2018年10月30日

北朝鮮の核開発技術は日本から持ち出された

'18年10月30日(火)
[天然ウラン] ブログ村キーワード

在日本朝鮮人総連合会
(朝鮮総連)系の
貿易会社が、北朝鮮側と
合弁会社を立ち上げ、
レアアース(希土類)の
抽出などの開発技術を
長期間、北朝鮮に
持ち出していた疑いが
あることが分かった。
レアアースの採掘、処理の
過程では天然ウランなど
放射性物質の抽出も可能で、
実質的に核開発の基本技術が
日本から持ち出されていた
形だ。

国連安全保障理事会は
昨年9月、北朝鮮企業や
政府機関などとの
「合弁」を禁止する決議を
採択。
事業の開始時期と無関係に、
未承認で稼働しているものは
全て対象となり、
制裁破りに当たる可能性が
ある。

政府関係者によると、
貿易会社は
「国際トレーディング」
(東京都文京区)。
登記簿上は昭和62年に
会社成立し、平成19年に
解散しているが、
活動が完全に終了したか
どうかは確認されていない。

北朝鮮側の資料では、
同社は、北朝鮮の
「龍岳(リョンアク)
 貿易総会社」と共同で
2000万jを出資し
「朝鮮国際化学合営会社」
(咸興(ハムフン)市)を
開いた。

朝鮮国際化学は28年の
安保理決議で、軍需産業用の
物資や資金を調達、武器を
売却し拡散していた
「朝鮮連峰(リョンボン)
 総会社」の子会社と認定。
さらに国連は朝鮮国際化学を
大量破壊兵器開発への関与の
疑いで資産を凍結し、監視
している。

これまでの
安保理北朝鮮制裁委員会や
日本政府の調査で、
国際トレーディングが
制裁対象企業の朝鮮国際化学に
出資した疑いが浮上。
日本の金融当局がさらに
調査を進めたところ、
北朝鮮企業関連の取引口座の
存在が判明したという。

企業が実質的に継続していた
としても、合弁という
制裁破りをした法人や
その関係個人に制裁を科す
ための法的根拠がなく、
過去にさかのぼった責任の
追及や実態解明は困難
という。(後略)
(産経新聞10/29 1面)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。