2016年09月08日

台風の被害は襲われた地域に限定されるものではない

'16年9月8日(木)
[北海道] ブログ村キーワード

NHK連続テレビ小説
「マッサン」は、
日本男児と英国人女性が
紡いだ夫婦愛の物語だった。
明治時代中期、造船業を学ぶ
ために、同じ英国の
スコットランドに留学した
川田龍吉(りょうきち)も、
現地の女性と恋に落ちる。
もっともこちらは
実らなかった。

▼川田は実業家を引退後、
北海道に渡り農場を開く。
若き日に恋人と食べた
ジャガイモ料理が懐かしく
なり、英国から原種を
取り寄せ、栽培を始めた。
味がよく、収穫量も
多いため、すぐに広まった。
これが川田の爵位に
ちなんで名付けられた
男爵イモである。

▼現在の北海道は、
ジャガイモの全国生産量の
8割を占める
日本一の産地
となった。
男爵イモを含めて、
約50種類が作付けされて
いる。その北海道を台風が
何度も襲い、大きな被害が
出ている。収穫間近だった
ジャガイモ畑は、
河川の氾濫によって
水浸しになった。

▼ポテトチップスの
原料不足が見込まれる
事態にまでなっている。
メーカー各社は、新商品の
発売延期を余儀なくされた。
JR北海道の線路が各地で
寸断され、流通網が
機能しなくなった影響も
大きい。
やはりシェア5割を誇る
タマネギ
や他の農産物も
品薄となり、市場では
高値が続いている。

▼高値といえば、
秋の味覚の代表である
サンマも、例外ではない。
相次ぐ台風のために、
漁船が出せない日が続いた。
さらに北海道周辺の
海水温が下がらないため、
サンマの群れが近づいて
こない。
北太平洋の公海では、
台湾や中国が
日本の漁船とは桁違いの
大型漁船で、サンマを
獲りまくっている。
漁獲量の回復は、当分
望めそうもない。

▼今日(7日)は
二十四節気の一つ、白露
(はくろ)である。
確かに朝晩はめっきり
涼しくなった。とはいえ
「実りの秋」の気配は、
どこにも感じられない。
(産経抄 産経新聞9/7)

雨台風といわれる
台風13号は、列島をなぞる
ように北上すると予想
されている。

因みに、北海道の鉄道貨物
輸送は、JR貨物が
JR北海道から線路を借りて
行っている。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック