2020年07月31日

感染増の特定地域・業種に照準、法律総動員で拡大の芽摘む

‘20年7月31日(金)

政府は、新型コロナウイルスの
感染拡大を食い止めるため、
感染者が急増している地域や、
従業員や客に
クラスター(感染集団)が発生
した業種
に狙いを定め、
関係法令を駆使して対策を強化
する方針だ。
経済への打撃が大きい
緊急事態宣言の再発令には
慎重な姿勢を貫いている。

「東京を中心に新規感染者の
 増加が続いているが、
 若い世代が多く、60歳以上、
 重症者は少ないなどの点で
 4月の緊急事態宣言当時とは
 違っている」

菅官房長官は29日の記者会見で
こう述べ、宣言再発令は
必要ないとの認識
を強調した。

クラスターは28日時点で
計550件の発生が確認され、
厚生労働省の対策班は
32都道府県に延べ77件の
専門家チームを派遣してきた。

政府が特に注視しているのは、
東京や大阪などの都市部の
繁華街で、夜間を中心に
営業するホストクラブや
キャバクラなどの従業員や
客の感染
が多発し、感染拡大の
起点の一つになっていると
みられることだ。

東京や大阪などで
今月中旬以降、風俗営業法を
根拠に、警察の立ち入り調査が
実施されている。
各警察はホストクラブなどで
従業員名簿を確認し、
感染対策も呼びかけるという。

関係機関の立ち入りは、
感染症法や建築物衛生法、
食品衛生法などでも可能で、
政府高官は
あらゆる法律を総動員し、
 感染拡大の芽を摘む
」と語る。

厚生労働省は28日付で、
クラスターが発生し、
感染経路の追跡も困難な
場合には、感染症法に基づき、
店名公表が関係者の
同意なしでも可能との
見解を都道府県などに通知した。
ただ、こうした関係法令の
積極的な運用には、
「本来の目的を逸脱し、
 店側への威圧となりかねない」
(自民党中堅)との慎重論も
ある。

新型コロナウイルス感染症
対策分科会の専門家からは、
各自治体が自律的に対策を
打ち出すため、感染状況の
段階を判断するための
指標を政府が示すべきだ
との意見が出ている。
メンバーの一部は31日に
開催が予定されている
分科会で、具体案を提示
する見通しだ。

西村経済再生相は29日の
記者会見で、
「感染状況の分析を
 突き合わせながら、
 専門家から様々な検討、
 意見を頂く」と述べた。
政府内には、地域によって
感染の発生状況の違いが
大きいことから、
政府が指標を示すのでは
なく、都道府県知事が
権限を活用すべきだと
する声もある。

改正新型インフルエンザ
対策特別措置法は、
都道府県知事に対し、
緊急事態が宣言されて
いなくても、
問題がある店に休業を
要請する権限を認めて
いる。
(讀賣新聞オンライン7/29 21:05)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

どちらにつくのかと脅す米中、コロナをにらみ対応する日本

‘20年7月30日(木)

「世界史の現時点では、
 ほぼすべての国が
 二つの生き方のいずれかを
 選ばねばならない
」。
1947年のトルーマン
米大統領の特別教書演説は、
米ソ冷戦開始を告げる
「トルーマン・ドクトリン」と
なった
▲抑圧からの自由を掲げる
自陣営と、自由を抑圧する
全体主義とに世界を二分し、
後者の封じ込めを訴えた
この演説だ。
イデオロギーで敵と味方を
色分けする冷戦思考は、
ソ連崩壊まで世界を支配した
▲「自由世界は新たな圧政に
  勝利しなければならない
」。
これは冷戦時代の誰かの言葉
ではない。
つい先日、米国のポンペオ
国務長官が中国の脅威を強調し、
中国共産党から我々の自由を
 守るのは現代の使命
」だと
断言した演説である
▲冷戦終結この方、
あまり耳にしなくなった
「全体主義」や「共産主義」への
イデオロギー批判を演説に
ふんだんにちりばめた
ポンペオ氏である。
米中の領事館閉鎖の応酬もあり、
いよいよ新冷戦開始かと世界が
身構えたのも無理ない
▲驚くのは、ポンペオ氏が
中国に対する自由世界の
新たな同盟構築を呼びかけ、
国連など国際的枠組みの活用も
訴えたことだ。
同盟国や国際機関による
多国間協調に背を向けてきた
トランプ政権の突然の
冷戦初期への先祖返りとなった
▲大統領選を前に、
国内の失政も隠せる
“ポンペオ・ドクトリン”だが、
仮に民主党政権になっても
米国の対中強硬姿勢は緩むまい。
経済・軍事の優位の揺らぐ米国が
踏み切ったイデオロギーの冷戦
復活、くれぐれも不測の事態を
招かぬよう願う。
(余録 毎日新聞7/29 2:06)
ラベル:トランプ政権
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

お客様は神様だが、その神様が仏様になる危険な営業活動

‘20年7月29日(水)

宇都宮市は27日、市内在住の
20代女性、30代の夫婦、
40代男性の計4人が
新型コロナウイルスに感染した
と発表した。

発表によると、20代女性は、
同市本町のキャバクラ店
「リンダ」の従業員。
21〜23日にそれぞれ
午後8時半〜翌日午前0時半に
勤務していた。
22日から耳が痛くなるなどの
症状が出ていた。
21〜23日の利用客は計29人。
市は同店を利用し、体調不良の
人に対し、市保健所
(028・626・1135)などに
相談するよう呼びかけている。

同店は27日から当面休業。
これまで客が入れ替わるたびに
テーブルを消毒するなど
していたといい、
市は従業員らに濃厚接触者に
あたる人がいるか調べている。

夫婦のうち30代女性は
栃木県西環境森林事務所
(日光市)に勤務する県職員。
県や宇都宮市によると、女性は
25日に38.5度の発熱と
関節痛
があった。
女性は不特定多数の人と
接触する業務には当たらず、
22日から出勤していない。
27日は事務所を閉鎖、28日も
継続する。

夫の30代男性は20日、都内の
事業所に勤務。
22日夜に倦怠感があり、
23日から嗅覚異常の症状が続く。

一方、40代男性は25日夜に
せきなどの症状があり、26日には
40度の高熱が出た。
行動歴は調査中。県内の感染者は
計167人になった。
(讀賣新聞オンライン7/28 09:59)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

間違って叩くこともあるコロナ感染症対策の「モグラ叩き」

‘20年7月28日(火)

〇嫌いと言われた留学生
路上で、留学生の友達同士で
楽しく英語で話していたら、
知らない男性が近寄ってきた。
しばらく私の顔を見たと思ったら、
「コロナなのに来るな。
 これだから外国人が嫌いだ」
と言い出した。
私は米国出身だが、口もきけない
ほどショックだった。
新型コロナウイルスが大きな
問題になってから、周りからの
刺すような視線が気になっていた。
外国人は日本にいてはいけない
のかとすら思った。

海外の感染者がどんどん増える
中、外国人を恐れる気持ちは
理解できる。
だが、外国人は敵ではない。
自分を守りたいからといって、
軽蔑的な態度をとったり、
ひどい発言をしたりするのは
思いやりに欠けているし、
おかしいことだ。

新型コロナウイルスについて
知り、正しく恐れることが
何より重要だと思う。
(東京都多摩市 留学生 エミリン・
 ローリックさん 21 讀賣新聞7/27 8(投書)面)


〇通勤のリスク 娘が心配
緊急事態宣言が解除されたにも
かかわらず、東京では連日
多くの新型コロナウイルス感染者が
出ている。
神奈川県に住む娘は5月に
育児休暇を終え、テレワークを併用
しつつ、東京へ通勤している。
メールで様子を尋ねると、解除後
通勤や通学の人が増え、電車の
密状態は宣言前に近いという。

2年前、引っ越しの手伝いに行った
際、同じ電車に乗ったことがある。
街も駅も人で混雑し、電車は満員
だった。
あの時のような状態だとしたら、
通勤する娘が感染しないかと心配だ。
娘から孫へ感染するかもしれない。
孫は3歳と1歳で、保育園で
集団生活をしているのも気がかりだ。
テレビやスマートフォンをチェック
するたびに不安が募る。
遠い岡山でニュースに気をもむ
ばかりの毎日だ。
(岡山県倉敷市 主婦 根岸真由美さん 59 同紙同面)

新型コロナウイルスについて
誰も正しく恐れていないことが
怖ろしい。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

大雨も感染症も大国に甚大な被害がなければ対策は進まない

‘20年7月27日(月)

〇中国の水害
中国で梅雨入り後の6月上旬
以降、南部を中心に大規模な
水害が続き、4500万人を超える
被災者が出ている。
中国気象局は週末も
長江中下流域などでの大雨を
予想しており、さらなる
被害拡大が懸念されている。

新華社通信が伝えた22日までの
まとめによると、この間の
被災者は江西、安徽、湖北など
27省・自治区・直轄市で延べ
4552万人、
死者・行方不明者は142人に
達した。
水害による被害は家屋の倒壊
約3万5000件などによる
直接的な経済損失だけで
1161億元(1兆8000億円)を
超えるという。

豪雨は特に長江中下流域に集中
しており、この地域の降水量は
例年同時期の平均より6割以上
多く、1961年以降最大となった。
長江中流にある世界最大級の
三峡ダムも、警戒の目安とされる
水位(145b)を上回る状況が
継続しており、中国水利省は
23日、関係部署に下流の安全を
考慮しながら、ダムの水位を
できるだけ下げるよう指示して
いる。
【北京・米村耕一】(毎日新聞7/25 19:47)

〇米国のコロナ新規感染者
ロイターの集計によると、米国で
24日に報告された新型コロナ
ウイルスの新規感染者は
少なくとも7万3363人に上り、
過去2番目の多さとなった。
死者は少なくとも1096人で、
4日連続で1000人を上回った。
累計の感染者数は約413万人、
死者は14万5000人を超えた。
ただ、ホワイトハウスの
新型コロナ対策顧問を務める
デボラ・バークス氏はこの日、
テレビ番組のインタビューで、
感染者や死者の増加が目立つ
アリゾナ、カリフォルニア、
フロリダ、テキサスの4州に
ついて、感染状況に安定化の
兆しが見られるとの認識を示した。
[24日 ロイター](REUTERS7/25 15:13)

〇世界の新規感染者
世界保健機関(WHO)によると、
新型コロナウイルスの
1日あたりの新規感染者が24日、
世界全体で28万4196人となり、
最多を更新した。
死者は9753人増えた。
国別の新規感染者数は米国が
最多で6万9641人、
ブラジルが6万7860人、
インドが4万9310人で続く。
1日あたりの死者数は多い順に
ペルーが3876人、ブラジルが
1284人、米国が1074人と
なっている。
(朝日新聞社DIGITAL 7/25 17:34)
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする