2018年07月03日

選手は世界の壁を肌で実感、ファンのマナーは世界一に

'18年7月3日(火)
[W杯] ブログ村キーワード


選手、力尽きる

体を張り続けた。
それでも、
最後まで防ぎきることは
できなかった。
2−0のリードは
サッカー界では危険と
されるスコア。
そんなジンクスにはまり、
大事な有利なはずの
展開から逆転を許した。

痛恨だったのは2−2の
後半ロスタイム。
表示の4分が尽きようと
したころ、本田のCKを
ベルギーのGKクルトワが
捕球した。
延長戦を意識したのか、
ここで一瞬、日本イレブンが
棒立ちになった。

クルトワからボールを
受け取ったデブルイネが
猛然と中央を駆け上がり、
右クロス。ゴール前で
長谷部が抑えようとした
ルカクはボールをスルー、
最後にシュートを
打ったのはシャドリだった。
遅れて戻ってきた昌子の
スライディングも届かず、
決勝のゴールを押し込まれた。
25歳のセンターバックは
ピッチで号泣し、
「足を引っ張った。
 これから精いっぱいやる
 しかない」と言葉を
絞り出した。

同点を許した後半29分の
失点は、浮き球の左クロスの
対応でフェライニに簡単に
マークを外された。
ポーランド戦でもFKから、
同じような形で
フリーになった選手に
決勝点を奪われている。
西野監督体制となってから
7試合連続で失点。
最後まで課題を改善でき
なかった。

身体能力の差は確かにある。
それを埋めるには不断の努力
しかない。
守備のリーダーの吉田は
「これで終わりではない。
 次の4年に向けて、
 個人が経験値を高めないと
 いけない」と誓いを立てた。
【ロストフナドヌー=吉原知也】
(産経ニュース7/3 11:44)



敗戦後もごみ拾い

サッカーのワールドカップ
(W杯)ロシア大会から
日本の敗退が決まった2日の
ベルギー戦後も、
日本サポーターは
南部ロストフナドヌーの
会場でごみ拾いをし、
英米メディアが好意的に
伝えた。

英BBC放送のサッカー番組
「マッチ・オブ・ザ・デー」は
ツイッターで、
日の丸に身を包んだ
サポーターらが会場のごみを
集める写真を掲載し、
「日本のファンは試合終了の
 ホイッスル後もスタジアムに
 残って掃除した」と紹介した。

米紙USAトゥデーの
スポーツサイトも
「敗戦の失望をこらえて、
 日本のファンは再びごみを
 集めた」と称賛。
こうした活動は初戦の
コロンビア戦から知られる
ようになったと報じた。(共同)
(同ニュース7/3 12:35)

posted by (雑)学者 at 13:32| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本は行き場のない廃プラスチックでごみ屋敷になる

'18年7月3日(火)
[プラスチック] ブログ村キーワード

プラスチック製品のごみ
(廃プラスチック)が
日本各地であふれている。
廃プラの主な輸出先だった
中国が輸入制限に踏み切り、
日本でリサイクルが
追いつかないためだ。
一方、世界では使い捨て
プラスチック製品を
使わないようにしたり、
規制したりする動きも
広がっている。

■高さ5b
「もう限界」。
関東地方の廃棄物処理業の
男性社長は悲鳴を上げる。
ペットボトル、食品容器、
ハンガー・・・・・・。
敷地に廃プラが積み上がる。
高さは約5bに達し、
廃棄物処理法の保管基準を
超えて危険なレベルだ。

この業者は、コンビニや
企業から出るペットボトル
などを回収業者から買い取り、
1か月約3000dを中国系の
輸出業者に売ってきた。
だが中国は昨年末に輸入を
ストップし、ごみは行き場を
失った。
処理業者は現在、買い取りを
やめ、逆に有料で引き取る
ようにし、ごみの増加を
抑えようとしている。

財務省の貿易統計によると、
今年1〜5月の中国への
廃プラ輸出量は3万d。
前年同期の51万dの6%に
激減している。
業界関係者によると、
保管場所がいっぱいになった
廃棄物処理業者が増え、
関東地方では半数以上が
新規の受け取りを断っている
という。
回収業者は廃プラの引取料を
相次いで値上げし、排出する
企業の経費もかさんでいる。

■方向転換
中国は資源不足解消のため、
1980年代から廃プラなど
大量の資源ごみを世界中から
輸入。
新たなプラスチック製品や
化学繊維の原料にして
リサイクル(再生利用)
してきた。
石油から新製品をつくる
よりも、はるかに安いためだ。
廃プラを輸出する日本や
欧米諸国にとっては、
都合のよい「ゴミ捨て場」
だった。

だが有害物質の混ざった
廃プラも含まれ、排水処理や
大気汚染対策も進んでいない
ことなどから中国国内の
環境汚染が深刻化した。
このため中国はレジ袋や
ペットボトルなど日常生活で
使われた廃プラの輸入を
ストップ。
今年12月には工場などの
生産過程で排出される廃プラの
輸入も停止する見込みだ。

■焼却増やせず
日本にとって当面の解決策は、
別の国に輸出するか焼却しか
ない。今年に入り、
中国に代わって
タイやベトナムなどへの
輸出が増えた。
ただ中国に輸出していた
量には及ばない上、
タイ政府は、日本からの
資源ごみの不法処理が
相次いでいるとして、
「近い将来」に輸入を禁止
すると表明した。
タイの海岸に打ち上げられた
死んだクジラの胃から
大量のポリ袋が発見された
ことも影響した。

焼却についても問題がある。
分別収集した廃プラを
リサイクルしたり、発電所
などで熱として有効利用
したりせずに単に燃やすので
あれば、分別収集の意義が
問われる。
プラスチックは燃焼時に
高温になるため焼却炉を
傷める恐れがある。
さらに燃焼に伴い、
二酸化炭素が排出され、
地球温暖化対策にも影響する。
日本は現状でも廃プラの
7割近くを燃やしているため、
これ以上の焼却は避けたい。

リサイクル事情に詳しい
東アジア・アセアン経済研究
センターの小島道一シニア・
エコノミストは
「長期的には、
 プラスチックごみの
 発生量を減らすとともに、
 リサイクル設備を増やさ
 なければならない」と
指摘している。

国連環境計画(UNEP)によると、
使い捨てプラスチック製品の
規制を導入している国は
60か国以上ある。
欧米を中心に規制を強める
動きが加速している。

背景には、
「欧米諸国は自国での
 リサイクル率が低く、
 中国の輸入禁止を日本より
 深刻に受け止めている」
(日本のリサイクル業関係者)
ことがある。石油を原料
とするプラスチックの生産や
焼却を減らせば、温暖化対策
にもつながる。

プラスチックごみによる
海洋汚染問題が深刻化している
こともある。
海で漂流する間に波や紫外線に
よって細かくなった
「マイクロプラスチック」は
生態系に悪影響を及ぼし、
使い捨てプラスチック製品を
使用する企業にも厳しい
目が向けられるようになった。

マクドナルドは英国と
アイルランドにある
全店舗で、来年末までに
ストローをプラスチック製
から紙製へ切り替えると
発表。
米国やフランスなどの
一部店舗でも試験的に
実施する。

6月の先進7か国(G7)
首脳会議では、リサイクル
などの数値目標を定めた
「海洋プラスチック憲章」が
まとめられた。日本は
「産業界と未調整で
 市民生活への影響も
 大きい」(環境省)として
米国とともに署名を見送り、
廃プラ対策に後ろ向きな
印象を与えた。

こうした中、日本は、
議長国を務める来年の
主要20か国・地域(G20)
首脳会議でこの問題を
主要議題の一つに据え、
G20までに廃プラ対策の
国家戦略を策定する方針だ。
ある政府高官は
「途上国も含めた
 枠組み作りで日本の
 貢献をアピールしたい」
と話す。
(スキャナー
 讀賣新聞7/2 3(総合)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

可能性を目指すだけ メッシもロナウドももういない

'18年7月2日(月)
[W杯] ブログ村キーワード

【ロシアW杯】

敵情視察

「ベルギーは優勝候補。
 絶対に負けない」
「チームプレーに気をつけろ」−。
サッカーのワールドカップ
(W杯)
決勝トーナメント初戦で
日本と対戦するベルギー。
強豪国だけに、
首都ブリュッセルでは
自国勝利を疑わない人が
目立つが、日本の
速いパス回しなどチーム
プレーを警戒する声も
聞かれた。

地元ジャーナリストの
フリディ・ガッサンさんは
ベルギーの勝利を信じつつも
「日本は今大会で強さと気合を
 みせた。チームの弱点を
 知った上で、チームプレーを
 追求している」と述べ、
油断はできないとの見方を
示した。

欧州連合(EU)本部で働く
男性は、今大会の
ベルギー代表は黄金世代と
称され
「戦術も技術もベルギーは
 トップクラスだ」と
強調したが、
「韓国はドイツに勝った。
 これがアジアのプライドだ。
 日本も簡単には引き下がら
 ないだろう」。

ベルギー大衆紙
デルニエール・ウール(DH)
電子版はトップページで
「準々決勝はおそらく
 ベルギー対ブラジルだ」と
伝えた。(共同)
(産経ニュース6/29 12:03)


メッシもロナウドも姿を消した

サッカーのワールドカップ
(W杯)ロシア大会第16日は
6月30日、1次リーグを
勝ち抜いた16チームによる
決勝トーナメント1回戦が
スタートして2試合が行われ、
1998年大会の王者フランスと
過去2度優勝の
古豪ウルグアイがベスト8に
進んだ。
フランスは2大会連続、
ウルグアイが2大会ぶりの
8強。
両チームは7月6日の
準々決勝で対戦する。

フランスは19歳の
エムバペの2得点などで
前回大会準優勝の
アルゼンチンを4−3で
下した。
ウルグアイはカバニの
2ゴールで
欧州王者のポルトガルを
2−1で破った。
メッシを擁するアルゼンチン、
ロナルドのポルトガルは
姿を消した。(共同)
(同ニュース7/1 06:55)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

登山道は下山のためにあるという認識が求められる

'18年7月1日(日)
[登山] ブログ村キーワード

本格的な登山シーズンを迎え、
専門家は、低い山だからと
甘く見ないよう、警鐘を鳴らす。
新潟県内で5月、登山中の
父子が遭難した事故でも、
2人が向かったとみられるのは、
標高1000b以下の低い山
だった。(山村翠)

愛知県の会社員、上田洋平さん
(39)も、低い山で遭難した
経験を持つ。
登山が趣味で、2016年10月、
三重県の藤原岳(1140b)を
友人と2人で下山中、
予定していたルートを外れ、
道に迷ってしまった。

地形図を参考にじながら
下ると、やがて急な崖のある
沢に迷い込み、
携帯電話で救助を要請した。
しかし、
「夕刻が近いので
 救助は明朝になる」
と言われ、食料、防寒着
などは持っていたが、
ビバークを余儀なくされた。

上田さんは自身のブログ
「登っちゃえば?」
https://y-hey.com/)で.
こうした体験や遭難した時の
対処法などを発信している。
「道に迷ったら下らずに、
 登山道に戻るのが原則だが、
 翌日、重要な仕事があり、
 つい下ってしまった」
と振り返る。

「道迷い」は遭難の原因で
最も多い。
警察庁によると、
2017年の山岳での遭難者は
3111人で、統計が残る
1961年以降で最多。
遭難の原因は、「道迷い」が
1252人と4割を占め、滑落や
転倒などを上回る。

アウトドア用品専門店
「ICI石井スポーツ」
(東京)の登山学校長、
天野和明さんは、
「有名でない低い山ほど、
 迷いやすい」と忠告する。
登山道や標識が整備されず、
すれ違う登山者も少ない
からだ。
万一、遭難すると、
高山は見通しが良いが、
低山は木が生い茂り、
救助ヘリコプターから
発見するのも難しい。

山中で道に迷ったら、
どうしたらいいか。
「山の状況にもよる」と
前置きした上で、天野さんは
「強引に下ると、
 沢に入り込んで崖や滝に
 突き当り、行き場を
 なくす恐れがある。
 上って尾根や山の頂に
 出れば、携帯電話が
 通じたり、現在地が
 分かったりする」と助言
する。
ただ、体力を消耗したり、
負傷したりした場合は、
むやみに動き回らない方が
いいという。

登山者向けに、遭難に備えた
サービスも充実してきた。

オンラインで登山届を
手軽に提出できるのが、
「コンパス」。
あらかじめ下山予定時刻と
緊急連絡先を入力しておき、
予定時刻を大幅に過ぎても
下山の通知をしないと、
緊急連絡先に自動で
メールが届く仕組みだ。

「YAMAP(ヤマップ)」など
登山者向けの地図アプリは、
携帯電話の電波が届かない
圏外でも、全地球測位
システム(GPS)の電波を
受信して現在地を確認できる。

会員サービス「ココヘリ」
では、利用者に発信器が
貸与され、遭難した際に
連絡すると、民間のヘリが
発信器の信号を頼りに
捜索に来る。
避難者の正確な位置を特定し、
その情報を救助隊に引き継ぐ。
入会費3000円、年会費は
3650円(いずれも税別)。
(讀賣新聞6/29 16(くらし)面)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

賛否両論を背負って戦った日本代表監督西野さん

'18年6月30日(土)
[W杯] ブログ村キーワード

28日のサッカーワールド
カップ(W杯)の
対ポーランド戦で、
日本代表チームは負けて
いるにもかかわらず、
得点を狙うことなく
時間稼ぎをした。
結果的に決勝トーナメント
進出を果たしたが、
この戦術に国内外から
賛否両論、さまざまな
意見や論評が出ている
▼リスクはあったとはいえ、
日本人が好む潔さや、
当たって砕けろの精神を
捨てて消極策を選んだの
だから、釈然としない人が
多いのも分かる。
「もっと攻めないと観客が
 怒るよ」。
首相官邸で29日に
開かれた閣議前にも、
閣僚らがこうささやき
合っていた
▼ただ、これまで日本は
スポーツでも外交でも、
正攻法にこだわり過ぎた
きらいがある。
その意味では日本社会の
成熟の表れとも言えよう。
政治学者の櫻田淳さんは、
自身のフェイスブックに
記していた。
「日本も、こういう
 狡(ずる)いサッカーが
 できるようになったかと
 思えば、実に感慨深い」
▼「『獅子の威厳と
 狐(きつね)
 狡知(こうち)』…か」。
櫻田さんは続けて
フィレンツェの政治思想家、
マキャベリの言葉を引いていた。
君主は、オオカミを従わせる
ライオンの力と、策略を見抜く
キツネのずる賢さに学ぶ必要が
あるとの意味である。
どちらかが欠けても国は危うい
▼興味深いことに、政治家からは
「選挙と同じだ」、
外交官からは「外交と同じだ」
との感想が聞こえてきた。
ルールの中でぎりぎりの
駆け引きをし、多少体裁が
悪かろうと結果を出すことが
すべての世界ということか
▼そもそも、良いとか悪いとか
道徳的に決めつけること
自体に無理があろう。
作家、池波正太郎さんの
人気シリーズ
『仕掛人(しかけにん)
 藤枝梅安』で、
梅安は繰り返し世の道理を
説いている。
「善と悪とは紙一重」
「世の中の仕組みは、すべて
 矛盾から成り立っている」
(産経抄 産経ニュース6/30 05:04)

西野監督はサッカーのルールの
中で考慮した戦略を用いた。
選手たちを次のステージで
戦わせてあげたいという思いの
もとで・・・。

厳しさのない政治も外交も
参考にはならないと思う。
posted by (雑)学者 at 11:46| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする