2019年12月05日

何かが間違っている、中村哲さんがアフガニスタンで

‘19年12月5日(木)

劇作家の井上ひさしさんは
政治や社会のあれこれを
論評するとき、かなりの辛口
だった。その人が医師の
中村哲さん(73)率いる
NGO「ペシャワール会」に
賛辞を惜しまなかったのを
思い出す
◆会は事務局を中村さんの
故郷である福岡市に置き、
30年以上にわたりパキスタンと
アフガニスタンで活動して
きた。診療所を建てたり、
干ばつで飢餓が発生した地域に
井戸や水路を造ったり・・・
◆井上さんは会計報告を見て
驚いた。経費を極限まで抑え
寄付の96.6%を現地で使って
いたからだ。
こんな偉い人がいたのかと
随筆に書いた。
<それも私たちの国、
 日本にですよ>
◆一報を聞いてまさかと
思った。アフガン東部の州で、
中村さんの乗る車が銃撃に遭い、
胸部を撃たれ亡くなった。
若き日に福岡の山岳会に同行
して現地を訪ね、貧しい医療に
触れたことが国を飛び出す
きっかけになった。
苦しむ人々に優しいまなざしを
向けただけではない。
立ち上がり、心を砕き、汗を
かいた人の澄みきった人生が
凶弾に断たれた
◆アフガン東部といえば、
砂漠の灌漑に成功し、緑地に
65万人が生活をきずく場所だ
という。なぜだ。
(編集手帳 讀賣新聞12/5)
posted by (雑)学者 at 15:24| 千葉 ☀| Comment(0) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。