2017年05月25日

政府が不条理な反応をする国と比べては治安は守れない

'17年5月25日(木)
[不条理] ブログ村キーワード

77年前の今日、
旧ソ連レニングラードに
生まれた詩人の故ヨシフ・
ブロツキー氏は、
1987年にノーベル文学賞を
受賞している。
23歳の時、定職に就かない
「徒食者」として告発
された。
「自分は詩人だ」との
主張は、裁判官に一笑に
付され、強制労働5年の
判決が言い渡された。
裁判は、無実の詩人が
断罪された
「不条理劇」として
知られるようになる

▼中国の山東省と海南省で、
日本人6人が今年3月、
拘束された。現地では今、
日本式の温泉施設が
ブームを呼んでいる。
6人は当局から許可を得て、
地元の温泉開発会社と
ともに、地質調査に
携わっていた。
スパイ行為が疑われている
とすれば、「不条理」
としかいいようがない

▼7年前には、
日本の建設会社の社員4人が、
軍事管理区域に侵入した
として、一時拘束されて
いる。尖閣諸島付近で
起きた漁船衝突事件で、
船長を拘束した日本政府に
対する明らかな報復だった

▼2014年から施行された
「反スパイ法」は、
スパイ活動の定義があいまい、
つまり当局が自由に解釈
できる。15、16年には
日本人男女5人が、
スパイ容疑で拘束された。
うち4人の公判はすでに
始まっているが、非公開
である。6人についても、
中国政府は拘束の事実を
認めただけで、容疑など
詳細を一切明らかにして
いない。
中国駐在の日本人の間で、
当局への不信感が募って
いるはずだ

▼ロシア文学者の沼野充義
(みつよし)氏によると、
ブロツキー氏の裁判が
有名になったのは、傍聴席で
メモを取り続けた勇気ある
女性のおかげだった。
判決は国内外からの批判を
浴び、ブロツキー氏は
翌年に釈放されて、
その後米国に亡命を果たす

▼中国の「不条理劇」の
幕を下ろし、拘束された
日本人を救い出す手立ては
ないものか。
(産経抄 産経ニュース5/24 05:04)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

理想の審判員が名勝負をプロデュースする

'17年5月24日(水)    
[審判員] ブログ村キーワード

理想の審判員はどういう
人物か。野球の
『大リーグ審判員教書』には
次のように書かれていると
いう。
<船長の権威、
 判事の思慮、
 一流の競技者の肉体、
 ハンターの目を持ち、
 併せて
 兵士の勇気と聖人の
 忍耐力とを所有し・・・>
◆中公文庫
『野球は言葉のスポーツ』
から引いた。
野球に限らず、どの競技でも
審判員はそうあってほしい
ものだが、万能のスーパー
マンがいるはずもなく、
世に誤審疑惑の種は尽きない
◆有効打でまさる村田諒太
選手(31)が、まさかの
判定に敗れた。
世界ボクシング協会(WBA)
ミドル級の王者を決める
アッサン・エンダム(33)
(仏)戦である。
WBAの会長みずからが
「ひどい判定」と認めたの
だから、“判事の思慮”も
“ハンターの目”も欠いて
いたのだろう
◆それにつけても出来た
人である。
スポーツ報知によれば
試合の翌日、村田選手は
宿舎のエンダム選手に
面会を求め、告げたという。
「判定どうこうより、
 お互いにベストを尽く
 した。素晴らしい経験を
 ありがとう」と
◆写真家、浅井慎平さんの
句を思い出す。
<哀しみを撃て
 我が夏の拳闘家>。
心から、その人を誇りに
思う。
(編集手帳 讀賣新聞5/23)

WBA会長謝罪
20日に行われた
世界ボクシング協会(WBA)
ミドル級王座決定戦で、
ロンドン五輪金メダリストの
村田諒太(帝拳)が
アッサン・エンダム
(フランス)に判定負けした
一戦の波紋が広がっている。
WBAのヒルベルト・ヘスス・
メンドサ会長は21日までに、
村田らへの「謝罪」を
WBAの公式サイトなどで
表明。世界戦を統括する
チャンピオンシップ委員会に
再戦を求めることも明らかに
した。(以下略)
(産経新聞5/22 14(スポーツ)面)

村田は
アマチュアボクシングを
忘れてしまったのか。
有効打よりも、手数で
採点するジャッジもいる
らしい。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

相手を敬う心がなければ、柔道は単なる格闘技になる

'17年5月23日(火)
[柔道] ブログ村キーワード

柔道精神
日本発祥の
世界的スポーツである
柔道を通じ、
東南アジア諸国連合
(ASEAN)各国との
交流を促進する事業が
始まった。
国際交流基金アジア
センターと、柔道の
総本山である講道館が
支援を行う
「自他共栄プロジェクト」。
自他共栄は講道館柔道の
創始者、嘉納治五郎の
教えに由来する。

第1弾として講師2人が
15日から4日間、
ブルネイを訪問した。
ASEAN 加盟10カ国中
唯一、柔道連盟がない
「柔道空白地」だが、
延べ約400人が参加。
(かた)の実演や
格闘技経験者への指導が
行われた。

