2018年11月09日

日本の政治家が羨ましがる言論自由のトランプ大統領

'18年11月9日(金)
[自己主張] ブログ村キーワード

自己主張をして譲らない
国民気質を揶揄するジョーク
だという。
<アメリカ人が二人集まると、
 三つのいさかいと、四つの
 正義が生まれる>
◆ルポライターの早坂隆さんの
著書から引いた。
とかく争いごとを好み、争いが
生じたら生じたで、相手を屈服
させるために正義の主張も
増えていく。結局、人数の
倍もの正義が語られるところが
ミソだろう
◆2大政党が議席を争う中間選挙
ともなれば、飛び交う正義は
数え切れない。
そのうちトランプ大統領が
口にしてきた正義には、民意が
歯止めをかけたと言えよう。
下院で野党・民主党が過半数を
奪い返した
◆争点の中で移民問題は折も折、
中米ホンジュラスなどから
米国移住をめざす集団の
“実況中継”とともに論じられた。
家族連れが目立つ。
治安の悪化や貧困から逃れ
何千`も歩き続ける5000人の
民である。
大統領いわく「侵略だ」
「犯罪者やテロリストが
 混ざっている」。
この発言をどれほど多くの
人が正義と受け止めただろう?
この件も、過半数割れだと
ホッとする
◆次の信任投票はむろん、
2年後の大統領選である。
いい正義が倍になっていると
いい。
(編集手帳 讀賣新聞11/8)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。