2020年05月21日

自粛要請を重荷に思う人間はやはり社会的な動物なのだ

‘20年5月21日(木)

スズメは年中そこらにいるため
季語のくくりはない。
ただ「スズメの子」となると、
春に分類されている

<雀の子そこのけそこのけ
 お馬が通る>
何年か前、この著名な一茶の
句を眺めていてふと思った。
そういえば、スズメの子を
見たことがあっただろうかと。
明治に活躍した俳人、藤井紫影
にも散歩道で会ったらしい
スズメの子の句がある。
<小雀の一尺飛んで親を見る>
◆綿毛のとれたばかりの羽で
巣から降り、ちょこちょこと
不安げに飛ぶ練習をする姿
だろう。
ものの本によれば、親と一緒に
いるのは10日ほどらしく、
どうやら今年も見る機会を
逸しそうである
◆しかし代わりにというと
変だけれど、このごろ
散歩道で多く見かけるのは
人間の子供たちである。
ある男子のグループが同じ広場に
集まってくる。
午前中はゴムボールで野球、
午後はサッカーと思ったら、
翌日は午前にサッカー、午後に
野球をしていた
◆勉強はいつしているのだろう?
心配になるものの、笑みが
こぼれて楽しそうである。
学校の休みが続く異常な春の
もと、元気に外に出て、子供たち
なりに飛ぶ練習をしているの
かもしれない。
(編集手帳 讀賣新聞5/20)


他人の作ったものや、
他人の提供するサービスの
対価を支払うとき、
働いて稼いだお金はそれらとの
引換券みたいなものである。

人間が一人でできることには
限りがある。

新型コロナウイルスのおかげで
人間が社会的動物であることを
再確認させられた。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

米国で新型コロナウイルスワクチン第1号完成間近の朗報

‘20年5月20日(水)

新型コロナウイルスのワクチンを
開発しているアメリカのバイオ
テクノロジー企業が、
少人数を対象にした初期段階の
臨床試験で、全員に抗体が確認
できたと発表した。アメリカの
バイオテクノロジー企業
「モデルナ」は18日、開発中の
ワクチンの初期段階の臨床試験で、
8人の参加者全員に抗体が確認
できたと発表した。
また、大きな副作用は
今のところ確認されていないとして
いて、7月には数千人規模の
最終段階の試験を始めるという。
モデルナ社の幹部は
地元メディアの取材に対し、
早ければ2021年初めにも実用化
できる可能性があると述べている。
(FNNPRIMEONLINE5/19 06:35)

〇ワクチンで取り戻したい日常
世界に冠たるニッポンの
ものづくりを支えるものとは、
例えば1本の小さなネジである。
小型自動車1台に3000点、
大型ジェット機ともなると、
実に1機に300万点の
ネジ部品が使われているという。
大手精密機器メーカーの
ホームページにそんな記述が
あった
▼ネジの本質についての解説が
興味深い。いわく、
「通常は締まっていなければ
 なりません。しかし、
 外せないように結合して
 しまうと保守や点検といった
 メンテナンスや修理などが
 できなくなります」。
つまり、「緩めること」も重要な
機能だというのだ。
日本のメーカーは、相反する
働きを調和させる高品質を
実現した
▼新型コロナウイルス禍に伴う
緊急事態宣言が39県で解除
されたこの週末。宣言が続く
8都道府県の繁華街や行楽地でも、
人出が戻りつつある。
政府は、「気の緩みが心配」と
繰り返し、人々を戒めた。
確かに正論である。
だが、ネット上では、
「国民だけが悪いのか」と反発
する声も。メッセージの
発しかたに工夫も要る
▼人出を過去の数値と比較する
だけでなく、感染拡大を防ぐ
「新たな生活様式」を定着
させつつ経済活動を再起動する。
そんな発信も必要だろう。
落語家の桂枝雀さんは、
「笑いは緊張の緩和で生じる」と
説いた。
ネジの本質にも通じる洞察だ。
今の緊張がどんな条件の下で
緩和できるのか。笑顔を取り戻す
道筋も考えたい。
(春秋 日本経済新聞5/19)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

