2020年05月16日

頑健そうな人も弱点を狙われると死に至る新型コロナ感染症

‘20年5月16日(土)

〇毎日新聞
「春のさきぶれ」といえば
何か聞こえが良いが、実は
途方もない惨事の予兆のこと
である。
1918年4月、台湾巡業中の
尾車(おぐるま)部屋の
真砂石(まさごいわ)ら3人の
力士が謎の感染症により急死
したのが、その発端だった
▲翌月の東京の夏場所は
高熱などによる全休力士が
相次いだ。
世間はこれを
「相撲風邪」「力士風邪」と
呼んだが、
実はこの謎の感染症こそが
同年初めから
米国で流行の始まった
「スペイン風邪」と
みられている。
起源は中国説もある
▲スペイン風邪の本格流行は
同年秋からで、日本でも
死者39万人を数えた。
相撲風邪が春のさきぶれと
されるゆえんだが、本流行で
力士の感染が少なかったのは
免疫のおかげだったのか。
以前の小欄でも触れた
感染症と相撲との因縁だ
▲新型コロナウイルスに
感染していた高田川(たかだがわ)
部屋の三段目力士・勝武士(しょうぶし)
(本名・末武清孝
 (すえたけ・きよたか)さん)が
亡くなった。28歳の若さで、
コロナによる20代以下の
死亡例は国内初となる。
重症化リスクのある糖尿病の
持病があったとも伝えられる
▲部屋での暮らしを共にし、
糖尿病や高血圧が職業病視
され相撲界である。
この感染症の怖さ、むごさを
改めて思い知らせた
若い力士の無念の死だった。
相撲協会は希望者全員に対し、
コロナの感染歴を調べる
抗体検査を行うという
▲この検査で
相撲界のコロナへの免疫の
ほどが分かるだろうか。
おりしも緊急事態宣言が
39県で解除となったが、
「次」の流行の波への警戒や
対策も決して怠っては
ならないというのが1世紀前の
教訓である。
(余録 毎日新聞5/15 2:07)

〇読売新聞
ハッスルプレー(Hustle Play)――
この外来語を“輸入”したのは、
1960年代に米国でキャンプをした
阪神球団の関係者といわれる
◆日本では張り切った闘志満々の
プレーを示す言葉としてすっかり
定着しているが、
「乱暴な行動」の意もある。
ミスをしてしょんぼりする
外国人選手に
「ハッスル、ハッスル!」と
声をかけても、励ましと受け取ら
れない場合があるらしい
◆経済活動の再開に前のめりだと
伝えられるトランプ米大統領に、
二つのハッスルを思い浮かべた。
張り切っているのか、乱暴なのか

「性急な活動再開は
 制御不能な流行を引き起こす
 真のリスクがる」。
米政府の感染症対策の専門家が
こう助言したのに対し、
大統領は「受け入れられない」
とはねつけた。
経済のみならず、学校の
封鎖解除にも強い意欲を
示す。
世論は科学の知見派と、
失業者のあふれる現状を
打開したい派に割れるの
かもしれない
◆私たちも迷うように
感染症対策と経済はどちらも
国民の命にかかわる。
ハッスルは元々
「振る」という意の蘭語が
起源だという。
バランスよく指揮棒を振れない
ものだろうか。
(編集手帳 讀賣新聞5/15)

トランプ米大統領、習近平国家主席、
金正恩委員長。いずれも
恰幅の良さは、頼もしさを感じ
させるが、糖尿病や高血圧とは
無縁なのだろうか。
posted by (雑)学者 at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする