2019年01月13日

めぼしい成果のない政権は有権者の声ばかり気にする

'19年1月13日(日)
[最高裁判所] ブログ村キーワード

その詩は
<ちきゅうぎを見て>と題する。
6歳の男の子が書いた。
隣の国とごたごたすると、
思い出す

<ママ/アメリカは/
 カナダのとなりだからさ/
 「カナダくん あそぼ」って
 いってさ/ニッポンは/
 中国のとなりだから/
 「中国くん あそぼ」って
 いったらいいのにね>
(川崎洋編
 『おひさまのかけら』
 中央公論新社)。
幼心にもニュースの言葉が
飛び込むのだろう
◆時代時代で国の名も
変わる。最近は韓国だろう。
その国の最高裁判所が
元徴用工への賠償を
日本企業に命じた判決を
めぐり、関係が冷え込ん
できた
◆わが子に聞かれて
答えに困る親御さんも
おられよう。
裁判所が何と言おうと、
いったんは「最終的解決」
とした国家間の取り決めに
なぜ、文在寅大統領が
責任を持とうとしないのか。
政権の支持率や反日教育に
触れても分かる子は多くは
いまい。不幸な歴史もある。
言葉に注意しながら、
相手に仲良くする気がない
のだと説明するしかない
のかもしれない
◆李明博元大統領の
“変身”を思い出す。
親日のはずが突然、
日本海の島の帰属に文句を
つけ、国民の支持を
高めようとした。文さんも?
(編集手帳 讀賣新聞1/12)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

経済の流れが世界規模で淀みかねない米中の貿易戦争

’19年1月12日(土)
[先端技術] ブログ村キーワード

米国が先端技術の
国外流出に幅広く網を
かける。
安全保障を目的とする
国防権限法に基づき、
人工知能(AI)やロボット
など先端技術に関して
輸出と投資の両面で規制を
大幅に強める見通しと
なったためだ。
将来の技術覇権を狙う
中国を念頭に置くが、
規制の対象国に線引きは
なく、米中両国で取引が
ある日本企業も対象になる。
日本政府は米政府に
情報提供を求める方針だ。

米国の規制強化は
国防権限法の一部である
輸出管理改革法と外国投資
リスク審査近代化法に基づく。
安全保障上の懸念がある
米国からの技術流出を投資と
輸出の両面から防ぐのが
狙いだ。
最大の特徴は、
実用化には時間がかかるが
有望な技術の種も含めて
規制する点にある。
技術革新のスピードが速く、
現在の規制が追いついて
いないとの理由からだ。
米商務省はAIなど
14分野を例示し、
民間からの
パブリックコメント
(意見公募)を踏まえ、
今春にも最終的に決める。
念頭にあるのは中国だ。
これまでは中国企業や
中国系投資ファンドが
米国の新興企業に早めに
投資して支配権を握ったり、
将来を見越して新技術を
中国に持ち出したりする
ことができた。
規制強化でこの穴を封じる。
輸出規制は日本企業も
広く影響を受ける見通しだ。
14分野の技術を中国企業
などに移転するような輸出
には米当局の許可が必要に
なる。米国の特許を使って
中国で製品開発をするような
ケースが対象になりかねない。
半導体などでは
日本企業と米企業などが
特許の使用を認め合う
「クロスライセンス」が
不可欠となっている。
ある半導体メーカー幹部は
「多くの半導体は
 米国の特許がないと
 作れない」と語る。
「安全保障上の理由を
 どこまで広げて解釈
 されるか分からない」
(電機メーカー幹部)
との声も多い。
部品のサプライチェーンに
影響を及ぼす。
AIなどは日本企業も、
最先端の研究機関が集まる
米国で開発を手掛けている。
日本の自動車メーカーが
米国の研究所で開発した
AIを活用し、中国で
自動運転車のサービスを
始めようとすると
「米国発技術の輸出」に
あたるとして規制対象と
なるリスクがある。
18年11月にはLIXILが、
米国で事業をする
イタリア子会社を中国系
企業に売却する際に
当局の承認を得られな
かった。
理由は不明だが、同社は
米中摩擦が影響したとみる。
こうしたケースが増える
恐れがある。
米政府は必ずしも米国を
主な拠点としていなくても、
安全保障を理由に
外国企業も法執行の対象と
みなす。米国を含む
複数の国で事業をする
日本企業が中国に輸出
したり、事業を売却したり
する場合は米国の審査・
規制対象となる。
新たな規制案は民間からの
意見を踏まえた上で最終決定
される。規制の詳細設計は
これからで、日本政府の
関係者は
「米政府の運用次第の面が
 ある」と話す。
過度な規制は米国への投資を
鈍らせる。意見公募では
IT業界から研究開発への
国内投資が滞ることや、
規制への対応で企業負担が
増すことを懸念する声が出た。
(ワシントン=鳳山太成、辻隆史)
(日本経済新聞nikkei.com1/11 1:31)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

カエルの合唱に学ぶスマホの電波障害を防ぐ技術

'19年1月11日(金)
[かえるの合唱] ブログ村キーワード

童謡『かえるの合唱』は
「ドイツ民謡」と紹介
されることが多い。
昭和の初め、東京都町田市の
玉川学園にスイスの
教育学者が訪れたおり、
伝えたといわれる
◆幼稚園や小学校で輪唱に
加わった思い出のある方は
多いことだろう。
♪かえるのうたが
 きこえてくるよ
 クヮ クヮ クヮ クヮ・・・。
きのう(9日)の夕刊
(東京版)の記事を読んだ
とき、なるほどと思った。
どうやらこの歌を作った
ドイツのどなたかは、
本物のカエルの鳴き声を
ヒントにしたらしい
◆カエルの集団は、
全体で鳴く合唱と互いの
声を邪魔しないよう
タイミングをずらして鳴く
輪唱、さらに
「一斉に休む」状態を
規則的に繰り返すという
◆筑波大学の研究グループが
鳴き声を分析し、スマート
フォンのデータ通信時に
起こる障害の抑制に役立つ
ことを突き止めた。
輪唱などのパターンを
数式に置き換えることで、
電波の干渉や衝突を防ごう
との試みである
◆家電や車をはじめ、
あらゆるモノをインター
ネットでつなぐIoT時代の
本格到来を前に、世界から
一目置かれる研究になるかも
しれない。楽しい歌を
外国から教えてもらった
お返しは、技術で。
(編集手帳 讀賣新聞1/10)

参考
独唱、重唱、合唱、斉唱、共唱などの違いをご存じ?
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

何でもない日常に潜む危険を探しておこう

'19年1月10日(木)
[電動車椅子] ブログ村キーワード

投稿記事から

私は先天性の脳性まひで
体が不自由なため、
電動車椅子を使用して
います。先日、帰り道で
近所の踏切を渡っていた
際に車椅子の車輪が
レールの溝にはまり、
身動きが取れずパニックに
なる出来事がありました。

普段は遠回りして
渡らない踏切。
帰路を急いだために
起きてしまったトラブル
でした。パニックから
手動への切り替えなどの
対処がうまくいかず、
ついに遮断機が下りてきて
しまい、「もうダメだ!」
とも思いました。
その時、周囲にいた
人たちが様子に気づき、
重い車椅子を運んで
助け出してくれました。

まさに九死に一生を得る
出来事。
帰宅して落ち着くと、
助けてくれた人たちに
心からの感謝を伝えられな
かったことに気づきました。
本当にありがとうございま
した。
(東京都品川区主婦
 玉井あすかさん47)
(‘18/12/3掲載)
(気流 讀賣新聞1/9 12(投書)面)


12月の優秀作品として再掲載
されたものだ。

以前、飛び出すな 車は
急に止まれない、という
交通標語があった。
電車はもっと止めにくい。

踏切を渡るとき、子どもの
靴がレールと板の溝に
はまって脱げたら
その子はどうするか。
子ども用の自転車のタイヤが
その溝に挟まったら
どうするのか。
家庭で話し合っておく
ことが大切である。

残念ながら、鉄道は
人が止まって、
通してやるようにできて
いる。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

すべての人間は恥をかくために生まれてきたものだ

'19年1月9日(水)
[夏目漱石] ブログ村キーワード

夏目漱石は
一高(現東大教養学部)
への進学前、予備門時代に
落第を経験した。
それが真面目になる転機に
なったと随筆に書いている
◆<僕の一身にとって
  この落第は薬になった
  ・・・そのとき落第せず、
  ただごまかしてばかり
  通って来たら今頃は
  どんな者になっていたか
  知れない>(「落第」)。
漱石の一高時代の成績を記す
教員の手帳が福井県で
見つかり、上位の成績を
収めていたことがわかった。
<薬>がいかに効いたかを
物語る資料だろう
◆手帳には論理学の試験で
90点を取ったとある。
意外にも、一高時代の
成績が分かったのは初めて
だという
◆先の随筆のように
恥ずかしい過去を自省と
ともに明かすことはあっても、
「我輩は優等生である」とは
決して言わなかったにちがい
ない。内田百閧竡專c寅彦が
心酔した人柄がうかがえよう。
随筆『硝子戸の中』には
次の一節がある。
<私はすべての人間を、
 毎日毎日、恥をかくために
 生まれてきたものだとさえ
 考えることもある>。
大事なのは恥をかいたあと、
何をするかだろう
◆長く日のあたる場所に
出なかった「成績」発見の
報に、年初から励まされる。
(編集手帳 讀賣新聞1/8)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする