2020年10月20日

コロナ対策、日本の地道なマスク着用が効果を生んでいる

‘20年10月20日(火)

イタリアのコンテ首相は
18日、新型コロナウイルス
感染拡大防止のための
追加的な制限措置を発表
するとともに、
各市町村長に人々の集会を
阻止するために公共広場を
午後9時以降閉鎖する
権限を与えた。
この日に報告されたコロナ
新規感染者は1万1705人と、
過去最多を記録。
コンテ氏は記者会見で
「危機的」な状況だ
とした上で、政府はコロナ
流行発生当初の3月に
実施した大規模な封鎖措置の
再導入を回避する決意だと
表明した。
首相は賭け事を扱う店舗
(ベッティングショップ)の
午後9時以降の閉鎖、
アマチュアスポーツ競技や
地元の祭りの禁止を命じる
とともに、今週中に安全性の
基準をさらに精査した上で、
スポーツジムや水泳プールの
閉鎖を検討すると述べた。
イタリアでは2月に
コロナ流行が始まって以来、
3万6543人の死者が出ており、
欧州では英国に次ぎ2番目に
多い。
当局は2カ月間の厳格な
全土封鎖措置
を敷いた結果、
夏までに感染第1波を概ね抑え
込んだが、足元で再び感染が
拡大
。これに対応し、当局は
公共の場でのマスク着用の義務
集会およびレストランに対する
制限など、新たな措置を講じて
いる。
18日に報告された死者数は
69人と、前日の47人から
増えたが、3─4月のピーク時の
900人超は大幅に下回って
いる。政府は行政機関で
柔軟な勤務形態を意味する
「スマートワーク」を拡大する
方針で、各高校には、
公共交通機関の混雑を避ける
ために、時差の時間割を組む
よう要請。レストランなどは
深夜までの営業が認められるが、
午後6時以降は着席の飲食
のみが可能となる。
[ミラノ18日 ロイター](REUTERS10/19 08:21)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

後継者不足にコロナが追い打ち、企業の休・廃業が急増

‘20年10月19日(月)

新型コロナウイルス感染症
による景気悪化
で、休廃業や
解散する企業が急増している。
今年はすでに約3万6000件に
達し、過去最多のペースとなる。
後継者不足の中小・零細企業が
事業継続に見切り
をつける例が
目立ち、事業承継に
どうつなげるかが課題となる。

■事業承継 支援課題

東京商工リサーチの集計によると、
今年1〜8月、自主的に事業を
やめたり解散したりした企業は
3万5816件で、前年同期比で
23.9%増加した。
国内の全企業約360万社の
1%に相当する。
これまで最多だった2018年の
約4万7000件を超え、
年間5万件を上回るペースと
なる。

大半を中小企業が占め、
「このままでは借金を
 返済できなくなり、
 迷惑をかける」(飲食店)、
「元々、高齢で続けるか
 悩んでいた」(設備工事)
といった理由が挙げられる
という。

経済産業省は17年、全国の
約360万社のうち、3分の1が
後継者不足で25年頃までに
廃業を迫られるとの試算を
公表している。
元々、後継者が見つからない
中で、新型コロナを機に
前倒しで休廃業を決断した
企業が多いとみられる。
(讀賣新聞オンライン10/17 16:18)

コロナは収まっても、
後継者不足は自然には解決
しない、深刻な問題である。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

東北大と島津、呼気から新型コロナを検出する技術を開発

‘20年10月18日(日)

東北大と島津製作所(京都市)は
16日、口から吐く息で
新型コロナウイルスの感染の
有無を調べる検査法を共同で
開発したと発表した。
呼気に含まれるウイルスや
たんぱく質を解析する手法を
用いた世界初の技術で、
PCR検査と同程度の精度があり、
約1時間で結果が出るほか、
重症化のリスクなども診断できる
という。

今後、自宅での検査も想定して
検査機器の小型化を進め、
臨床研究を通して実用化を急ぐ。

この検査法は
「呼気オミックス」と呼ばれる
最先端技術を使い、
約5分間息を集めて分析装置に
かけて判定する。
肺炎の重症度や症状の予測のほか、
新型コロナ以外のウイルスの
検査もできるという。
呼気に含まれている健康状態に
関する情報を分析する手法を
応用し、生活習慣病やがんの診断、
遠隔医療などに生かすことも
目指す。

鼻の奥の粘膜から検体を採取する
PCR検査は時間と手間がかかる
のが課題になっている。
共同研究を進める
東北大の赤池孝章教授は
「呼気中の『エアロゾル』を
 分析対象として新型コロナ
 ウイルスを検出する技術は
 成功したら世界で初となる」
と説明し、島津製作所の
上田輝久社長は
「研究者のネットワークを作り、
 1年後をめどに基礎的な技術を
 完成させたい」と話した。
【滝沢一誠】(毎日新聞10/16 21:01)

島津製作所には、
ノーベル賞受賞者の
田中耕一さんがいる。
田中さんは東北大出身。
多くの産学連携の企画がある
だろう。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

贅沢の象徴だった砂糖消費が今不健康の象徴になった

‘20年10月17日(土)

砂糖依存症という言葉がある。
甘い物が麻薬のように
無性にほしくなるらしい。
消費が追いつかないような
糖分の摂取を続ければ
糖尿病にもなるだろう。
高血糖の状態が続けば、
脳に老廃物が溜り、認知症に
なるかもしれないという。

糖分を減らせないだろうか。


『男はつらいよ 寅次郎頑張れ!』
(1977年公開)に、寅さんが
喫茶店でのデートの手ほどきを
する場面がある。
素直に耳を傾けるのは、
下宿暮らしのシャイな若者
「良介」を演じる中村雅俊さん
◆寅次郎
「話はしない――。
 テーブルのうえにコーヒーがある。
 静かな音楽、黙って聞く。
 彼女が言うな、『おいくつ』。
 そしたら、おまえなんて
 答える?」。
良介「二十五・・・」。
寅次郎「ばか、砂糖の数だよ」
◆若い人ほど何が面白いのか
分らないかもしれない。
お砂糖はいくつ?
お茶の相手にこう尋ねる
オモテナシ
があったのは
いつ頃までだろう
◆主な国の砂糖消費量を
調べてみて少々驚いた。
年間1人当たり、
ブラジル50`、ロシア40`、
EU(欧州連合)35`、
米国と韓国が31`・・・で、
日本はというと16`ほどである。
高度成長期の当時は現在の倍の
消費量
があった
◆寅さんのデート指南が
意味不明になるのはさみしい
けれど、健康志向と引き換え
といったところだろう。
きのう(15日)関東は
肌寒かった。喫茶店に入って
温かいコーヒーを注文したとき、
昔よく見かけた角砂糖が
テーブルにない
のに気づいた。
(編集手帳 讀賣新聞10/16)
ラベル:砂糖
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

新型コロナの恐怖から逃れようとする新たな研究がまた

‘20年10月16日(金)

京都大発の創薬ベンチャー、
リバーセル(京都市上京区)は
14日、人工多能性幹細胞
(iPS細胞)から作製した
免疫細胞「キラーT細胞」を
用いた新型コロナウイルス
感染症の治療法について、
藤田医科大(愛知県)と
共同研究を進める契約を
締結したと発表した。

ウイルスに感染した細胞を
殺傷するキラーT細胞の
働きを応用し、これまでに
ない治療戦略を開発する。
iPS細胞を使った新型コロナの
治療法の開発は世界初という。

同社は京都大ウイルス・
再生医科学研究所の
河本宏教授が昨年10月に
設立した。
同社によると、共同研究では、
新型コロナによる肺炎から
回復した患者の血液から、
感染した細胞を認識する
「TCR」というタンパク質を
作り出す遺伝子を同定。
このTCRを持つ
キラーT細胞を増殖し、
患者に投与する治療薬を
開発する。
2、3年以内の臨床試験を
目指す。

キラーT細胞製剤は、
ワクチンや抗体医薬品などとは
違う新しい治療になり、
特に重症の感染症に有効と
考えられるという。
(京都新聞10/14 18:13)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする