2019年07月16日

「申し上げます」という敬語を繰り返さない日本語術

'19年7月16日(火)

仕事のメールを
書いていると、
同じことばの繰り返しに
なって困ることが
あります。

「ご連絡いただき
 感謝申し上げます。
 お問い合わせの件に
 つきましては、
 後日改めて
 ご連絡申し上げます。
 何とぞよろしく
 お願い申し上げます」

短い文面に「ご連絡」が
2回、「申し上げます」が
3回出てきます。
「ご連絡」は「ご返信」
などに言い換えるとして、
厄介なのは
「申し上げます」です。
敬語の語尾なので、
そう簡単に省くわけには
いきません。

いや、待てよ、
「申し上げます」は
「いたします」に
言い換えてもいい
のでは――
そう考える人も多い
はずです。
なるほど、
「感謝いたします」
「ご連絡いたします」
「お願いいたします」
とも言えそうです。
「申し上げます」と
「いたします」を、
適当に織り交ぜて書けば、
変化が出ていいんじゃ
ないのかな・・・・・・。

それも解決策です。
ただ、「申し上げます」
「いたします」の意味は
イコールではありません。
織り交ぜて書いてもいいの
ですが、意味の違いも
押さえておく必要があり
ます。

謝罪会見のニュースで、
責任者が
「心から反省申し上げます」
と言うことがあります。
これはやや違和感があり
ます。
「申し上げます」は。
相手がある場合に使います。
たとえば「尊敬」は相手に
対する気持ちなので
「尊敬申し上げます」と
言えます。
一方、「いたします」は、
自分だけですることに
使います。
「反省」はひとり静かに
することなので、謝罪会見
では「反省申し上げます」
よりも「反省いたします」
のほうが自然です。

こう考えると、
冒頭のメールの
「感謝申し上げます」は
「感謝いたします」では
物足りません。
ここでの「感謝」は相手に
対するものです。
「感謝いたします」に
変えると、自分ひとりで
ひそかに感謝している
ようで、相手への強い
気持ちが表現できません。

それならば、「ご連絡」
「お願い」も相手に対する
ものなので、
「ご連絡いたします」とは
言いにくいのでしょうか。
いえ、これは大丈夫です。
「お(ご)〜いたします」の
形は、
「お(ご)〜申し上げます」
と同様、相手がある場合に
使うのです。
ただ、
「お(ご)〜いたします」
よりも
「お(ご)〜申し上げます」
のほうが深い敬意を示します。
そこで、両方を織り交ぜる
なら、途中は
「ご連絡いたします」の
形にして、最後は
「お願い申し上げます」の
形で締めるのもひとつの
方法です。
(国語辞書編纂者飯間浩明
 なるほど日本語術
 PHPNo.854 ‘19/7)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。