2020年03月31日

志村けんさん逝く、新型コロナはまだ大丈夫じゃない

‘20年3月31日(火)

ザ・ドリフターズのメンバーで
タレントの志村けんさんが
コロナウイルスによる肺炎のため
亡くなったことが30日、分かった。
29日午後11時10分、都内の病院で
死去した。70歳。死因は
新型コロナウイルスによる肺炎。
葬儀は親族のみで行う。
今後親族と相談しながら
お別れの会をとりおこなうか
検討する。
志村さんは3月23日に
新型コロナウイルス検査で
陽性と判明、都内の病院に入院
していた。所属事務所の
イザワオフィスは同25日に
報道各社に文書で発表していた。
関係者によると、志村さんは
今年1月に定期健診で胃のポリープが
発見され摘出手術のために
6日ほど入院していた。一方で、
「基本的に通院するような持病も
 なく体調は良かった」という。
志村さんは1974年、
ザ・ドリフターズに荒井注さんの
脱退を機に加入。
TBS系「8時だョ!全員集合」の
「少年少女合唱隊」のコーナーで
地元の「東村山音頭」を歌った
ことでブレーク。
加藤茶(77)とのコンビの
「ヒゲダンス」、
「カラスの勝手でしょ」、
「志村、後ろ!」が大流行し、
社会現象にもなった。
さらに、「バカ殿様」は
86年からフジテレビ系で
特番化され現在まで続く
名物番組となった。
85年に「全員集合」が終了後、
加藤と
「加トちゃんケンちゃん
 ごきげんテレビ」、
87年からはフジテレビ系
「志村けんのだいじょうぶだぁ」が
スタートするなど、日本のお笑い界の
代表的な存在となった。
私生活では独身を貫く一方で、
プレイボーイとして、たびたび
週刊誌などを賑わせた。

◆志村けん(しむら・けん)
本名・志村康徳 
1950年(昭25)2月20日、
東京・東村山市生まれ。
ザ・ドリフターズの付き人を
経て、74年、正式メンバーに。
TBS系「8時だヨ!全員集合」で
「東村山音頭」のギャグで
ブレーク。
加藤茶との「ひげダンス」、
「カラスの勝手でしょ」
「アイーン」など次々に
ギャグを生む。
主なキャラクターは
「バカ殿様」
「変なおじさん」
「ひとみばあさん」など。
166センチ、血液型A。
◆ザ・ドリフターズ 
64年にいかりや長介さん
(04年死去)をリーダーに
したコミックバンドとして
誕生。
他のメンバーは加藤茶、
荒井注さん(00年死去)、
高木ブー、仲本工事。
66年にザ・ビートルズの
日本武道館公演の前座を
務めた。
74年に荒井さんが抜けて
志村けんが加入。
69年にTBS系
「8時だヨ!全員集合」が
放送開始。77年に
フジテレビ系
「ドリフの大爆笑」が
スタートし、
コントグループとしても
国民的人気となった。70年に
「ドリフのズンドコ節」が
ミリオンヒット。
ほかに「いい湯だな」
「ミヨちゃん」
「誰かさんと誰かさん」
などの代表曲がある。
(日刊スポーツ3/30 10:;12)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。