2019年08月23日

きみよ、自分の産声を聞いたか、と長谷川龍生さん

‘19年8月23日(金)

詩人の長谷川龍生さんが
40年ほど前に書いた作品に、
むしろ高齢化社会の進んだ
今のほうが世の人の心に
染みるだろうと思われる
作品がある。
『自分の産声をきく』から
一節を引く
◆定年退職する人などへの
呼びかけだろうか。
<いじけた大人の社会の
 数十年だった/疑いぶかく
 ふくざつな人間関係の沼
 だった>。
だがそのトンネルを抜けると、
すがすがしく自分の産声をきく
世界が見えると詩はつづく。
<きみよ、自分の産声を
 きいたか>と
◆中年を迎えて再デビュー
した詩人ならではの
問いかけだろう。
長谷川さんが91歳で亡く
なった。
人生は決して平坦では
なかった
◆大阪に生れ、文学者を
めざすも、病気や貧困から
進学をあきらめ、放浪の
旅に出たりしながら詩作を
つづけた。才能にまず
一目置いたのは大手の
広告会社だった。
スカウトされ、長くコピー
ライターとして活躍し、
ニッカウヰスキー
「髭おじさん」などを
手掛けた
◆詩作で数々の賞を受ける
のはその後のことで、
新人になった気でやり直した
という。
<自分の産声をきいたか>。
この希望に満ちた言葉は、
ご自身への励ましでもあった
だろう。
(編集手帳 讀賣新聞8/22)

参考
長谷川 龍生
(’28/6/19〜‘19/8/20)
日本ペンクラブ名誉会員。
元日本現代詩人会会長。
前大阪文学学校校長。
「歴程」同人。(Wikipedia)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | お悔やみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。