旭日大綬章を受賞したビル・ゲイツ氏、ワクチン開発を援助

‘20年5月19日(火)

「地球上で最も多くの
 人命を奪う、怖い生き物は?」。
多くは猛獣や人食いザメを
思い浮かべるかもしれない。
答えは「」。
この小さな昆虫が媒介する
感染症で、年間80万人以上が
死ぬ
と推定される
▲マイクロソフトの共同創業者、
ビル・ゲイツ氏のブログから
引いた。これによれば、
ライオンによる死者は100人ほど。
サメによる死亡も1ケタだ。
蚊に次いで多くの人命を奪うのは
「ヒト」という結果になった
▲パソコンの基本ソフト開発で
世界一の富豪となったゲイツ氏は
2000年、妻と
「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」を
設立した。
世界最大規模の慈善団体として、
途上国の子どもたちを
感染症から守るワクチン普及に
力を注いできた
▲そのゲイツ氏が5年前の
講演で、
新型コロナウイルスの流行を
「予言」したと話題になっている。
エボラ出血熱の教訓を踏まえ
「今後1000万人以上が
 命を落とすとすれば、
 戦争ではなくウイルスの
 可能性が高い」と指摘した
▲今回のコロナ禍を受け、
ゲイツ氏は財団の資金を
集中投資するという。
つい先日もワクチン開発に、
各国政府と並んで巨額の支援を
約束した。
今春の叙勲では旭日大綬章を
受章した。経済ではなく人類の
健康への貢献に対してだ

「時間は味方してくれない。
 一刻も早く準備しよう」。
いま聞けば耳が痛い、5年前の
警告だ。救いは、この間に
科学技術が多少とも進歩した
ことだろうか。
一日も早いワクチンの開発を。
そして誰もが公平に恩恵を
受けられることを願う。
(余録 毎日新聞5/17 2:03)

参考記事

政府は(4月)29日、
国や社会に貢献した人を表彰
する令和2年春の叙勲受章者
4181人を発表した。
様々な分野で優れた功績を
おさめた人に贈られる
「旭日章」のうち、
旭日大綬章は、経団連元会長の
榊原定征さん(77)、
米・マイクロソフト創業者で、
「ビル&メリンダ・ゲイツ
 財団」の共同議長を務める
ビル・ゲイツさん(64)らが受章
した。

(中略)
米・マイクロソフト創業者の
ビル・ゲイツさん(64)は、
自身が妻・メリンダさんと創設
した
「ビル&メリンダ・ゲイツ
 財団」が保健分野における
日本の国際貢献の向上に寄与
したとして、旭日大綬章を受章
した。
ゲイツ財団は2000年に設立され、
アフリカなどの発展途上国の
感染症予防に取り組んでいるほか、
同年の九州沖縄サミットを機に
日本政府が肝いりで立ち上げた
「グローバルヘルス技術振興
 基金」に出資するなどしてきた。
そしてゲイツ財団は今回の新型
コロナウイルスをめぐり、
治療薬やワクチン開発を加速化
させるため、
2億5000万ドル(約270億円)を
超える資金を拠出している。
今後は、感染症の抑制、極貧状態の
根絶といった中核的取り組みにも
注力していくと表明した。
また、ゲイツさんは2015年に
世界的な感染症の発生を予言し、
感染症が起きた場合に何をすべきかに
ついて問題提起するなど、感染症の
怖さをかねてから訴え続けてきた。
現在は、財団としての治療薬開発の
支援にとどまらず、自身のSNSで
コロナウイルスに関する情報発信を
積極的に行うなど、言わば
ライフワーク的な形で感染症対応に
あたっている。

