2018年06月11日

むしゃくしゃしたら、何をしてもいいのか

'18年6月11日(月)
[殺人] ブログ村キーワード

【新幹線3人殺傷】

9日午後9時45分ごろ、
JR東海道新幹線
新横浜−小田原間を走行中の
東京発新大阪行きのぞみ
265号の12号車内で、
「刃物で刺された人がいる」と
乗客から110番通報があった。
乗客の男女3人が襲われ、
小田原駅に停車した新幹線の
車内から病院に搬送されたが、
30代の男性1人が首など
複数カ所を刺されて死亡した。
ほかに26歳と27歳の女性が
頭部や肩に重傷を負ったが、
命に別条はないという。

通報で同駅に駆けつけた
神奈川県警小田原署員が
12号車内で、手などに血が
ついている男を発見。
鉈のような形状の刃物を
押収し、殺人未遂の疑いで、
氏名・年齢・住所・職業
いずれも自称の無職、
小島一朗容疑者(22)
=愛知県岡崎市蓑川町=を
現行犯逮捕した。
「殺すつもりで刺した。
 むしゃくしゃしてやった。
 誰でもよかった」などと
容疑を認めている。(後略)
(産経ニュース6/10 01:35)

世の中が乱れている。
例外的で数%の異常者の
行動とみるか、氷山の一角と
みるか見解が分かれるが、
人間としての鍛え方が
足りていない。
親は子を生むだけでなく、
身体と心をともに
育てなければならない。

生き物は身代わりを置いて
死んでいく。
身代わりは生き続ける自分で
ある。
身代わりとしての自分の
修業が足りていない。

人を殺しても
死刑になればそれで
罪を償ったと考えているの
だろうか。
自分と犠牲者を等価だと
考えるのは自分を過大に
評価している。

人間としての「しつけ」に
関与するのは親だけでは
ない。
親の手が届かないところを
補完する国の仕組みが
機能していない。

しつけに関する
父をテーマにした新聞の
投稿記事を三つほど。


厳しいしつけ げんこつも

10年前に他界した父は、
とにかくしつけに
厳しかった。
食事の時は正座は当たり前。
箸の持ち方は幼い頃から
しつけられ、
食事後に茶わんに米粒が
一粒でも残っていたら
げんこつが飛んできた。

母の料理を好き嫌いで
残すなんて、許され
なかった。
「一生懸命作ってくれた
 料理を残してよいのか。
 世界には食べたくても
 食べられない人が
 大勢いる」と。
敷居をまたぐこと、新聞
などはまたいでもだめ
だった。
今、大人でも箸の持ち方が
おかしく食事を平気で残す
人がいる。
素晴らしいしつけを受けた
と思う。
(静岡県南伊豆町)
 警備員 宇田智治さん54)


気がつけば同じ性格

父は高度成長期の
サラリーマンで、外面は
良く、必要以上に気を
使っていた。
そんな表向きの性格を、
24時間続けられるはずは
ない。
家では暗く後ろ向きな
言葉しか言わなかった。
そんな父が嫌いで、
思春期から反抗していた。

そんな父の性格を完全に
受け継いでいると
気づいたのは、他界して
二十数年後の今になってだ。
仕事で好ましくない人とは
「期間限定のお付き合い」
と割り切り、笑顔で
あいさつ、きれい好きは
良い意味で生かす。
そう思えるようになって、
ようやく感謝できるように
なった。
(東京都板橋区
 パート 野村祐子さん59)


「普通の生活のため努力」

父は長年、設備の悪い
鉄工所で下積みの仕事を
余儀なくされた。
その無念が我が子の教育に
向けられ、子ども4人は
高校に入れるのだと言って、
人の嫌がる
溶鉱炉の釜たきを10年以上
続けた。
爆発事故では九死に一生を
得た。大きなやけどを
負うことも度々だった。

私たちは、危険な仕事は
辞めるよう何度となく
言ったが、譲らなかった。
好きなお酒やたばこを控え、
家族のために我が身を
削って生きた。
教えは
「人を羨ましがらず、
 普通の生活のために
 努力せよ」だった。
(埼玉県伊奈町
 無職 照井良彦さん76)
(以上 気流 
 讀賣新聞6/10 10(投書)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。