2020年09月22日

インドネシアではマスク着用を怠ると棺桶に入れられる

‘20年9月22日(火) 

中国紙・環球時報(電子版)の
7日付報道によると、
インドネシアでこのほど、
屋外でのマスク着用規則の
違反者への罰として棺桶の中に
入ることを求めた警察の対応に、
「やりすぎだ」などと批判の声が
上がっているという。
英紙ミラーの報道を引用して
伝えたもので、それによると、
この物議を醸した罰は先週、
ジャカルタ東部で行われた。
マスク着用規則の違反者は、
25万ルピア(約1800円)の
罰金か1週間の社会奉仕の
どちらかを選択できる。
だが経済的または時間的な
理由から、罰金の支払いも
社会奉仕への参加も望まない
人が多いという。
そこで警察は、マスク非着用に
よる健康リスクについて熟考
させるため、
大勢の人が見守る中で、
棺桶に入って横になり、
数字の1から100までを数え
させるという罰を始めたという。
(翻訳・編集/柳川)(Record China9/9 13:20)

日本では、飛行機から
降ろされた乗客がいた。
ラベル:マスク
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。