2021年01月19日

臨床試験の途中なのか、接種後の症例情報を集める方針

‘21年1月19日(火)

国内で新型コロナウイルス
感染症のワクチン接種が
開始された後の感染状況の
変化や効果の分析に活用する
ため、厚生労働省が、
接種後に感染した症例の情報を
集める方針であることが17日、
分かった。
医師が保健所に提出する
感染者の「発生届」の項目に
接種歴の有無を加え、
網羅的に把握する仕組みを
整える。

国内では先行する米製薬大手
ファイザー製のワクチンが
審査中で、承認されれば
医療従事者が最初に接種対象
となり、一般住民へは
早ければ3月下旬に始まる
見通し。
重症化しやすい65歳以上の
高齢者が優先される。
(共同通信社 01/18 06:03)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。