2019年07月21日

ことわざが教える人の乱れは、社会の乱れにつながる

'19年7月21日(日)


ことわざ集で出だしが人で
始まるものを拾ってみる。

人垢は身につかぬ
どんな大泥棒でも盗みに
よって大金持ちになった
ためしはない。
他人から盗みとった物は
その時一時は自分のものに
なっても、いつまでも
自分のものにはなって
いないということ。

人必ず自ら侮りて
 然る後に人これを侮る

あまり謙遜してはいけない
ということで、自分をひげ
して自分をあなどると、
必ず世人からもあなどりを
受けるようになる。

人屑と縄屑は余らぬ
人には有能な者と無能な
者があるが、それぞれの
仕事にふり向けられるもの
だから余ってじゃまだと
いうことはない。
(新国語研究会編
 ことわざ辞典 緑樹出版)


最初のことわざは、
お金は自分で苦労して
稼いだものでなくては
ならないと言っている。
第一、被害者が出る。
万引きやひったくりも
詐欺も人を困らせていい
わけがない。

二番目のことわざは、
自分を謙遜し過ぎても
よくないと言っている。

謙遜を戒めているので
あって、過大評価を勧めて
いるわけではない。
昨今、権利の主張ばかりが
目立つが、主張する権利が
あれば、何をしてもいい
ということではない。

最後のことわざは、
誰にも使い途はあるものだ
と言っている。
そのためには、誰もが
仕事にありつける社会的な
システムが要るように想う。
昔は誰かが世話をした。
昨今、個人と社会との
関わりが減っている。
社会から孤立すると自分の
視野が狭いことにも
意見を言う人がなくて
気がつかない。

先のことわざ集に
人こそ人の鑑、というのも
ある。その解説は次のよう
になっている。
自分の行いを改めるには、
他人を手本にするのが一番
よい。
他人の言動を反省の材料に
して、姿を映す鏡にたとえた
言葉である。

人口が減少しているのに
諍いが増えている。
生き物は新しい世代を残して
寿命を迎える。
子どもを育てることが
“主”で自分を人生で満足
させるのは“従”である。
したがって、子どもに
苦労をかける離婚は
好ましくない。
子は鎹(かすがい)
ということわざも載って
いる。
子に対する愛情によって、
仲の悪い夫婦のあいだも
融和せられ、夫婦の縁が
つなぎ保たれる、と解説
されている。

虐待は生き物としての
本能さえ損なわれた
危機的な状態である。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。