2020年02月14日

じてんしゃやさんの気持ちがほっこりする話

‘20年2月14日(金)

じてんしゃにのれた

じてんしゃに
のれるようになった
じてんしゃやさんに
おれいをいわなきゃ
(米島志織ちゃん 富山市・船峅(ふなくら)保育所6歳)

お母様の添え書きによると、
すぐにお礼を言いに
いったそうです。(平田俊子)
(こどもの詩 讀賣新聞2/13 15(くらし)面)

この自転車屋さんは、
驚きのあまり、涙を浮かべて、
子どものお礼を聞いただろうか。
それともよくある話なのだろうか。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。