2017年04月29日

ポピュリズムは外国に世論を操作される恐れもある

'17年4月29日(土)
[サイバー攻撃] ブログ村キーワード

在米仏人 悩ましい選択
先週末の在ニューヨーク
仏総領事館では、多くの
仏人が出入りしていた。
仏大統領選第1回投票の
在外投票が実施されて
いたのだ。

ニューヨークに住む仏人
には、保守かつ
国際主義者が多い。
多くが銀行や企業の駐在員
として住んでいるのだが、
重税や手厚すぎる社会保障
制度など、母国の
「大きな政府」主義的な
政策に嫌気がさして、
米国に帰化する仏人もいる。

そんな在米仏人にとって、
第1回投票は悩ましい
選択だったようだ。
事前予想で、保守が支持
するフィヨン元首相は
決選投票に残る可能性が
低く、仮に
残ったとしても、
相手が中道のマクロン
前経済相、または
急進左派のメランション
左翼党共同党首
だったら、勝てる見込みが
なかった。

在外投票したソフィーさん
(仮名)によると、
「消去法で
 マクロン氏に入れた
 保守系が多い」。
理由を聞くと、
「決選投票で国民戦線の
 ルペン氏、または
 メランション氏に
 勝てそうだったのは、
 マクロン氏だけだから」
(同)。

結果、第1回投票では
マクロン氏が勝利したが、
同氏は年金制度の
見直しに消極的で、
フィヨン氏に比べると
政策はリベラル色が強い。
「複雑な心境だが、
 孤立主義者が大統領に
 なるという保守系の
 悪夢が避けられるの
 なら…」と
ソフィーさんは安堵の
表情を浮かべていた。
(松浦肇)
(外信コラム アイ・ラブ・
 ニューヨーク
 産経新聞4/28 9(国際)面)


サイバー攻撃
フランス大統領選で
決選投票に進んだマクロン
前経済相に対し、
ロシア政府が関係すると
されるハッカー集団が
サイバー攻撃をしかけた
ことが26日、
情報セキュリティ企業の
報告書で明らかになった。

報告書は、
東京に拠点を置く
「トレンドマイクロ」が
発表。
このハッカー集団は
「ポーン・ストーム」と
呼ばれ、ロイター通信に
よると、ロシア軍の
諜報機関
「参謀本部情報総局」
(GRU)と関連があると
される。

トレンドマイクロの
担当者は産経新聞に対し、
今年3月15日から4月
17日にかけて、
電子メールの
フィッシングや
選挙サイトへのマルウェア
攻撃などを仕掛けた証拠を
発見したと明らかにした。
その上で、
マクロン陣営への攻撃は
「電子指紋データから、
 昨年11月の米大統領選
 での民主党の
 クリントン陣営への
 攻撃と関連があると
 みられる」と述べた。

マクロン陣営の幹部は
今年2月、国営テレビで
陣営が数百回のサイバー
攻撃を受けたと述べた
上で、
「攻撃はロシア領内から
 行われた」と主張した。

大統領選では、
マクロン氏とともに
決選投票に進出した極右
「国民戦線」のルペン候補、
中道右派「共和党」の
フィヨン元首相が、
対露関係の修復を主張
していた。
【パリ=三井美奈】
(同紙 同面)


参考
 マルウェア
  悪意を持ったソフト
  ウェアの総称。
  コンピュータ・ウイルス、
  ワーム、スパイウェア
  などがある。
  “mal−”は「悪の」
  という接頭辞であり、
  それにソフトウェアの
  “ware”をつなげた
  造語である。
  (パソコン用語辞典
   技術評論社)


 電子指紋
  映像や音声などの
  コンテンツを一意に
  識別する技術。
  人間の指紋や遺伝子
  などのように
  特定のコンテンツを同定
  できる点からこのように
  呼ばれる。
  (日経テクノロジーonline)
タグ:仏 露 米
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449415358
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック