2017年08月08日

戦争だと、やっていいこと悪いことの判断をしなくなる

‘17年8月8日(火)
[広島] ブログ村キーワード

往年の名スプリンター
吉岡隆徳はただ一度、
「駆け足」を悔いたことが
ある。
広島高等師範学校の
教授時代という。
学生を連れて郊外の工廠に
詰めていた朝、原爆は
落とされた。
市内に残す家族のもとへ、
酸鼻を極めた地獄絵図の
中を吉岡は走る

▼道すがら助けを呼ぶ声が
した。
<これらの人々を
 踏み越えるようにして
 我が家へ急いだ>と自著
『わが人生一直線』に
書き留めている。
未曽有の惨禍を前に、
非を鳴らされるいわれは
あるまい。
悔恨にさいなまれた吉岡は
しかし、戦後まもなく
教授職を辞している

▼1932年ロサンゼルス
五輪の陸上男子100bで
6位入賞し、「暁の超特急」
と呼ばれた人の終生癒え
なかった傷という。
「教育も理性も
 一発の原爆であとかたも
 なく吹っ飛んでしまう」。
人の尊厳を一瞬で焼き尽く
した閃光の罪深さを、
誰もが思う季節だろう

▼遠いロンドンでは、
日本の若いスプリンター
たちが世界陸上選手権の
トラックを駆けている。
わずか10秒に人生を懸ける
選手たちの輝きもまた、
同じ地上の光である。
武器も取らず、誰をあやめる
こともなく争うすべを、
人類は太古の昔から知って
いたというのに

▼わが国に弾頭を向け、
核開発への道をひた走る
愚かな独裁者が、
狭い海を隔てた向こう岸に
いる。
「核の傘」をかざす米国
では、日本独自の核抑止力が
論じられる時代にもなった。
核の脅威がこれまでになく
現実味を帯びる中で迎えた、
72回目の「原爆忌」である。

▼惨禍の光を再び許しては
なるまい。
広島・平和公園の歌碑には
こう刻まれている。
<まがつびよ/
 ふたたびここに/
 くるなかれ/
 平和をいのる/
 人のみぞここは>。
災厄の神よ、ここには
二度と来るな。
湯川秀樹博士の詠んだ、
痛切な願いである。
(産経抄 産経ニュース8/6 05:03)

空襲をしたり、原爆を
落としたり、化学兵器を
使ったり。
戦争は人道上のことを
一切考えない。

参考
 まがつひ(禍霊)
  災害・凶事を起こす霊力
  (広辞苑)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

国際社会に向けて声高に核廃絶を訴えられる国なのに

'17年8月7日(月)    
[広島] ブログ村キーワード

8月6日の朝、
広島は穏やかな青空が
広がっていました。
14歳だった私は、
市内にある
逓信省貯金支局の3階に
いました。
学徒動員で働いていたの
です。
突然、目の前の大きな窓が
強烈な光を発しました。
七色の光線の束が
百も千も集まったようで、
目がくらむ美しさでした。

「太陽が落ちてきた」

そう思った瞬間、
意識を失いました。
気がついた時、私は部屋の
真ん中にいて、全身に
ガラスの破片が突き刺さり、
右目あたりから
大量の血が流れていました。
亡霊のような姿になった
人たちとひしめき合って
階段を下りて逃げました。

近くの日赤病院は、
避難してきた人であふれて
いました。
おなかが裂けて
飛び出してくる腸を
押し込んでいる人、
赤黒く焼けただれ、
膨れあがって目鼻も
わからない人、
年齢も性別もわからない、
すっかり人間の姿を
失った人、人、人。
きっと私は悪夢の中に
いるのだろうと思いました。

街は夜通し燃え続けました。
病院にも火が回ったので、
私は前庭の植え込みの中に
避難し、全身に火の粉を
浴びながら一夜を過ごし
ました。

「家族に会いたい」。
夜が明けた後、
まだあちこちがくすぶる
焼け野原のがれきの上を
はだしで歩きました。
炭になった電柱、子どもを
抱いた姿のままの白骨、
人間も動物も鳥も、
生きて動くものを見ません
でした。
家の近くの道で、
母と姉と叔母と再会し、
父と7歳の弟が避難した
小学校に行く途中、
炭になった真っ黒な遺体が
ありました。
9、10歳くらいの少年だと
私は思いました。
 突然一条の閃光が
 少年を貫いた
 彼は一本の火柱となった
一瞬 炭素と化した少年は
焦土に大の字に横たわり
空洞の眼を大きく見開いて 
 天を睨んだ(「少年」より)

この時に見た光景を
詩にしたのは、それから
40年以上たってから
でした。
(詩人 橋爪文(ぶん)さん86)
(語り継ぐ 受け継ぐ 戦後72年1 
 讀賣新聞8/6 1面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

わが国では、それほど緊張しなくても生活できる

'17年8月6日(日)
[忘れ物] ブログ村キーワード

先日、電車に忘れ物をしま
した。
1回目はスマートフォンに
夢中になり、リュックを
置いて電車を降りてしまい
ました。
中には、息子の母子手帳
などが入っていましたが、
幸い電車に乗った時刻などを
覚えており、
駅員の助けもあって
翌日に戻ってきました。

2回目は私と話し込んで
しまった友人が
リュックを棚に置いたまま
降りました。
15分後に気づき、
駅員が一生懸命捜して
くれましたが、
見つかりませんでした。
友人は2日後には中国に
帰国する予定でしたが、
翌日午前中に、
落とし物センターから
連絡があり、受け取る
ことができました。

忘れ物をした時は、
心が沈みましたが、
駅員さんや拾ってくれた
人のおかげで助かりました。
これが、日本なのだと
感心しました。
(東京都在住 張 文さん32
 中国、会社員)
(讀賣新聞8/5 10(投書)面)


以前年末には、取引のある
会社が自社の宣伝用
カレンダーを会社に持って
きた。みんなで分けて
自宅に持ち帰って使った。

あるとき、それを電車の
網棚に置き忘れた。
手提げの紙袋に10本ほど
あったように思う。

電車の終点の駅に保管
されていて、それを
取り戻し、例年のように
新年に支障はなかった。

財布を落としたことも
ある。

軽井沢町の国際交歓会に
招かれて、会場に向かう
タクシーの中で
落とした。
会社の名は松葉タクシー。
駅前の営業所に保管されて
いて、帰りに返して
いただけた。


孫の手術の見舞いに
兵庫県へ夜行バスで
行く途中で落とした。

大阪の梅田で降りたとき、
乗務員に捜してもらったが、
車内にはなかった。

夜行バスが止まった
各サービスエリアに
照会したが、財布は
なかった。

息子が東京駅の
問い合わせセンターに
連絡をすると、駅に
保管されているという。
帰りに立ち寄ってそれを
いただいた。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

政治活動の基本は、井戸塀である

'17年8月5日(土)
[AI] ブログ村キーワード

立候補者はロボットでは
ないか。
米国のある都市で
2032年に行われた市長選で、
こんな疑惑が持ち上がった。
SF作家、アイザック・
アシモフが
1950年に発表した
「われはロボット」
(ハヤカワ文庫)の一場面
である

▼ロボットの心理が専門の
研究者は、最高の行政官に
なる、と主張する。
「彼は、人間に危害を
 加えることはできないし、
 圧政を敷くことも、
 汚職を行うことも、
 愚行に走ることも、
 偏見を抱くことも
 できないのですからね」

▼米国の研究者、ベン・
ゲーツェル氏は実際、
人工知能(AI)を搭載した
ロボットを政治家として
育成するプロジェクトを
進めている。
人間と違って、自らの
利害や偏見にとらわれず、
正しい判断ができるのが、
強みだという。
政治の混乱が続く韓国では、
ゲーツェル氏に協力を
求めた。
「AI政治家」が政策に
かかわる仕組み作りを
急いでいる

▼第3次安倍晋三改造内閣が
発足した日本はどうだろう。
国会でまともな答弁ができ
ない。省内をまとめきれず、
失言も多かった。
こんなダメ大臣を一掃して、
閣僚経験者を多数起用した。
安定重視が
キャッチフレーズである

▼それでもなお、
国民の期待を裏切るような
不祥事が起これば、
安倍政権の危機にとどまら
ない。受け皿となる有力な
野党が見当たらない
となれば、いっそのこと
政治をAIに任せよう、
との声が日本でも上がり
かねない

▼香港の新聞によると、
中国のAIも曇りのない目で
政治を見る能力に恵まれて
いる。
IT大手が提供するAIの
対話サービスに、
ある利用者が「共産党万歳」
と書き込むと、すぐ反論して
きた。
「こんなに腐敗して無能な
 政治に万歳できるのか」。
このAIは、日本の新内閣に
どんな判定を下すだろう。
(産経抄 産経ニュース8/4 05:02)

政治井戸塀という言葉が
ある。

政界に乗り出して
私財を失い、井戸と塀
しか残らないことを
井戸塀という(広辞苑)
世のため、人のために
挺身して尽くすのが、
本来の政治家の姿である。

失脚させようと、
罠を仕掛ける者も
出てくるだろう。

損な職業である。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

事実確認ができなければ、未確認情報として広めない

'17年8月4日(金)    
[フェイク] ブログ村キーワード

昨年の大統領選で
猛威を振るった
「フェイクニュース」。
米国では大学の研究機関
などが記事の事実を
検証する
「ファクトチェック
 (事実確認)」を行う
動きが出ているほか、
新聞、テレビも対策を強化
している。

CNNテレビでは、
生放送中に出演者の発言で
誤りがあった場合、
司会者がその場でただちに
訂正するよう方針を転換した。

トランプ大統領自身が
根拠のない情報を振りかざし、
自らに批判的な報道を
「フェイクニュースだ」と
攻撃していることに
ついても米メディアは
反論している。

「就任式の観衆は過去最高」
「選挙権のない不法移民が
 大量に民主党に投票した」
などと繰り返す
トランプ氏に対し、
ワシントン・ポスト紙は
記事中で事実確認を実施して
いる。
ニューヨーク・タイムズ紙は
今年1月、トランプ氏が
繰り返す「不正投票」の
報道で「ウソ(Lie)」の
見出しを掲げ、大統領が
故意に事実を曲げたと断定。
従来の
「事実とは異なる主張」
などと抑制的だった表現から
踏み込んだとして注目された。
(讀賣新聞8/3 7(国際)面)

ドイツの研究者が
フェイスブックに架空の
情報を載せ、
フェイク(偽)ニュースが
拡散する実態を調査した。
多くの閲覧者が偽ニュースを
事実と受け止め、
数日で広範囲に広がった
という。

公共放送SWRなどによると、
南西部シュツットガルトの
ホーエンハイム大学の
研究者は4月、
報道機関を装った四つの
ページを開設し、
「バート・オイレンでは
 難民申請者が町の予算で
 性的サービスを受けられる」
などと、難民への反感を
あおる偽ニュースを流した。

偽ニュースは公開から4日で
約1万1000人が閲覧し、
閲覧者が自分のページに
取り込みシェアした回数は
150回を超えた。

偽ニュースのコメント欄には
「とんでもないが、
 妻や娘が暴行されるより
 ましだ」などと、
難民が犯罪を起こすことを
前提としたような書き込みが
みられた。
ただし一部の閲覧者は
「バート・オイレンという
 町はない」と指摘し、
事実ではないと見破った
という。

調査は約1か月続けられ
研究者は終了後、
「調査のための
 架空の情報だった」と
書き込んだ。
偽ニュースを故意に
流した調査手法への批判は
起きていない。

研究者は7月下旬に
調査結果を公表し、
「偽ニュースは大きな
 反響を生み出した」
と指摘し、
「多くの人は
 フェイスブックの
 友人などを通じて
 知らされる情報を
 うのみにしており、
 真偽の判断は極めて
 難しい」と結論付けた。
【ベルリン=井口馨】
(同紙同面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする