2014年11月29日

中島みゆき、歌にスコッチのパンチ、紅白で歌う「麦の唄」

'14年11月29日(土)
[紅白歌合戦] ブログ村キーワード

●麦の唄

なつかしい人々
 なつかしい風景
その総てと離れても
 あなたと歩きたい
嵐吹く大地も
 嵐吹く時代も
陽射しを見上げるように
 あなたを見つめたい
麦に翼はなくても
 歌に翼があるのなら
伝えておくれ故郷へ
 ここで生きてゆくと
麦は泣き 麦は咲き
 明日(あした)へ育ってゆく


第65回NHK紅白歌合戦の
出場者が26日発表され、
連続テレビ小説
「マッサン」の主題歌
麦の唄」を歌う
中島みゆきの12年ぶりの
出場
が決まった。
中島はNHKを通じて
コメントを寄せ、
前回の経験を踏まえて
「また何かしでかさない
 ように…」などと
心境をつづった。

中島は2002年の第53回で
初出場し、人気番組
「プロジェクトX」の
主題歌だった「地上の星」を
富山県の黒部ダムで歌った。
この際、一部の歌詞を
間違えた
ことから、
中島はコメントで
「黒部の時には
 『一生の思い出だわ』と
 感激のあまり、歌詞を
 間違えました」と述懐した。
 
その上で、
「まさかの二度目出場」と
今回の出場決定を喜び、
「『来世までの思い出だわ』と、
 感激のあまり、また何か
 しでかさないように
 頑張って歌わせていただき
 ます」と抱負をコメント
した。
(時事ドットコム11/26 16:57)

声を聞かせて
歌詞が聞き取りづらい
彼女の歌は
耳の遠い高齢者には
歌の良さが充分には
伝わらない。
そこで冒頭に歌詞を
掲げてみた。

NHKの紅白出場歌手の
選定には、誰にも分かる
基準がある。
それは出場歌手のジャンルの
バランスを考慮しつつも、
視聴率を最大にしようと
いう計算である。
それに、朝ドラの好評を
受けて、彼女を登場させ、
加えて朝ドラの視聴率も
さらに上げようという
お手盛りの人選である。

それが悪いとまでは
言えないが・・・。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック