2018年06月10日

思い出と戦っても勝てない、と脚本家内館牧子さん

'18年6月10日(日)
[プロレスラー] ブログ村キーワード
 
思い出と戦っても
勝てねえんだよ

内館牧子
脚本家(1948〜)


私の記憶に間違いが
なければ、
これはプロレスリングの
専門誌「ゴング」の
インタビューで、
プロレスラーの
武藤敬司が語った言葉で
ある。

私たちは仕事や恋愛や、
あらゆることに関し、
ややもすると思い出を
美化する。
「あの頃はよかった」とか
「あんな人とは二度と
 出会えない」とか、
つい現実と比べがちだ。

それを「後ろ向きだ」と
説教する人は多いが、
こうも鮮やかに説教がましく
なく放った一言を、
私は他に知らない。
(1999年10月号掲載)
(PHP’16/10増刊号)


参考
武藤敬司
プロレスラー。
WRESTLE-1を運営する
GENスポーツエンター
テインメント代表取締役
会長。
山梨県富士吉田市出身。
山梨県観光大使。
武藤塾塾長。
娘はタレントの武藤愛莉
(Wikipedia)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。