2020年02月09日

身の回りの世話は男女による適性が残念だが異なる

‘20年2月9日(日)

息子の嫁さんがインフルエンザに
罹った。まとわりつく子どもから
嫁さんを隔離したい。
昼間は、二人の子どもを
幼稚園と保育園へ送り出すことが
できる。

息子から支援要請の電話かあって、
早速、方向音痴の家内を連れて
関西へ。

翌日、息子がインフルエンザに
かかり、
父親にも甘えられない孫たちを
ばあば(家内)がなだめて
風呂に入れたり、添い寝で
寝かしつけたりすることに。

はあばの入浴中、じいじ(小生)が
添い寝をしようとすると、
下の孫が、それを拒絶するような
厳しい顔で、不自然に、寝室の隅で、
おもちゃの乗り物を動かしているし、
上の方は畳んだ両足の膝を抱いて、
壁に背をつけて座り、
寝室の入り口でべそをかいている。
二人はじいじと寝るのを明らかに
拒んでいる。

以前、地元の保育所で、
給食は、保母でも保父でも
与えられるが、
昼寝は、保父では寝ない、と
聞いたことがある。

男女平等などとよくいわれるが、
性差による向き不向きがあることは
考慮されているのだろうか。

因みに、この孫たちは
インフルの予防注射を受けて
いないが、罹った両親は
受けているという。

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。