2018年08月09日

お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの

'18年8月9日(木)
[ジャイアン] ブログ村キーワード

ジャイアンがのび太から
漫画や菓子を取り上げる
ときの“名言”をご存じの
方は多かろう。
<お前のものは俺のもの。
 俺のものも俺のもの>
◆難しい言葉でいえば、
【専横】
(わがままで横暴な
 ふるまい=広辞苑)
だろう。
最近しばしば頭をよぎる。
日本ボクシング連盟の
山根明会長は、2012年
ロンドン五輪で村田諒太
選手が決勝に進んだ際、
自分の息子にセコンドを
努めさせたという
◆息子に指導経験は
なかったらしい。
晴れがましい決勝の
舞台や輝く金メダルは
村田選手のものであって、
他の誰のものでもあるまい
◆先の“名言”がよぎった
競技はこれだけではない。
気に入らない選手を干そう
とした女子レスリング界の
重鎮、暴力まがいの
タックルを指示した
大学アメフト部監督――
選手の人生まで
「俺のもの」と
いわんばかりの専横ぶり
である
◆『ドラえもん』には
こんな一幕もある。
トラックがのび太の
ランドセルを荷台に載せ
走り去る。
ジャイアンが必死に探す。
荷台から転げ落ちたとき、
ケガも恐れず飛び込み
ナイスチャッチ。
「だってお前のものは・・・」
元祖ジャイアンの名誉の
ため記しておく。
(編集手帳 讀賣新聞8/8)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。