2017年11月11日

インドよ、あなたもか? 殺人的大気汚染が深刻化

'17年11月11(土)
[インド] ブログ村キーワード

インドの首都ニューデリーで
大気汚染が深刻化している。
デリー首都圏
(州に相当)政府は域内の
全学校を11日まで休校とし、
13日から5日間、
自家用車の走行を規制すると
決めた。

市内は9日、濃いスモッグが
たちこめ、
数百b先の建物が見えなく
なるほど視界が悪化した。
地元テレビは「殺人大気」
「市内がガス室に」などと
報じた。

ニューデリーの大気汚染は
車の排ガスや焼き畑などの
影響で世界最悪レベルとされ、
空気が滞留しやすい
秋から冬にかけて特に深刻化
する。
8日には、発がん性のある
微小粒子状物質(PM2.5)の
濃度が1平方bあたり
最大で1000㍃・cを記録
した地点があった。
世界保健機関(WHO)は
PM2.5について
1日平均で同25㍃・cの
基準
を定めており、基準値の
40倍にあたる。
9日も各地で同700㍃・cを
超えた。

英医学誌「ランセット」の
研究者委員会が10月に
発表した報告書によると、
世界中で2015年に
大気汚染が原因で死亡した
人は推計650万人で、
このうちインドは
最多の180万人に上ると
いう。
【ニューデリー=田尾茂樹】
(讀賣新聞11/10 9(国際)面)

posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。