2012年12月28日

愛され続けた勘三郎さんの葬儀に万を超える参列者

'12年12月28日(金)
[中村勘三郎] ブログ村キーワード

歌舞伎俳優の中村勘三郎
さんの葬儀が27日、
東京・築地本願寺で営まれ、
著名人や関係者が2000人、
一般弔問客1万人が
参列した。

親交のあった人は大勢いる。
笑福亭鶴瓶もそのうちの
一人。


「今日(27日の葬儀
 ではない)
 お別れをしてから
 来たんです。
 この前の7月、
 勘三郎が入院する前に
 仲間内でちょっとした
 パーティーをしたんです。
 そこで、ちょっと
 驚かしたろ思ってね。
 僕はちょうど
 ブータンでの撮影から
 帰ったばかりだったから、
 ブータン国王の格好して
 行ったんです(笑)。
  
 そういう悪ふざけが
 できたのも、
 あの人やったから
 です。
 あの人だから、
 面白いことをつきつめ
 ようという思いを
 受け止めてくれたんや
 と思います。
 寂しいですよね、
 そういう人間がいなく
 なるというのは------- 」

鶴瓶は取材中に嗚咽を
漏らした。
芸を愛するがゆえの
遊び心があった。
お互いへの尊敬があった。
そして親友でありながら、
戦友でもあった。
それだけに勘三郎の無念が、
よくわかっていた。

テレビタレントとして
絶頂にいた鶴瓶は、
50歳を超えてから突然、
落語を始めた。
その新たな挑戦を応援して
くれたのが、勘三郎だった。

'07年、鶴瓶は古典落語
『らくだ』をひっさげ、
落語ツアーを行った。

東京の歌舞伎座をはじめ、
伝統ある劇場8ヵ所での
公演。
落語を始めて4年目で、
横綱のような演目を選んだ
ことに、プレッシャーが
ないはずがなかった。
笑はもらえた。
だが、自分が自分でない
かのような高座に、
納得がいかなかった。

初日の夜、鶴瓶は、
悔しくて泣いた。
しかし、歌舞伎座で観客
として高座を見ていた
勘三郎は、鶴瓶にこう
言った。
「公演前は、
 『なんであなたが
  古典落語なんか
やるの。
  そんなことしなくても、
  日常の話をするだけ
  でも十分面白い
  じゃないの』と
 反対してたんです。
 ところが見終わったら、
 良かった、と言うて
 くれて。
 『あなたがあんな
  アガっている姿

  見たことがない。
  それは、伝統に敬意を
  持っている証拠

  だから、あなたは
  古典落語をやるべき
  人だ』と。うれし
 かった。同時に、
 この人にはかなわんな、
 と思いました」

「(春風亭)小朝さんの
 落語会にゲストとして
 呼んでもらったんですよ。
 客寄せパンダでええんか
 な、と思うていたら、
 ちゃんとした落語を
 やってくれ
と。
 僕は師匠から稽古を
 つけてもらったことが
 なかったんです。

 そのころ師匠は、
 すでに亡くなって
 いました。

 それで弟子のいなかった
 桂文紅師匠に稽古を
 お願いしたんです」

(鶴瓶は高座でこう語る。) 
「僕の落語のテーマは
 “愛”なんです。
 人間はいずれは死ぬん
 ですよ。
 死ぬと思うてなくても
 死ぬんです。
 志半ばでも、持って
 行かれる。
 簡単に死んでしまう。
 短い人生なんだから、
 人を好きでいたい
 面白いことをやり
 続けたい。
 やり続けて、死にたい
 です。勘三郎も
 同じ思いだったと
 思います。
 クサいと思われるかも
 しれませんが、
 人生って、笑いって、
 愛なんですよ」
(笑福亭鶴瓶「笑いにおいで」
 取材・文/上田徹
 週刊現代'13/1/5・12抜粋)

  
  
◆桂文珍
「落語の方にも目を届けて
 くれて愛情を注いでくだ
 さって、舞台を見せて
 いただいて演じる身として
 励みをいただきました。
 あの根性の入れ方はすごい。
 全身からほとばしる
 パワー
はすごかったです。
 本当にあの人がいるだけで
 周りの人が幸せになる
 ようなお方
でした。
 せっかちというより、
 ターボがかかって
 フルパワー。
 いつも全力で駆け抜ける
 お方
でした。
 本当にありがとう
 ございました。それのみ
 です」
(ORICONSTYLE12/27 16:04)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック