2019年06月17日

学ぶということはとことんのめり込むことだとムツゴロウさん

'19年6月17日(月)

少年時代の満州の原野での
生活、そして戦後の貧しい
暮らし。
そんななかで、僕は
たくましく生き抜く術を
身につけることができま
した。
ところが、僕の子どもの
世代となると、なかなか
そうはいきません。
僕には娘が一人いますが、
彼女が幼い頃は、夏休みを
目一杯使って自然のなかへ
出かけ、女房と三人、
野山を駈けまわって遊びま
した。
でも、笹や雑草が生い茂る
藪に入り込んだりすると、
もうダメなんですね。
トゲが刺さって
「パパ、痛いよ」なんて
泣き出す始末。
こんなことで泣くのかと
ビックリです。
「これではいかん!」と
思いました。

東京での暮らしを捨てて、
北海道の無人島に
移り住んだのは、そんな
理由からでした。
電気もガスも水道もない
島で、ヒグマの子一頭と
犬と馬、それに家族三人が
一緒に暮らしました。
生きるとはどういうことか、
動物を愛するとはどういう
ことか。
日常の一つひとつの体験の
なかから、そんなことを
学んでほしかったんです。
結局それが、後の
「ムツゴロウ動物王国」の
設立につながっていきました。

動物王国は、今も北海道
中標津(なかしべつ)
あります。都会から
乗馬体験にやってくる
子どもたちもいれば、
将来飼育員を目指す専門
学校の生徒たちが勉強の
ために訪れることもあり
ます。ただ、彼らは、
自然のなかでは、いつも
おっかなびっくりで、
無力なんですね。

今の若者はスマホを使って、
情報は何でも知っている
つもりになっています。
でも、今ここにある命の
きらめきは、やはり実際に
目で見て、直接手で触れて
みなければわかりません。
何かを「学ぶ」とは、
そうやって自分自身の身体を
まるごと使って、つかみ
取っていくことです。

これはどんな学問でも同じ
ではないでしょうか。
興味があることは、自分の
身体の一部になるまで、
とことんやり尽くす。
これからを生きる若者には、
そんな気概をもって人生を
燃焼させてほしいですね。
(取材・文 金原みはる)
(作家畑 正憲 一つのことに、
 とことんのめり込む
 PHPNo.854‘19/7)

  
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

母親の献身的な観察が求められる赤ちゃんの大泣き

‘19年6月16日(日)

赤ちゃんは、泣くのが仕事、
というのは、赤ちゃんを
育てている母親の心と体が
健全な時に理解できること
なのだと思う。

26歳の時の私は、初めての
子育てにオロオロし、長女の、
毎晩の夜泣きにクタクタに
なっていた。
加えて長女は夕方になると
ぐずり出し、やがて
ぎゃんぎゃん泣きになり、
おしめを替えてもミルクを
飲ませようとしても
泣きやまず、こちらの神経も、
おかしくなりそうだった。

その日の夕方も、家事を
あきらめ、
泣きじゃくる長女を抱いて
外へ出た。
団地の前の空き地には
ハルジオン、ヒメジョオン、
タンポポの綿毛が揺れて
いた。
通りかかった女の人が、
「お散歩?」と聞いてきた
ので。
「毎日、夕方になると、
 この子が泣くんです」
と答えると、
「あら、この赤ちゃん、
 黄昏(たそがれ)泣き
 しやはるの」とだけ
言って遠ざかっていった。

黄昏泣き、黄昏泣き・・・。
そんな言葉があるんだ。
そんな言葉がある
くらいなら、
夕方に泣く赤ちゃんは、
ほかにもたくさん
いるのかもしれない。
黄昏泣き、
なんてきれいで優しい
響きなのだろう。
ふと気づくと長女は
いつの間にか泣きやんで、
風に舞う、タンポポの
綿毛を目で追っていた。
見知らぬ、さっきの人は、
京都の人なのか、
はんなりとした
イントネーションだった。

夕焼けの淡い色と水色が
混じる夕暮れ、ハルジオン、
ヒメジョオン、タンポポの
中で、私は、いつまでも
その言葉をかみしめていた。
(堺市南区 松尾とも子さん
 (62)主婦 黄昏泣き
 朝晴れエッセー 
 産経新聞6/14 1面)

 
泣く赤ちゃんは、
外へ連れ出すと泣き止むと
よく聞く。
室内にはない、成長に
必要なものが屋外にあるの
かもしれない。
例えば、
新鮮な空気がほしいとか、
日光浴がしたいとか・・・。

赤ちゃんには、
面倒をみるという上から
目線だけではなく、
仕えるという気持ちで
接することも必要では
ないか。

参考
ハルジオン(春紫菀)
キク科ムカシヨモギ属に
分類される多年草の1種。
北アメリカ原産で、
日本では帰化植物となって
いる(Wikipedia)

ヒメジョオン(姫女菀)
キク科ムカシヨモギ属の植物。
背の高さが30〜150cmにも
なる、白い花を咲かせる
一年草である。
同属のハルジオンと共に、
道端でよく見かける雑草で
ある(Wikipedia)

はんなり
京言葉を中心に近畿地方で
用いられる日本語の副詞で
ある。
落ち着いた華やかさがあり、
上品に明るく陽気なさまを
表す。あるいは、天然で
マイペースな人のことを指す。
語源は「花なり」または
「花あり」とされる(Wikipedia)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

余人をもって代えられれば、育児休暇は取得できる

'19年6月15日(土)

オトウサン オハヤウ
ゴザイマス――。
「おとうさん」という呼称が
広まったのは、1903年に
尋常小学校に配布された
国定読本がきっかけだった
◆神永暁著
『悩ましい国語辞典』
(角川ソフィア)に
教わった。
それまでは、オトウサマ、
オトトサン、オトッサン、
オトッツァン、トトサン・・・
と多岐にわたっていたよう
である。
明治政府の意図は定かでは
ないものの、偉そうでも
なく、気さくすぎるでも
ない「おとうさん」が
定着して110余年になる
◆その間には呼称は同じ
でも、時代時代に微妙に
ちがう父親像があったこと
だろう
◆国連児童基金
(ユヌセフ)の担当者は
前時代的な像を浮かべた
かもしればい。
報告書でも苦言を呈した。
育児休暇の長さでは
日本の制度は世界1位。
それは称賛に値する
としても、利用者が
少なすぎると。
2017年は20人に1人に
とどまり、6人に1人の
韓国に比べても
格段に取得率が低い
◆つい最近、年間の出生率
(91万8397人)が
過去最少を更新したとの
政府発表に、
頭をがつんとたたかれた
ばかりである。
職場の理解が何より必要
だろう。「おとうさん」の
歴史を変えよう。
(編集手帳 讀賣新聞6/14)

個人プレーを競わせて、
業績を上げている企業は
育児休暇を与え難い。
誰かが休んだ人の穴埋めが
できる態勢が
とられなければそれは
できない。
個人の仕事とその責任を
代わりの人がどう担うか、
企業が銘銘に考えなければ
ならない。

日本は完璧な制度をつくる
のが得意だそうである。
しかし、その制度設計を
実行に移し、運用するには
多くの問題が伴うという
欠点があるという。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

香港市民のデモ、中央政権が自由を差し出せと迫る

‘19年6月14日(金)

中国の意に沿わない人物が、
犯罪者に仕立てられ、中国
本土に移送される。
そんな事態が日常化すること
への危機感の表れと言えよう。

香港で、1997年の中国返還後、
最大規模とされる抗議デモが
行われた。香港から中国本土
への容疑者の引き渡しを可能
とする逃亡犯条例の改正案に
反対し、撤回を求めている。

改正案が審議されるのを前に、
多くの人が議会周辺の道路を
占拠した。警察との衝突で
負傷者が出るなど、混乱が
続く。

参加者には、民主化運動に
関心がなかった若者や、
中国と取引する経済界の
人々も含まれる。
仕事や親戚付き合いなどで
中国を訪れる人も多い。
香港にいながら、中国の
法律が事実上適用されかね
ない、との懸念が強いのだ
ろう。

香港は、約20か国と犯罪人
引き渡しの取り決めを
結んでいるが、中国本土、
台湾、マカオは含まれて
いない。
昨年、台湾で殺人を犯して
逃げ帰った香港男性を移送
できなかったことを
きっかけに、香港政府が
改正案を提案した。

親中派がトップの
香港政府は、今月中の
採決を目指している。
議会も親中派が多数を
占めており、可決される
可能性が高い。中国政府は
改正を支持する。

香港の人々が反対を強める
のは一党独裁体制の中国で、
司法が政治から独立して
いないからだ。

司法機関は共産党の指揮下に
ある。法律が恣意的に運用
され、言論弾圧などに利用
される。人権問題を扱う
弁護士らが大量に拘束され、
勾留は長期に及んでいる。

香港では、共産党批判の
書籍を扱う書店経営者らが
失踪し、中国に拘束される
事件があった。
香港の司法を踏みにじる
行為だ。

英国の植民地時代から続く
独立した司法制度が、香港
にはある。
中国は返還にあたり、
これを尊重し、
「高度な自治」を認めると
約束した。
一つの国で社会主義と資本
主義の制度を併存させる
「一国二制度」に基づく。

憲法にあたる
香港基本法にも、
「高度な自治」の中核
として司法の独立が明記
されている。
香港政府は、
「移送対象は殺人などに
 限定し、政治犯は
 含まない」と強調するが、
運用にあたり、中国の
不当な介入を阻止できる
のか。

改正は、香港に拠点を置く
企業関係者にも影響が及び、
経済に打撃を与える恐れが
ある。

中国の習近平政権は、
混乱や衝突が拡大すれば、
国際社会の批判が強まり、
自らの威信にも傷が付く
ことを認識すべきだ。
(社説 香港大規模デモ
 讀賣新聞6/13 3(総合)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

大人の落ちこぼれを減らす手立てが必要なのではないか

'19年6月13日(木)

悲惨な事件や事故が起こると、
やるせないと書くことが多い。
以前、仕事が済んだ後に、
ふと、「やるせ」とは何か、
何が「ない」のかと思い、
辞書で調べたことがある
◆漢字で【遣る瀬】と書く。
詳しいのは新明解国語辞典で、
語釈としてこうある。
<「瀬」は浅瀬の意で、
 立つことが出来そうもない
 深い淵に対して、
 心の安らぎが得られる
 ところを言う>。
札幌市の2歳、池田詩梨
(ことり)ちゃんが
衰弱死した事件に触れ、
もう一度辞書を引き直した
◆殴られたか、たばこの火か。
アザとやけどが体に見つかり、
母親と交際相手が逮捕された
◆2歳ならもう自分の名前が
言える。歌ったり踊ったり、
砂場でままごとをしたり・・・
詩梨ちゃんにそんな時間が
あったかどうか。
むろん深い淵に立たせたのは
容疑者らだが、手を伸ばして
救いあげようと思えば
できなくはない人たちもいた。
児童相談所である。
通報を受けながら調査を
尽くさず、放置したという
◆安らぎを得られる【遣る瀬】。
新明解にはその一つ手前に
次の語がある。
【遣る気】
<何かをしようとする
 積極的な気持ち>。
ない――が二つも続けば
救えるはずはない。
(編集手帳 讀賣新聞6/12)

仏作って魂入れず

児童相談所が必要だからと
作っても機能しない例が
多い。魂が入っていないの
ではないか。

それ以前の問題だが、
子育てをする親たちの
態勢が整っておらず、
子どもの幸せを祈る気持ちが
不足している。

次世代に影響することだから、
当人たちに落ちこぼれの要素が
あるのなら、子を持つ前に
社会的に矯正を済ませておく
ことはできないか。

いじめの精神的風土も
直しておくべきであると思う。

親に恩を返せないが、
その恩を子どもに振り向ける
ことで許してもらおう。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする