2018年07月08日

政治に敏感な米国の首都ワシントンの住民

'18年7月8日(日)
[トランプ] ブログ村キーワード

トランプ政権が誕生してから、
早くも1年半がたとうとして
いる。
首都ワシントンの住民が
それぞれの立場で良くも悪くも
「トランプ節」に振り回され
続けると、ときには一杯飲んで
気分転換を図りたい面々の
需要を当て込んだ飲食店も、
うまい具合に出現する。

再開発が著しいショー地区に
ある鳥料理専門レストラン兼
バーの「ザ・バード」では、
トランプ政権のロシア疑惑の
解明を目指す
モラー特別検察官にちなんだ
カクテル「モスコモラー」が
人気を集めている。

中身は基本的にウオッカと
ジンジャーエールをベースに
した定番の
「モスコミュール
 (モスクワのラバの意)」
なのだが、モラー氏が
トランプ陣営の元選対本部長を
昨年10月に起訴したのに
着想を得てメニューに載せた
ところ、これを目当てに
来店する客が一気に増えた
のだそうだ。

店ではまた、政権高官が
辞任した日は午後4〜7時の
ハッピーアワーの飲み物を
一律4jに値下げする特別
サービスも実施。
バノン首席戦略官が辞任した
昨年8月18日以降、
値下げは既に8回を数える
という。

こうした店が繁盛する様子を
見ると、ここは「政治の町」
なのだと改めて実感する一方、
次に政権の誰かが辞任したら、
まずは店に駆けつけようと
不謹慎にも思ってしまったりも
するのだった。 (黒瀬悦成)
(外信コラム ポトマック通信
 産経ニュース7/6 13:11)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。