2018年09月15日

案内のボランティアは案内の予習がすべて

'18年9月15日(土)
[東京五輪] ブログ村キーワード

作家の遠藤周作さんは
英語が苦手だった。
にもかかわらず、
留学生の若い女性たちを
連れて東京の街を案内
したことがある
◆上野の不忍池に行くと
困ったことになった。
夜店でスズムシを売っていて
「これはなに?」
と聞かれたものの、
英語名がわからない。
ふと否定形で乗り切る技が
浮かんだという。
「これは鳥ではありません」。
何とか英語で言ってみたところ
ニッコリしたほほ笑みが
返ってきた
◆<彼女は僕を非常に 
  ウィットのある人間だと
  思ったんでしょうね>
 (『狐狸庵うちあけばなし』
  集英社文庫)。
おまけに夜店の女性からも、
何と英語のうまい人かと
尊敬のまなざしを向けられた
とか
◆来る東京五輪・パラリン
ピック大会のボランティア
募集が26日から始まる。
競技場や選手村、空港、
駅で案内をする人が
総勢11万人必要になる。
都市事情から前回リオ五輪の
規模をはるかに超える
らしい
◆応募資格に外国語が必須
とは書いていない。
二の足を踏む方がおられ
ないかと考えたとき、
亡き狐狸庵先生のほがらかな
随筆を思い出した。
先生は語学力のいかんに
よらず、いい思い出が
できたみたいである。
(編集手帳 讀賣新聞9/14)

案内ボランティアの
最も大切な仕事は
競技施設を熟知して
今、ここから
どう行けばいいかを
教えることである。

また、各種団体が
この祭典に合わせて
国際的な集まりを
企画することがある。

前回の五輪で、案内
ボランティアをした。

パキスタンの選手団から
競技会場を聞かれ、
調べていると、急いでいる
らしく、
What’s the use of your English?
(君の英語は役立たずだ)
といわれた。

若い人たちが
チャイナタウンバーに
行きたいという。
場所を教えると
Good neighborhood?
(くつろげるか?)
と聞かれた。

重量挙げが行われる
岸体育館への道順を聞いた
人は、時間があるので
ビールを飲みたいという。
夜、上機嫌で案内所の 、
前を通るので
重量挙げのことを聞くと
ずっと飲んでいたという。

高齢の日本人女性から
道を聞かれることが
最も多く、半日で
声が枯れた。

案内ボランティアとは
そういう仕事である。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。