2019年07月31日

暑気中たりという言葉はあった、熱中症は今の言葉だ

'19年7月31日(水)

徳川幕府の3代将軍、
家光の乳母となり、大奥を
支配した春日局は、厳しい
残暑の最中に65歳で急死
した。精神科医の和田秀樹
さんは、加齢により
体温調節機能が低下し、
臓器細胞が障害を受けて
死に至ったと診断する。
つまり死因は、今でいう
熱中症だった
(『日本史100人のカルテ』)
▼「夏月、もっとも保養
すべし」。貝原益軒は
健康指南の書『養生訓』で、
警告している。
江戸時代中期にはすでに、
熱中症の存在は知られて
おり、中暑(ちゅうしょ)
霍乱(かくらん)という
言葉が当てられていた
▼当時の人々は、
米こうじを原料とする
甘酒を熱くして飲んで
保養に努めていた。
甘酒が俳句で夏の季語と
なっているのはこのためだ。
最近では、糖分とアミノ酸、
ビタミンがバランス良く
含まれた健康飲料として、
みそメーカーなどが
新製品を次々に発表している。
江戸時代の知恵を生かした
熱中症対策というわけだ
▼うんざりするほど
長かった日照不足の日々が
終わると、いきなり真夏の
太陽が日本列島に照りつけて
きた。昨日(29日)ようやく
梅雨明けした関東では、
今年一番の暑さを記録した。
他の多くの地域でも、
35度以上の猛暑日となった。
急激な変化に体がついて
ゆけず、不調を訴える人も
少なくないだろう
▼実は熱中症で亡くなった
とされる有名人が
古代ギリシャにもいた。
七賢人の一人であるタレス
である。紀元前546年ごろ、
五輪を観戦中に急死した。
「万物の起源は水である」。
熱中症の脱水症状で
苦しんだ可能性がある
哲学者が残した、有名な
言葉である
▼東京五輪・パラリン
ピックは来年の今頃、酷暑の
なかで行われる。国の内外
から訪れるたくさんの人々の
命を守るために、熱中症に
ついて、今から万全の対策を
立てておく必要がある。
(産経抄 産経新聞7/30)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。