2020年02月10日

本当の姿が分からない中国、新型肺炎のめどは?

‘20年2月10日(月)

中国国家衛生健康委員会は9日、
肺炎を引き起こす
新型コロナウイルスによる
死者が中国本土で89人増え、
計811人になったと発表した。
2002〜03年に大流行した
重症急性呼吸器症候群(SARS)の
世界全体の死者数774人を超えた。
中国や各国は隔離や検疫による
対策を急いだが、大規模な流行を
防げず、封じ込めは難航している。

感染者も増え、
累計で3万7198人となった。
感染者のうち重症者が約6100人、
感染疑い例は2万9千人近くおり、
被害の拡大が続いている。

被害が最も深刻な湖北省では
死者が780人、感染者は
2万7100人に達した。
(共同通信社 2/9 11:08)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。