2017年05月05日

老夫婦のゴールデンウイークは来週末に始まるのだ

'17年5月5日(金)
[鉄道] ブログ村キーワード

4月末に訪れた
青森・弘前城は、
約2600本の桜が見頃を
迎えていた。
<季節になれば、堀も石垣も、
 天女が舞い降りたように、
 桜の羅衣(うすごろも)
 なる>
(司馬遼太郎著
 『街道をゆく』朝日文庫)

といった情景であった
◆大型連休中に、東北地方
などで鉄道各社が工夫を
凝らした豪華な観光列車が
走る。
鉄道黎明期の1900年頃には、
既に仙台のホテルの主人が
鉄道会社にもちかけて、
東京から松島に観光客を
誘致する「回遊列車」を
実現している
◆「日本鉄道史」
(老川慶喜著、中公新書)
によれば、250人の
団体旅行客を乗せた列車は、
3食と酒が付き、
扇子で乗客をあおぐ
サービスもあったという
◆東京や京都などを回る
「ゴールデンルート」から
外れて、あまり知られて
いない地方に足を向ける
訪日外国人も増えている
ようだ。本紙でも、
会津や日光などの観光地を
ダイヤの形に結んで
「ダイヤモンドルート」
としてPRする試みが紹介
されていた
◆弘前城から見えた
雪の残る岩木山は
<気高さのきわみのように
 しずかに裾をひいていた>。
様々に知恵を絞り、
観光立国として裾野を
さらに広げていきたい。
(編集手帳 讀賣新聞5/4)

来週、老妻と山陰、山陽へ
2泊3日のツアーに出る。

気の毒なことに、
少子高齢のご時世だから
鉄道会社や旅行会社の企画は
「攻め」ではなく
以前の売上を維持するための
「守り」の企画のような
気がしてならない。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック