2021年01月22日

「入院不要」で帰宅、翌日死亡というケースもある

‘21年1月22日(金)

新型コロナウイルスの
感染拡大に伴う緊急事態宣言が、
1都3県に出されて21日で
2週間。感染者の急増に
保健所の調整業務が追いつかず、
入院できないまま自宅で亡くなる
ケースが相次いでいる。
症状が軽い人でも、急に悪化する
可能性もあり、専門家は
「異変があれば早急に
 かかりつけ医に連絡するように」
と呼びかけている。

■容体急変

「保健所は入院させようと
 調整したが、かなわなかった。
 最大限の対応はしたが……」。
千葉県は20日夕、保健所を所管する
渡辺真俊・保健医療担当部長らが
記者会見を開き、自宅療養中の
感染者の死亡を発表した。

県によると、亡くなった感染者は
60歳未満の成人。
今月中旬、38度台の発熱や
せきなどの症状が出て、陽性と
判明した。
循環器系の基礎疾患があったが、
保健所は当初、自宅で療養が
可能と判断した。
しかし、療養開始から8日後の
18日、せきの症状が悪化。
保健所が入院先を探したが
受け入れ先は見つからず、
その日のうちに亡くなった。

広島市では昨年12月、
持病のある60歳代男性が
自宅療養中に亡くなった。
広島県などによると、同月13日に
陽性が判明したが、
14日に診察した病院は、自力で
歩行できていることなどから
「直ちに入院が必要な状態
 ではない」と判断。
男性はいったん帰宅し、
入院準備を進めていたところ、
15日に自宅で死亡が確認された。
県の担当者は
「自宅にいる患者の急変を
 どう察知するかが重要」
としている。

保健所が連日、健康観察して
いても、救えなかった
ケースもある。

群馬県で昨年12月25日に
死亡した高齢者は、
基礎疾患や軽い呼吸器障害が
あったが、医師の判断で
自宅療養となった。
保健所が1日1回以上の
健康観察を続け、同24日に
容体の安定を確認したばかり
だった。
(讀賣新聞オンライン1/21 05:04)
ラベル:自宅療養 
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。