2018年03月14日

日本女子、スピードスケートの世界の壁を破ったか

'18年3月14日(水)    
[高木美帆] ブログ村キーワード

スピードスケートの
世界選手権第2日は10日、
アムステルダムで
男女各2種目が行われ、
女子は平昌五輪で金、銀、
銅メダルを獲得した
高木美帆(日体大助手)が
4種目合計166.905点とし、
男女を通じて日本勢で
初めて総合優勝を果た
した。

前半首位の高木美は
1500bで1分58秒82を
マークして1位。
トップで迎えた
最終種目の5000bは
4位に踏みとどまって
逃げ切った。
過去6度優勝のイレイン・
ブスト(オランダ)が
総合2位。(略)

この大会で日本勢は過去、
1990年に女子の橋本聖子、
95年と97年に男子の
白幡圭史がいずれも2位に
入ったのが最高だった。
(略)

女子5000bの終盤。
高木美は
「絶対に最後まで
 足を止めない」と
自らに言い聞かせ、
安定したラップを刻んで
ブストの背中を追った。
1位の相手と3秒08差で
ゴールすると総合優勝を
確信し、両手を突き上げて
喜びを爆発させた。

同じくブストと同走だった
1500bでは序盤に
スピードに乗り、平昌五輪
金メダリストのライバルを
0秒07差で破った。
これで最終種目の
5000bには、2位ブストに
タイム換算で11秒61の
リードを持って臨めた。
気持の余裕を安定感に
つなげ、前日からトップを
守り抜いた。

昨年の大会は前半の1位を
守れず
総合3位にとどまったが、
今回は3000bで2位に
入り、今季一度も滑って
いなかった5000bでも
4位と踏ん張った。

オールラウンドの世界一を
決める伝統の大会は、
日本選手が優勝したことは
なかった。
90年前に夏季五輪を開催
したスタジアムの屋外特設
リンクには、競技を愛する
オランダ人を中心に
2万4000人が押し寄せ、
新たな女王の誕生を祝福
した。

体格に恵まれた欧州勢が
タイトルを
ほぼ独占してきた大会。
前日に続いて雨が降る
難しい状況の中、
身長1b64の高木美が
本場オランダ勢の分厚い
壁を破り、歴史に名を
刻んだ。
「記憶にずっと残る大会に
 なった」。
金、銀、銅メダルを手にした
平昌五輪とは、また違う
達成感があった。(時事)

引退のブスト
「ミホは最強」


過去6度優勝したブストは
高木美に敗れ、総合2位に
とどまった。
「ミホにとって素晴らしい
 大会になった。
 ここで勝つのが最強の
 スケーター」と
新たな女王をたたえた。
今季限りでの引退を公言
している31歳。
地元オランダで行われた
自身最後の世界選手権で
悔しさを味わったが、
ファンとの別れを惜しむ
ように最後まで笑顔を
振りまいた。(時事)

五輪「金」以上の価値

世界スピード選手権の
タイトルは、
オリンピックの金メダル
以上に重く、価値が高い
といえる。

冬季五輪が始まったのは
1924年の仏シャモニー大会
だが、この世界スピードは、
1893年(明治26年)の
アムステルダム大会に
遡る。
当初は男子だけの大会
だったが、1936年から
女子にも門戸が開かれた。
54年には欧米以外で初めて
札幌で開催された。

五輪方式の世界距離別
選手権は96年、500と
1000bの世界スプリント
選手権も70年が、第1回
大会だ。
歴史的な重みが全く違う。
単に世界選手権と呼ぶ時は
500から1万b
(女子は5000b)までの
総合力が問われる
オールラウンダーのこの
大会を指す。

125年ぶりの
アムステルダム大会は、
陸上の三段跳びで
織田幹雄が日本人初の
五輪金メダルに輝いた
競技場を特設リンクとして
活用した。
記念大会で日本選手が
欧米にくさびを打ち込んだ
ことは意義深い。
(編集委員 三木修司)
(讀賣新聞3/12 
 26(スポーツ)面)


参考 
採点方法
男子は500m・5000m・
1500m・10000m、
女子は500m・3000m・
1500m・5000mの
それぞれ4種目を滑り、
タイムを得点に
換算した合計ポイントで
総合順位を争う。
その場合の得点は、
500mがタイムそのまま、
それ以外の距離では
タイムを500mに換算
(たとえば5000mならば
 タイム÷10)した
ものとなり、
合計ポイントが
少ない者が上位となる。
最終種目に進めるのは
男女とも12名で、
3種目までの成績により
選抜される。(Wikipedia)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。