2021年01月06日

重箱の隅を楊子でほじくるような話で分ること

‘21年1月6日(水)

エベレストの頂上で
携帯電話は通じるか?
雑学の本に出てきそうな
問いだが、現状を調べて
驚いた
◆正解は、最先端の高速・
大容量通信「5G」が利用
できる、だ。
日本では利用が始まった
ばかり。
コロナ禍の中、中国が
高地のキャンプ地に、
山頂もカバーする基地局を
建てていた。
米国が国内から排除した
通信大手
「華為技術(ファーウェィ)」が
設備を担っているという
◆5Gを誇ったと思えば、
宇宙の衛星からの測位技術
でも、米国へのライバル
意識をむき出しにしている。
先月には、エベレストの
標高を8848.86bと発表した
◆米国は
GPS(全地球測位システム)を
用いた計測で8850bとしていた。
世間ではインドが計測した
8848bが知られるが、精密に
センチ単位ではじき出し、
「確定値」と宣言した。
調査にはGPSに対抗し
普及を図る独自のシステム
「北斗」を使った。
国内のスマホや自動車の
位置情報サービスはもちろん、
友好国への技術輸出にも
力を入れている
◆米中覇権争いは今年も
世界を左右する。
世界最高峰が、その
ショールームになっている
と思えば、新年の日本の
富士山は平和に見える。
(編集手帳 讀賣新聞1/5)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする