2017年03月28日

稀勢の里 君が何とかせにゃいかん、と頼られて

'17年3月28日(火)
[稀勢の里] ブログ村キーワード

大相撲春場所は26日、
大阪府立体育会館
(エディオンアリーナ
 大阪)で千秋楽を迎え、
負傷を押して強行出場した
新横綱の稀勢の里(30)
(本名・萩原寛、茨城県
 牛久市出身、田子ノ浦
 部屋)が1敗で
単独首位の大関照ノ富士に
本割と優勝決定戦で連勝し、
逆転優勝を飾った。
本割で照ノ富士を
突き落として13勝2敗で
並ぶと、決定戦は
小手投げで大関を退け、
初場所に続いて
2場所連続で賜杯を抱いた。
稀勢の里は初黒星を喫した
13日目の日馬富士戦で
左肩から腕付近を痛め、
テーピングをして出場
していた。
新横綱の賜杯獲得は、
稀勢の里の先代師匠だった
隆の里(元鳴戸親方)ら
史上8人目で、1995年
初場所の貴乃花以来
22年ぶり。
(讀賣新聞3/27 1面)

産経新聞1面コラム

元横綱武蔵丸の大関時代の
エピソードである。
本場所中に40度以上の
熱が出た。
幕内土俵入りを終えて
支度部屋に帰ったところで
力尽きる。
なんとか体を温めようと
風呂につかってから、
土俵に上がった

▼それから先の記憶が
まったくないという。
病院にいく車の中で気を
失ったらしい。
もっとも次の朝部屋で
目を覚ますと、普段通りの
稽古をやった。
「俺としては、それが
 普通だと思っていたよ」。
ノンフィクション作家の
武田葉月さんの
インタビューに答えている
(『横綱』講談社文庫)

▼大関が簡単に休場する
わけにはいかない。
まして角界の頂点にいる
横綱には、本場所興行を
成功に導く責務がある

春場所13日目の
日馬富士戦で、稀勢の里が
受けた左肩周辺の
ダメージはかなり大きそう
だった。
何より左腕は稀勢の里の
最大の武器である。
それでも新横綱は、土俵に
上がり続ける道を選んだ

▼昨日(26日)の千秋楽では、
照ノ富士の圧倒的有利との
下馬評を覆し、本割、
優勝決定戦ともに勝って、
まさかの逆転優勝である。
白鵬不在の場所で、
最後まで主役を演じ続けた

のは、やはり稀勢の里だった。
新横綱の優勝は、貴乃花
以来の22年ぶりの快挙
である

▼稀勢の里の雄姿から、
だれもが思い浮かべたのが、
その貴乃花の「鬼の形相」
だろう。
右ひざのけがを抱えながら、
平成13年夏場所で
優勝決定戦を制した。
「痛みに耐えて
 よくがんばった。
 感動した」。
表彰式で当時の小泉純一郎
首相がたたえたものだ。
敗れた武蔵丸にとっても、
忘れられない大一番である

▼ただ、貴乃花は
翌場所から7場所連続全休
となり、15年1月に引退を
余儀なくされる。
稀勢の里はここからは、
貴乃花とは別の力士人生を
歩むよう祈らずにはいられ
ない。
(産経抄 産経新聞3/27)

タイトルの川柳は、
白鵬、朝青龍、日馬富士の
モンゴル勢だけが目立った頃、
よみうり時事川柳に載った
一句
だそうである。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック