2018年07月10日

身内が土地を買うと腹が痛い、という韓国のことわざ

'18年7月10日(火)
[W杯] ブログ村キーワード

【韓(から)くにだより】
日本では近年、サッカー
人気が盛り上がっている
ようだ。
外から見てそう感じる。
今回のサッカー・ワールド
カップ(W杯)ロシア
大会での日本のテレビの
絶叫放送など、日本もとうとう
韓国並みになったようだ。

サッカーでは昔から韓国が
「アジアの盟主」を自任してきた。
しかし韓国では近年、野球人気が
上昇し、子供たちや若い女性の
間では
「サッカーより野球が
 カッコいい」という声を聞く。

プロ野球のスタンドは
満員なのにサッカーのKリーグは
がらがら、といった風景をよく見る。
それでも国際試合となると
盛り上がる。

そうしたせいもあるのだろうか、
今回のW杯では日韓の立ち位置が
逆転してしまった。
日本にやられたとなると韓国の
“サッカー世論”は微妙である。
国際舞台でのサッカーは
ナショナリズム(愛国心)激突の
場だが、とくに何事につけ日本を
意識すると異様に闘志を燃やす
韓国だけに、どこか
心落ち着かない展開となった。

韓国には
「身内が土地を買うと腹が痛い」
ということわざがある。
「知り合いや隣にいいことが
 あるとシャクにさわる」
という意味で日常的によく聞く
話だが、今回のW杯はまさに
そんな気分だった。

そんな欲求不満を背景に、
対ポーランド戦での日本の
時間稼ぎ作戦は
“たたきがい”があった。
この時、韓国はすでに
1次リーグ敗退が決まって
いたのだが、
韓国のテレビ中継はまるで
日本のせいで韓国が損を
したかのような雰囲気だった。
解説者の安貞桓
アン・ジョンファン
 2002年日韓共催W杯の
 時のヒーロー)は
「韓国は美しく敗退したが
 日本は醜く
 決勝トーナメントに
 進んだ」などと
ひどい嫌みをいっていた。

ところが前日の試合で、
韓国がドイツに勝っていたため
この憂さはいつの間にか
吹っ飛んだ。
「世界に衝撃」「韓国の底力」…と
大騒ぎとなり、決勝トーナメント
開始を前に帰国した韓国選手団は、
敗退にもかかわらずまるで
凱旋将軍のように歓迎された。
もう日本などどうでもよくなった。

しかし日本をめぐっては
第2幕があった。
決勝トーナメントの日本・
ベルギー戦は地上波3局
すべてが生中継したが、
試合は世論の期待(?)に反し
日本優勢の展開となった。
これではますます「腹が痛く」
なる。
「ベルギーがんばれ!」の
雰囲気ありありだった。

結果は周知のように、
後半ぎりぎりのところで
日本は2対3で逆転負け
したのだが、ベルギーが
逆転のゴールを挙げたとき、
KBSテレビの解説者は何と
「感謝(カムサ)
 ハミダ(ありがとう)!」
「感謝ハミダ!」…と
ベルギーに対する感謝を
繰り返し絶叫したのだ。

これにはさすがに視聴者も
驚いたようだ。
最大手紙「朝鮮日報」
(4日付)はスポーツ記者の
コラムで
「公営放送の偏向解説」
「日本をけなしたから
 といって韓国が強くなる
 わけではない」と
たしなめていた。

「朝鮮日報」のこの日の
1面(!)のメイン写真は、
日本チームが敗戦後、
ゴミひとつなくきれいに
片付け、ロシア語で
「スパシーバ(ありがとう)」
と書かれた感謝のカードまで
残していったロッカールームの
様子だった。
この報道には脱帽である。
(ソウル駐在客員論説委員 黒田勝弘)
(産経ニュース7/8 20:50)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。