〇ゲイツ氏のコメント
「このたびは叙勲の栄に浴し、
 日本に感謝申し上げます。
 また、直接受章することが叶う
 ならばと思います。
 マイクロソフト社で働いていた
 40年前に日本に出張するように
 なり、日本のコンピューター・
 プログラマーやエンジニアの
 皆様の革新的な仕事ぶりに
 感銘を受けました。
 今日、私は日本の科学者と
 医学研究者の方々に対して
 同様の敬意を表します。
 彼らは、私たちビル&メ
 リンダ・ゲイツ財団と協力し、
 これまで致命的な病気と戦う
 ため新しい技術を開発して
 きました。
 その革新の精神こそが、人類が
 このパンデミックに打ち勝つ
 ことができると確信する理由
 です。私と、日本を愛するすべての
 人が再び日本に戻れる日が来る
 ことを祈っております」
(フジテレビ政治部 官邸クラブ 阿部桃子)
 (FNNPRIMEONLINE4/30 17:30)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

東京五輪を世界が新型コロナに打ち勝ったと証明する祭典に

‘20年5月18日(月)

国際オリンピック委員会
(IOC)と、世界保健機関
(WHO)が15日、
健康と身体活動に関する
新たな覚え書きを交わし、
IOCのバッハ会長と、
WHOのテドロス事務局長が
オンライン会見を行った。

新型コロナウイルスの影響に
より、1年延期された
東京五輪についても質問が
及んだ。
すでに来年の開催への悲観論も
出ている中、テドロス事務局長は
「東京大会が人類がCOVIDに
 打ち勝ったと証明する場所に
 なることを願っている」と
話した一方で、
「各国の団結、世界的な連帯で
 最善を尽くせば可能だと思う。
 ただ、それは簡単ではない」と、
話した。

すでに一時的なピークを過ぎた
国も出てきたが、これから
本格化が予想される国もある。
ワクチンの開発に時間を要する中、
第2次、第3次の感染拡大の
懸念は消えず、200を超える国、
地域から多くの選手、関係者、
ファンが訪れる五輪への不安は
消えない。

バッハ会長もこの日、
「まだ1年2カ月ある。
 さまざまなシナリオを
 推測するには時期尚早だ」と
従来の主張を繰り返した一方で
「現時点では2021年7月に
 世界がどうなっているかは
 分からない」と、不安を
認めた。
(デイリースポーツ 5/16 21:51)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

感激をまぶたにえがけ・・・栄冠は君に輝くはずだ

‘20年5月17日(日)

福島市出身の作曲家
古関裕而さん(1909〜89年)は
プロ野球や東京六大学野球、
オリンピックなど、
スポーツの応援歌や行進曲を
数多く手掛けた。
だが、本人はスポーツに
あまり興味を示さなかったという
▼例外は高校野球。
特に母校の福島商が甲子園に
出場すると、テレビの画面を
食い入るように見ていたそうだ。
球児たちのひたむきな姿だけで
なく、母校や郷土に対する深い
思いがそうさせたのだろう
▼新型コロナウイルスの感染
拡大の影響により、8月10日に
開幕する予定だった
全国高校野球選手権大会が中
止の方向で検討されている。
日本高野連は20日に開催の
可否などを協議する
▼ウイルスの感染を防ぐために
やむを得ないとはいえ、
球児たちは対外試合はおろか、
練習も思うようにできない日々を
過ごしてきた。
最後の夏に懸けるはずだった
3年生の無念さは察するに
余りある
▼古関さんが曲を付けた
夏の大会歌
『栄冠は君に輝く』を作詞した
故加賀大介さんの妻は、
加賀さんが「栄冠」という言葉に
込めた思いをこう語った。
「勝者だけでなく、敗者に贈る
 言葉。困難があっても、いつか
 いいことがあるという
 エールなのでしょう」。
どんな形でもいいから、全力で
プレーをする機会を設けてほしい。
栄冠が全ての球児に輝くために。
(河北春秋 河北新報ONLINE NEWS5/16)

参考
YouTube-栄冠は君に輝く 夏川りみ
 
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする