2019年11月14日

やってはいけないことを教えない教育は無力である

‘19年11月14日(木)

青森県八戸市で12日夕に
小学校高学年の女子児童が
首を切りつけられ、
全治3週間のけがを負った
事件で、県警は13日、
市内の男子中学生(14)を
殺人未遂容疑で
緊急逮捕したと発表した。
中学生は
「カッターナイフを使った。
 殺すつもりだった。
 誰でもよかった」との
趣旨の供述をしており、
容疑を認めている。

発表では、中学生は12日
午後4時40分頃、
同市新井田西の路上で、
下校していた女児の首の
前部を刃物で切りつけ、
殺害しようとした疑い。
切り傷は長さ約10a、
深さが最大1aという。

捜査関係者によると、
現場付近の防犯カメラに
女児の後をつける若い男が
映っていた。
学校指定のようなリュックや
カバンを持っており、
逮捕された中学生とみられる。
また、中学生の所持品の
中から、凶器とみられる
カッターナイフが見つかった。
県警は中学生も
下校途中だったとみている。

女児は、後ろから来た
面識のない男にいきなり
切りつけられたと話しており、
県警は、容疑者の服装に
関する女児の証言や、
防犯カメラ映像を基に
12日夜、中学生を市内で
発見、緊急逮捕した。
刑法や少年法は、
刑事処分の対象を14歳以上と
規定している。

八戸市教育委員会は
13日午後に記者会見して、
女児が病院で順調に回復し、
面会した小学校の担任と
笑顔で話しているものの、
大事を取って週末まで入院
することを明らかにした。
一方、逮捕された中学生は
運動部所属で入学以来、
目立ったトラブルは確認
されていないという。
市教委は、小中学校で児童、
生徒の不安を解消するため、
臨床心理士による
カウンセリングを行う方針。
(讀賣新聞11/14 35(社会)面)

教育関係者は自分の立場から
都合のいい事実を述べている
だけで、どうすればそういう
行為を未然に防げるのか、
状況改善に取り組む決意が
感じられない。

教育は、まず
「やってはいけないこと」を
その理由と一緒に、徹底的に
教え、それを犯すことが
人として「恥ずかしいことだ」
ということを教えなければ
ならない。

恥を教えない教育は
未完成で役に立たない。

「誰でもよかった」など
自暴自棄の甘えが感じられる
ように思う。
posted by (雑)学者 at 10:29| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。