2020年02月08日

日米共超党派で解決を目指す良き伝統は既に過去の遺物

‘20年2月8日(土)

米議会の上院は議長席から見て
左に共和党、右に民主党が陣取る。
間に通路がある。
意見が対立したときに
政治的な妥協を図ることを
意味する英語の表現
「通路を越えて
 手を差し伸べる」の由来である
▼敵をあしざまにののしる
トランプ大統領の就任以来、
両党には感情的な対立が目立つ。
もう慣れっこのつもりだったが、
それでも目を疑う光景だった
▼トランプ氏が上下両院合同会議で
施政方針を示す一般教書演説をした。
その直後、後ろに控えていた
野党・民主党のペロシ下院議長が
演説原稿を破り捨てた。
前段があって、トランプ氏は
演説前にペロシ氏との握手を
拒否していた。
子どものけんかである
▼日本も偉そうなことは言えない。
今国会の予算委員会審議に、
自民党の伊吹文明元衆院議長が
「品格がない」と苦言を呈したという。
野党議員を「うそつき」呼ばわりした
安倍晋三首相をたしなめ、野党にも
「非難するだけの国会では
 値打ちがない」と注文した
▼米共和、民主両党間の通路は
大河のような隔たりがある。
党議拘束が緩く、超党派で解決を
目指す良き伝統は既に過去の遺物と
化し、消え去ってしまった。
米国ばかりではない。
政治家の劣化を感じさせる出来事が
多すぎる。
政治が国民から見放される時。
それは危険な時代である。
(河北春秋 河北新報ONLINE NEWS2/8)
posted by (雑)学者 at 11:05| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。