2021年01月31日

中国が恐れるのは政権に不都合な事実の漏洩である

‘21年1月31日(日)

世界保健機関(WHO)の
国際調査団が本格調査を
始めた中国湖北省武漢市で、
新型コロナウイルスの
感染で家族を亡くした
遺族に対し、当局からの
圧力が強まっている。
新型コロナ対応で当局を
批判する遺族らの主張が
調査に影響する事態を
警戒しているとみられ、
今月中旬には遺族100人が
参加するSNSのチャット
グループが突然閉鎖された。

父親を亡くした男性は
「調査団は真相を知るべきだ。
 見せかけの調査は許され
 ない」として、調査団との
面会を求めている。
この男性によると、
別の遺族は当局から3000元
(約5万円)を渡され、
外国メディアの取材を
受けないよう警告を受けた
という。
【上海=南部さやか】(讀賣新聞オンラインニュース01/30 06:43)
ラベル:WHO 武漢市
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする