2019年12月12日

華やかなノーベル賞の陰で小さく報道される化石賞

‘19年12月12日(木)

地球温暖化対策を話し合う
国連の会議「COP25」で、
小泉環境相が演説を行った。
NGO(非政府組織)団体は、
脱石炭についての言及が
なかったとして、
会議の期間中、2度目となる
化石賞を日本に贈った。
小泉環境相
「残念ながら、
 日本の石炭火力政策について、
 きょう新たに皆さんと
 共有することはできない」
そのうえで小泉環境相は、
自分も含め、日本では、
気候変動についてさらなる
行動が必要だと考えている人は
増えていると強調した。
「化石賞」は、NGO団体が
「対策に後ろ向きな国」を
対象に贈るもので、
小泉環境相の演説で、
石炭火力発電の今後について
具体的な言及がなかったとして、
日本が選ばれた。
日本の受賞は、COP25の期間中、
2度目となる。
(FNN.jpプライムオンライン 12/12 07:03)
posted by (雑)学者 at 10:31| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。