講師らは18日夜、
飛行機乗り継ぎ時間を使い、
シンガポールでも
指導したので参加した。
海外での指導が豊富な
仮屋力六段は、
お辞儀を通じて
相手を敬う重要性を説いた。
筑波大出身の桐生習作
五段は、
しっかり相手と組み
姿勢を正した足技を
手ほどきした。

どれも自分が子供の頃に
町道場の先生から
言われたことだが、
参加した現地の約30人は
真剣に聞いていた。
柔道人口3千人余りの
シンガポールでは
おざなりな礼法や
勝敗偏重の柔道も多い。

仮屋氏は
「精神を含めて
 基本を伝え、2020年の
 東京五輪に向けて
 東南アジアの柔道を
 向上させたい」と話す。
前回(1964年)の
東京五輪で国際化した
嘉納治五郎の志は
引き継がれている。
(吉村英輝)
(外信コラム シンガポール
 マーライオンの目
 産経新聞5/22 8(国際)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

悪いことをしても逃げおおせればいい

'17年5月22日(月)
[逮捕] ブログ村キーワード

道路に上から
 コンクリートブロック
 投下

立体交差点で、下を通る
道路にコンクリート
ブロックを投げ落とした
として、兵庫県警飾磨署は
21日、往来妨害容疑で、
兵庫県姫路市の警備員の男
(45)を現行犯逮捕した。
同署によると、
「仕事帰りでストレスで
 むしゃくしゃして、
 うさを晴らすために
 迷惑なことをした」と
容疑を認めている。

逮捕容疑は
20日午後8時10分ごろ、
姫路市東延末の道路上から、
地下を通って交差する
片側1車線の市道に
円柱形の
コンクリートブロック
(直径約30a、
 厚さ約10a)を
投げ落とし、往来を
妨害したとしている。
当時、交通量はほとんど
なく、ブロックが車に
当たるなどの被害は
なかった。

同署によると、通行人の
男性(26)が犯行を目撃。
その場から逃げようとした
男を引き留め、
10分以上のもみ合いの末に
取り押さえた。
現場ではこれまでに
自転車などが
投げ落とされたことも
あったといい、同署は
関連を調べている。
(産経WEST 5/21 08:44)

無免許でひき逃げ
無免許運転で
事故を起こしたのに
現場から逃走したとして、
大阪府警西署は15日、
自動車運転処罰法違反
(過失致傷、無免許)と
道交法違反(ひき逃げ)の
疑いで、大阪市西区本田、
建設業、小倉永司容疑者
(40)を逮捕した。
「無免許がばれるのが
 怖くて逃げた」と容疑を
認めているという。

逮捕容疑は14日
午後6時25分ごろ、
大阪市西区北堀江の市道
交差点で無免許で乗用車を
運転中、別の車に衝突して
横転させ、男性(47)に
軽傷を負わせたにも
かかわらず、そのまま
逃走したとしている。

同署によると、
小倉容疑者は家族5人で
親族宅へ向かっていたが、
直前に現場の北西
約300bの路上で府警の
パトカーに停止を求められ
逃走。
事故の約5分後、自分の車が
動かなくなり、現場まで
歩いて戻ってきた。
免許は約3年前に
取り消されていたという。
(同5/15 08/13)

どちらの場合も、現場から
逃げようとした。

前者の動機は、
憂さ晴らしである。
後者は、運転免許を
取り消された上での
事故である。

逃走するということは
自分の身はかわいいと
いうことである。
どちらのしたことも
重大事故につながる
可能性がある。

逃げおおせればいいと
いう考え方は、
中国国内での
一部の中国の人たちの
考え方と共通する。

お天道様が見ているという
教育は誰もしなくなったの
だろうか。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

人様の命を奪って手に入れていいものは何もない

'17年5月21日(日)    
[被害者] ブログ村キーワード

孔子の優れた弟子、顔回
(がんかい)は赤貧の
うちに死んだ。
大悪人の盗跖(とうせき)
天寿を全うした。
『史記』のなかで司馬遷は
問うている。
<天道は是か非か>。
天道は必ず正しいか、と
◆少年事件の被害者遺族に、
その問いは切実だったろう。
かつては加害少年の人権に
配慮するあまり、
被害者の遺族は少年審判を
傍聴することさえ許され
なかった。
天道が徐々に天道らしく
改められたのには、
その人の地道な献身が
あずかって大きい
◆「人生を終えて、
  あの子のもとに行った
  とき、胸を張って
  報告できるように」。
そう考えて犯罪被害者の
人権を訴えてきたという
◆土師(はせ)守さん(61)
の話を、きのう(19日)の
本紙で読んだ。
神戸市須磨区の連続児童
殺傷事件で殺害された
土師淳(じゅん)
(当時11歳)の父親である。
「淳に導かれて、ここまで
 やってこられた」と。
今月24日で、事件から
20年になる
◆31歳になり、何の仕事に
就いていたか。
どんな恋をしていたか。
『翼をください』が
好きだったという。
♪ この大空に翼を広げ/
飛んで行きたいよ
(詩・山上路夫、歌・赤い鳥)
5月の空の高みに
まだ声変わりをしていない
少年の、幻の声を聴く。
(編集手帳 讀賣新聞5/20)

自分が生きていて、
自分が手に掛けた人が死んだ。
相手にとって、
こんな理不尽なことはない。
この不公平すら教育は
教えることができないのだ
ろうか。

参考
翼をください May J. 

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする