2017年12月07日

日本から日本人のできる仕事がなくなるのでは?

'17年12月7日(木)    
[韓国] ブログ村キーワード

先日、2日半の間に、
3人の韓国人から似たような
話を聞いた。
子息や親戚が日本の大学に
進学するとか、
日本で就職するとかの話だ。
韓国紙の経理担当の男性は、
東京の有名な私立大学に
留学中のめいが来春、
日本のコンサルタント企業に
入社すると言っていた。

また、東京に3年間
赴任していた男性は最近、
高校に通う娘らを日本に
残し韓国に帰国。
本人の希望もあり、
娘を日本の大学に進学させ、
いずれ日本企業に就職させ
たいという。
息子が日本人女性と結婚し
ソウルに住んでいたが、
日本に引っ越し、
今は東京で働いているという
話も耳にした。

ソウルの日本大使館によると
昨年、韓国人に発給された
就業査証(ビザ)は
1万1千件を超え、
6、7年前よりも3、4倍に
増加。留学ビザも
6500件超で過去最高水準
という。今年はさらに
増えそうだ。
ノービザによる訪日韓国人
観光客の数が史上最高を
更新し続ける昨今、
筆者が立て続けに聞いた
話は偶然ではないようだ。

背景には、
空前の日本ブームだけでは
なく、韓国での就職難、
若年世代が条件のいい職に
ありつけないという現実が
ある。
話をしてくれた3人も
それを認めていた。
歴史認識などで
日本には厳しい韓国だが、
困ったときに
頼りにするのも日本。
実に都合のいい隣国でも
あるようだ。(名村隆寛)
(外信コラム ソウルから
 ヨボセヨ(もしもし)
 産経新聞12/6 11(国際)面)

取り壊し予定のおんぼろ
宿舎を見下ろすように、
隣地にマンションが建った。
「あなたも勉強しないと
 あんなおうちに
 住むようになるんですよ」。

駅のホームの下で
線路の保守をしている
作業員がいた。
「あなたも勉強しないと
 あんな仕事をするように
 なるんですよ」。

いずれも母親が子供の
しつけに口にした言葉で
ある。
有効求人倍率が1を超える
昨今だが、
3K(きつい、きたない、危険)
職には、外国人労働者が
就いている。
留学生が就活すれば
勉強しないわが国の学生は
就職できない。

3K職のはるか下に
親の年金をあてにして
同居を続ける
「年金パラサイト」
という暮らしがある。

それに3K職の中には、
実入りのいい職業が
あるはずである。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。