2020年10月23日

検査体制強化による感染者数の増加、ワクチン開発は牛歩の感

‘20年10月23日(金)

〇米国の感染拡大が続く
ロイターの分析によると、
米国の新型コロナウイルス
感染症による1日当たりの
死者数は21日、6州で
過去最多を記録した。
中西部を中心に感染が依然拡大
している。
1日当たりの死者数が
過去最多を記録したのは、
アイオワ、ミネソタ、
モンタナ、カンザス、
ハワイ、ウィスコンシンの
6州。
ウィスコンシン、イリノイ、
ケンタッキー、コロラド、
オハイオの各州では、
新規感染者も過去最高に達した。
米国の感染者数は
過去5週間増加傾向にある。
1日当たり感染者の過去7日
平均は6万人と、9月中旬に
記録した直近の低水準である
3万5000人を大きく上回って
いる。
多くの州でウイルス検査を
拡大していることが新規感染者の
増加の一部要因とみられている。
1日当たり死者数の
過去7日平均は734人で、
感染がピークに達していた
4月の2333人は下回っている。
[シカゴ 21日 ロイター](REUTERS10/22 09:27)

〇ワクチン開発関与の医師死亡

ブラジル衛生監督庁
(ANVISA)は21日、国内で
実施している英製薬大手
アストラゼネカと英オックス
フォード大が共同開発中の
新型コロナウイルスワクチンの
臨床試験(治験)で、
参加者1人が死亡したと
発表した。
治験内容と死因の関係など詳細は
明かしていないが、試験は継続
する方針。

地元紙グロボは関係者の話として、
死亡者はリオデジャネイロの病院で
新型コロナ感染者の治療に当たって
いた28歳の男性医師で、
ワクチンそのものではなく効果を
比較するためのプラセボ
(偽薬)を投与されていたと
伝えた。
【サンパウロ時事】(時事通信10/22 09:50)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする