2018年04月15日

日本には自前の民主主義はないと隣国が笑う

'18年4月15日(日)
[デモ] ブログ村キーワード

日本で安倍政権批判の
デモにロウソクを手にした
人びとが登場したといって
韓国のマスコミが大喜びし
もてはやしている。
韓国で朴槿恵政権を
打倒した
ロウソク・デモに日本も
ならおうとしているという
のだ。

韓国では朴政権を退陣
させたロウソク・デモの後、
「これこそ民主主義の発露」
として自画自賛するあまり
「日本にはこんな素晴らしい
 民主主義はないだろう」
といって自慢し、さらには
「日本は自前で民主主義を
 実現したことのない国」
という“怪説”が流布し
はじめた。
いつも日本を引き合いに
出して怒ったり喜んだり
している国だが、今度は
「民主主義では韓国が
 日本より進んでいる」
というわけだ。

今、議論中の新憲法案では、
過去の政権打倒や政権批判
のデモの歴史を前文に盛り
込むという。
だから韓国が“デモ大国”
であることは間違いない。
ただ日本人から見れば
街頭でデモをしなければ
問題が解決しないのは、
逆に民主主義がうまく機能
していないからではないか
と思うのだが。

「日本に自前の民主主義が
 ない」というのは
米占領下の戦後のことを
いっているようだ。
しかし日本には明治維新
以降、武士が特権を放棄
した「四民平等」や
自由民権・国会開設運動、
大正デモクラシー…など
自前の民主主義の歴史は
あるんですがねえ。
(黒田勝弘)
(外信コラム ソウルからヨボセヨ
 (もしもし)
 産経ニュース1/14 11:30)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。