2017年05月31日

人目を憚らない熊と北朝鮮、内と外でわが国を脅かす

'17年5月31日(水)
[北朝鮮] ブログ村キーワード

「バカボンのパパ」
「レレレのおじさん」…。
赤塚不二夫さん原作の
マンガ『天才バカボン』の
最大の魅力は、登場人物の
強烈なキャラクターである。
昭和50年に
テレビアニメ化するに
あたって、
プロデューサーの
楠部(くすべ)三吉郎さんは、
「本官さん」に注目した

▼何かといえば拳銃を
ぶっ放す、物騒なお巡りさん
である。赤塚さんの父親は、
旧満州で警官を務めていた。
楠部さんは「本官さん」を
けっして悪役にしないように、
スタッフに命じた。
実際アニメでは、一度も
銃を人に向けていない
(『「ドラえもん」への感謝状』)

▼北朝鮮がまたもや
弾道ミサイルを発射した。
今年に入って9回目となる
ミサイルは、
日本海のEEZ内に落下した。
近くで漁船が操業していたら、
あるいはタンカーなどが
航行していたらと想像すると、
ぞっとする。
日本政府が厳重に
抗議するのは当然である。

▼先進7カ国(G7)首脳
会議でも、北朝鮮問題を
「新たな段階の脅威」と
位置づける宣言を採択した。
米太平洋艦隊は、
朝鮮半島周辺に
2隻の空母を展開中である。
もっとも、国際社会の悪役
として完全に開き直った
北朝鮮は、強気の姿勢を
崩さない

▼先週27日、秋田県
仙北市の山林で、
タケノコ採りをしていた
61歳の女性が、熊に
襲われて死亡した。
女性は熊よけの鈴を
携帯していたという。
県内では昨年、熊が
人を食物と認識して
襲う被害もあった。
人を恐れなくなった
熊は
ますます凶暴化する

▼北朝鮮もまた、
今後ミサイル開発を
加速させ、
牙をむき出しにして
いく。
これまでのような
生ぬるい制裁では、
まったく
抑止効果が上がらない。
石油の禁輸を徹底する
ぐらいの強烈な圧力を
かけないと、行き着く
先は、日本に向けての
攻撃である。
(産経抄 産経新聞5/30)

有害鳥獣の捕獲期間
なので、山に入るときは
目立つ服装でと
市の防災無線で放送が
あった。
日常的な被害は
カラスによるゴミ集積場
荒らしである。

菩提寺の役員だったころ
寺の縁の下に
罠を仕掛けてハクビシンを
11頭捕獲したことがある。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック