2019年08月18日

亡くなった人の非は責めない国だが靖国神社の複雑な訳

‘19年8月18日(日)

太平洋戦争を主導した
首相東条英機は戦争は
精神力の勝負だと考えて
いた。元秘書官が
現代史研究家保阪正康
さんに証言している。
現実の裏付けのない
精神論を、保阪さんは
「これほどひどい
 非知性的な発言はない」
と著書に記している
▼昭和天皇は1975年を
最後に靖国神社に
参拝しなくなった。
東条らA級戦犯を
合祀(ごうし)したからだ。
2006年に公になった
元側近のメモに、不快感を
示したとある
▼靖国神社が昨年秋、当時の
天皇陛下(現上皇さま)に
19年の神社創立150年に
合わせた参拝を求める異例の
「行幸(ぎょうこう)請願」を
宮内庁にしていたことが
分かった。
宮内庁は代替わりを控え
多忙などを理由に検討
そのものを見送り、
靖国側も断念した
▼靖国神社の前身
「東京招魂(しょうこん)社」は
戊辰戦争の
新政府軍戦死者らを
弔う明治天皇の意向で
建てられた。
戦没者らの慰霊、顕彰を
担う中心は天皇本人だが、
不参拝が続く。靖国側は
「平成の御代(みよ)
 うちに天皇陛下の参拝を」
と焦っていたという
▼無謀な戦争に導いた
責任者と戦没者が一緒に
祭られることに違和感を
持つのは遺族ばかりでは
ない。合祀で靖国神社は
自縄自縛に陥った。
宗教法人の靖国への公人
参拝は政教分離の問題も
ある。戦没者の慰霊は
どうあるべきか、改めて
幅広く議論する時期では
ないか。
(河北春秋 河北新報ONLINE NEWS8/16)

参考
A級戦犯
第二次世界大戦の
連合国による
ポツダム宣言基づき、
戦争犯罪に関し、
極東国際軍事裁判所
条例により有罪判決を
受けた者である。
条例では、
a.平和に対する罪、
b.(通例の)戦争犯罪、
c.人道に対する罪の
3つの罪が記載されたが、
英語原文でこれらが
abc順になっているため、
項目aの平和に対する罪で
訴追された者を
「A級戦犯」と呼ぶ。
(Wikipedia)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。