2017年11月15日

人生の目的は自分を燃やして周りを明るくすること

'17年11月15日(水)
[選考] ブログ村キーワード

「シュタイセイって
 どういう意味ですか?」

私が大学で教える自己分析の
講座で、
企業が選考で重視する点に
ついて説明していたところ、
女子学生が質問してきました。

経団連が毎年、会員企業に
聞いている調査によると、
選考で学生に求めるのは、
「コミュニケーション能力」、
「主体性」、「協調性」、
「チャレンジ精神」などが
上位を占めると話していた
ときでした。

思わぬ質問を受けて
一瞬驚きました。
この学生には耳慣れない
言葉だったのでしょう。
主体性とは、人に流される
のではなく、自ら考え、
行動していく態度のことです。

私は、「協調性」も漢字で示し、
「『強調性』ではなく、
 チームワークがとれる人の
 意味ですと」と伝えました。

自分の長所を挙げてください
というと、
「短所はわかるが、
 長所は挙げられない」
という学生がかなりいます。

謙虚と解釈することも
できますが、
社会に長所と認められる
自分の特性を把握できない
だけなのかもしれません。

言葉の意味をきちんと理解
すれば、どんな人物が
求めらているのか、そして、
学生時代に磨いたほうが良い
能力などが見えてきます。
(キャリアコンサルタント
 上田昌美の新女子ナビ
 讀賣新聞11/14
 19(くらし 教育)面)

人として、主体性と強調性
という相反する要素を
求められると、主体性は
二の次にする。
しかし、何をしたら
評価をえられるのかと
考えると、主体性の大切さに
気がつく。

人生の目的は何か、
と問われるとなかなか
答えられないが、
何のために生まれてきたか、
という問いには
社会のために尽くす、
という答えがあるのに
似ている。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。