2017年04月30日

右のポッケの夢を握りしめて、生きるのです

'17年4月30日(日)    
[美空ひばり] ブログ村キーワード

母を亡くした靴磨きの
少女を13歳の美空ひばり
さんが演じた。
1950年(昭和25年)に
封切られた映画
『東京キッド』である。
♪ 右のポッケにゃ夢が
 ある/左のポッケにゃ
 チュウインガム・・・
◆同名の主題歌に当時、
生活に追われる身を
励まされた人は多かろう。
<敗戦の焦土が誕生させた
 突然変異の生命体で、
 しかも人を救う使命を
 帯びていた>
(岩波新書
 『愛すべき名歌たち』)。
ひばりさんをそう評した
のは作詞家の阿久悠さん
である
◆激動の昭和が幕を
おろした年、
使命を果たしたかのように、
「昭和の歌姫」は52歳で
逝った
◆5月はひばりさんの
誕生月で、まもなく生誕
80年を迎える・・・と
書きかけて、ふと筆が
止まる。
80歳は老いの入り口ほどの
年齢である。早すぎる死が、
いまさらながら
惜しまれてならない
◆小池光さんの歌がある。
<まばたきの間のごとく
 美空ひばりなき十三年は
 過ぎたりしおもふ>。
歌からさらに時は流れ、
“まばたきの間”の
二十八年が過ぎようと
している。
左のポッケは豊富な
品々で膨らんだ。
右のポッケにあった
夢は、さて。
遠い日の歌声が問いかける
「昭和の日」である。
(編集手帳 讀賣新聞4/29)

1989年は昭和64年、と
平成元年である。
美空ひばりが亡くなった
1989年から今年は
28年経っている。

参考
 昭和の日
  国民の祝日の一つ。
  4月 29日。
  昭和天皇の誕生日で
  あったが、1989年の
  死去に伴いみどりの日
  として制定された。
  2007年
  国民の祝日に関する
  法律の改正によって、
  みどりの日は5月4日に
  変更され,4月 29日は
  新たに昭和の日となった。
  「激動の日々を経て、
   復興を遂げた昭和の
   時代を顧み,
   国の将来に思いを
   いたす」ことをその
  趣旨としている。
  (ブリタニカ国際大百科事典)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック