2020年03月30日

こまめに外出するわが国の高齢者は元気過ぎるのか

‘20年3月30日(月)

○高齢者や既往症のある人
米ジョンズ・ホプキンズ大の
集計によると、新型コロナウイルス
感染症による死者が28日、
世界全体で3万人を超えた。
20日に1万人を超え、25日には
倍増して2万人を上回ったばかり。
感染者も65万人を超え、
世界的大流行は依然として
続いている。
各国発表によると、死者が
群を抜いて多いのは1万23人の
イタリアで、5690人のスペインが
続く。両国で世界全体の死者の
約半数を占める。
いずれも平均寿命が約83歳と
世界でも屈指の高さで、
高齢化社会を新型コロナが直撃
している。

新型コロナ感染症は高齢者や
既往歴がある人ほど、重症化
しやすいことが分かっている。
【ジュネーブ共同】(共同通信社3/29 05:50)
 
○おばあちゃんの原宿巣鴨
「おばあちゃんの原宿」といわれる
巣鴨地蔵通り商店街(東京都豊島区)では、
臨時休業する店が相次ぎ、
普段の週末より少ないものの、
人通りは絶えなかった。

野菜を買いに訪れたという
近所の女性(78)は
「外出自粛中なので、
 『人に見られると恥ずかしい』と
 思いながら家を出てきたが、
 意外と人がいた」と拍子抜けした様子。
娘と2人で板橋区から来たという
女性(82)は
「池袋に買い物に行ったけれど
 百貨店が閉まっていたので」と話し、
散歩を楽しんでいた。

商店街の洋食店経営者(81)は
「昨日と比べると人出は変わらない。
 要請があっても出歩く人は出歩くの
 でしょう」と複雑な表情で話していた。

■青パト呼びかけ
「皆さんの行動が感染の拡大を
 防ぐことにつながります」

板橋区の仲宿商店街では、
区の青色防犯パトロールカー(青パト)が
外出自粛を呼びかけながら走行した。
この日の商店街は買い物客で
普段の週末と変わらないにぎわい。
青パトの運転手を務めた男性(54)は
「外出自粛が浸透していない。
 広報が重要だと思った」と語った。

文京区も青パトによる巡回を実施。
スピーカーで「換気の悪い密閉空間」
「多くの人が密集」「近距離での会話」の
3条件が重なる場所を避けるよう求めた。
(読売新聞オンライン3/29 09:38)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。