など私になく>と
綴った寺だ。
宝物は数限りない。
東京国立博物館で開催中の
特別展で逸品の数々を見た
◆シビれるのが密教独自の
御仏(みほとけ)、明王の
異形である。
像の一つは四面八臂、
武器を種々携えて、異教の
神を踏みつけている。
五眼や六足、虎皮をまとい、
手足に蛇を巻きつけて・・・
といった造形に、
底知れぬ創造の力を思う
◆多くは9世紀、空海の
指導の下で生まれたと
される。密教の教えは
奥深く、文章で伝えきれ
ない。ならばと、
ビジュアルにこそ力を
注いだ弘法大師のしなや
かな発想、企画力に感服
する
◆明王を始め、寺の講堂に
21体もの像を並べ構築した
立体曼荼羅はその極み
だろう。
この度は過去最多の
15体が東遷した。
ほの暗く小宇宙の趣を
漂わせる展示室で時空を
超えた才に満ち足りる。
(編集手帳 讀賣新聞5/12)

空海は中国に留学生として
渡る前から中国語で書き、
また話すことができたらしい。

学んできた密教は
文章では表現できない
ということなので、
まるでスポーツの暗黙知の
ようなものなのか。

暗黙知の伝承は同じ熱意と
才能で継続されなければ、
どこかで消えて、なくなって
しまう。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

煙草は健康被害を代償に売上が国家の事業に使われる

'19年5月12日(日)

作家の井上ひさしさんは
仙台市で過ごした高校時代、
映画館に足しげく通った。
青春小説『青葉繁れる』
(文春文庫)のあとがきに、
忘れがたい景観を
書き留めている
◆「昭和二十年代中期の
 映画館には、こんな
 惹句のポスターが貼って
 あった。
 <みんなで吸おう
  明るい煙草>」。
小さな活字でさらにこう
あった。
国の予算の2割が煙草と
塩の益金で賄われ、
教育費、公共事業費、生活
保護費・・・を支えていると
◆長く孤児院に身を寄せた
井上さんが反応したのは
教育費だった。
映画館で、大人になったら
喫煙すると決心したという
◆長崎大が先月、喫煙者を
教職員に採用しない方針を
明らかにした。
この報に接したとき、
国の教育予算が関係する
こともあり、井上さんの
愛煙家ぶりを思い出した。
1日40本を欠かさず
紫煙のなかで執筆に追わ
れた作家は2010年、
肺がんで亡くなった。
病気が分かってから、
「やっぱり煙草と
 因果関係があったんだね」
とこぼしたと伝えられる
◆長崎大の採用方針には
賛否の声があるという。
社会時評でも鳴らした
井上さんならどちらに
味方するか・・・
考えるまでもないこと
だろう。
(編集手帳 讀賣新聞5/11)

本人が定年までをまっとう
できるかどうかという
問題だけではない。
吸わない人への
受動喫煙の危険もある。
肺がんになるとは
決まっていないが、
可能性は減らした方がいい。

がんは副作用の苦しみを
考えると治療は荒療治で
ある。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

乗るなら飲むな、というのどかな時代は終わったのに

'19年5月11日(土)

高度成長期のころ、
クルマはしきりに
「走る凶器」と呼ばれた。
1959年に年間1万人を
超えた交通事故死者は
ピークの70年に
1万6765人に達し、
この言葉には実感が
こもっていたのだ。
世を挙げての「交通戦争」
克服キャンペーンが
繰り広げられた時代である
▼警察や行政、
自動車メーカーなどの
苦労が功を奏し、いま、
犠牲者はずいぶん減った。
昨年は3532人というから、
じつに
往時の5分の1だ……など
と書くと悲劇が
縁遠くなったような錯覚を
覚えるが、ものごとは数字
だけでは語れない。
このところ相次ぐ痛ましい
事故の知らせに、
胸のふさがる思いの人が
多いはずだ
▼交差点を右折する
車両Aと直進してきた
車両Bが接触、BはAを
よけるために歩道に
乗り上げた――。
大津市で保育園児らが
死傷した惨事は
「右直事故」の典型だ。
クルマの登場以来、無数に
繰り返されてきた
パターンだが絶えることは
なく、不幸が重なれば
今回のような事態となる。
交通戦争の昔と何が違うと
いえよう
▼ドライバーの基本動作。
ガードレールのない歩道。
自動ブレーキの必要性。
事故はあまたの課題を
浮かび上がらせる。
この文明の利器が、
ときには凶器に変わる
ことを戒めた言葉も思い
起こしたいものだ。
そしてできる対策から、
すぐに手がけなければ
ならない。わずか2歳で
逝った子らに報いる、
大人たちの務めである。
(春秋 日本経済新聞5/10nikkei.com)

春の全国交通安全運動は
今日から20日の10日間。

わが家は16日(木)が
町内から割り当てられた
当番で、旗を持って立ち、
通学路の決められた
丁字路の街頭指導に当たる。

何十年も前になるが、
叔父と従兄が交通事故で
入院した。
怪我による体力の消耗が
原因だと思う。
がんを発症し、苦しんで
亡くなった。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

雀の子育ては本能が導くマニュアルで完璧に実施される

’19年5月10日(金)

〇落ちてきたスズメの子

「おじいちゃん、
 ちょっと来て!」
初夏が近づいてきた、
ある日のことす。
庭先で遊んでいた
翔君(8歳)が、大きな
声でおじいちゃんを
呼びました。
「翔、どうした・・・・・・おや、
 これはスズメの子だね。
 近くに巣があったのかな」

巣から落ちてしまったので
しょうか。

おじいさんは、ヒナがいる
場所を中心に少し広めの
スペースを取って、
段ボールの切れ端で簡単な
囲いをつくってやりました。
そして翔君を促して家の中に
戻り、窓からそっと見守る
ことにしました。
(略)

「スズメの子は自分で
 飛べるようになるまで、
 お父さんやお母さんに
 エサを運んでもらわ
 ないといけないんだ。
 人間がいたら、親が
 近づけないだろう?
 このまま子育てを続け
 られるように、そっとして
 おいてあげようね」

「あんなに小さいのに、
 いっぱい食べるんだね」
「うん、だからスズメの
 子育ては、親鳥に任せる
 のが一番なんだ」
「でも、もし猫なんかが
 入って来たりしたら、
 危なくないかなあ」
「簡単だけど目隠しを
 つくったから、大丈夫
 だろう。それに、
 うちの庭の中のことだし、
 昼間はおじいちゃんが
 おばあちゃんと交代で、
 できるだけ見張っておく
 ようにするから」
(略)

数日がたつと、ヒナは
足がしっかりしてきた
様子で、時折、羽ばたく
ようなしぐさも見せる
ようになりました。

すると親スズメは、・・・
囲いの中の、少しだけ
離れたところに
降り立って、よちよち
歩きのヒナのほうから
寄ってくるのを待つ
そぶりを見せます。
「どうやら、歩く訓練を
 しているみたいだよ」
 (略)
それからさらに数日後、
日曜日の朝の出来事で
した。
親スズメが近くの庭木の
枝に止まったまま、
なかなか降りてこないの
です。
ヒナは囲いの中から
見上げているようです。
次の瞬間、ヒナは
バタバタと羽を動かすと、
親スズメの止まっている
枝をめざしてよろよろと
飛んでいきました。

ヒナが追いかける、
親スズメがまた次の枝へ
飛び移る。そんなことを
何回繰り返したでしょうか。
やがて一つの枝に並んで
止まったスズメの親子は、
翔君とおじいさんのことを
じっと見つめているよう
でした。(略)
(道徳を考える月刊誌
 ニューモラル‘19/4/13
 特別編集号)

 
水に潜るカイツブリは
濡れた体で卵を抱くので
人が孵卵器で孵すときも
時々、卵に水を掛けな
ければならない。

動物好きの娘婿は
落ちていた雀の雛を
拾ってきて、
育てようとした。
電球で暖めたり、
練り餌を注射器で
与えたりしたが、
その甲斐もなく死んで
しまった。

親鳥はこれらのことを
苦もなくやってのける。

物質文明の進んだ
人間社会では子育ての
精神文化が文明について
行けず、車の事故などで
子どもを亡くしたり、
子どもと接する時間が
作れなくて、
大事なしつけの手間を
省いたりしている。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

知ってどうする白血病、知らないでどうする白血病

'19年5月9日(木)

若年で発症する白血病に
ついて、国立成育医療研究
センター小児がんセンター
移植・細胞治療科診療部長の
加藤元博さんに聞いた。

――白血病とは。

「血液の細胞の中で、
 病原菌など外敵を攻撃する
 白血病の遺伝子に
 異常が起き、無制限に
 増えてしまう病気で、
 血液のがんとも呼ばれます。
 正常な白血球が減るので、
 風邪などの感染症に
 かかりやすくなります」

「がん化した白血球が
 増殖すると、酸素を運ぶ
 赤血球や出血を止める
 血小板が減り、貧血に
 なったり、出血しやすく
 なったりします」

――病名がいろいろと
 分かれているようですが。

「がん化した白血球の種類で
 『急性』と『慢性』に
 分けられます。
 急性は病気の進行が速く、
 慢性は緩やかです。
 また、白血球の性質で
 『リンパ性』と
 『骨髄性』に区別されます。
 10歳代後半から20歳代
 前半は、急性リンパ性
 白血病と急性骨髄性
 白血病がほぼ同数で、
 この世代の白血病全体の
 約8割を占めます」

――治療法は。

「抗がん剤での治療が
 柱になります。
 病気のタイプによって
 使用する抗がん剤が異なり
 ます。急性のリンパ性、
 骨髄性の区別をつけた
 うえで、適切な抗がん剤を
 選びます。効き目も調べ、
 効きやすいことが分かれば
 治療を進めます」

「効きにくい場合は、
 大量の抗がん剤と
 放射線の照射により、
 がん化した白血球を完全に
 退治します。その後、
 血液を造る細胞を移植
 します。骨髄移植が
 知られていますが、
 血液の中から抽出した
 末梢血幹細胞、赤ちゃんの
 へその緒から採取した
 さい帯血を使った移植も、
 近年増えています」

――治療の成績は。

「がん化した細胞がなく
 なった状態を『寛解』と
 言います。
 この状態が5年続けば、
 ほぼ治ったと考えられ
 ます。現在、
 急性リンパ性白血病で
 7割、急性骨髄性
 白血病で6割が治ると
 されています」

「ただし、抗がん剤や
 放射線照射、骨髄などの
 移植は体に大きな負担が
 かかります。
 特に移植された白血球が
 正常な細胞まで攻撃し、
 様々な合併症を起こす
 ことがあります。
 短期では発熱や胃腸の
 障害など、長期的には
 皮膚が乾燥して硬く
 なったり、抵抗力が
 落ちて他の病気に
 かかりやすくなったり
 します」

――若い世代特有の課題は
 ありますか。

「抗がん剤や放射線の
 照射は、
 卵巣や精巣といった
 生殖にかかわる機能に
 ダメージを及ぼします。
 治療前に卵子や精子を
 採取して保存するケースが
 ありますが、病気の
 進行度によってはできない
 こともあります」

「治療の間、休学・退学を
 余儀なくされます。
 治療後に復学しても、
 同級生だった仲間から
 遅れたことへの焦り、
 就職への不安を抱える
 ことがあります。
 復学や就職の支援と、
 心のサポートが重要に
 なります」(原隆也)
(若い人の白血病
 医療ルネサンスNo.7035
 讀賣新聞5/8 16(くらし)面)

 
池江璃花子選手の場合は
ダメージが大きい。
果たして復帰後の競泳界で
選手としての旬を維持できて
いるのかどうか。

叔父と従兄が白血病で
亡くなった。
叔父は居合の段持ちで
自宅の稽古に使う部屋は
畳がすり切れていた。

若い頃、アマチュアの
ボクサーだった従兄は
末期に敗血症を起こして
為す術なく亡くなった。

激しいスポーツは
白血病と隣り合わせの
リスクを伴うものなのかと
考えたりもしている。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする